6畳ワンルームをかっこよく機能的に使うための家具をご覧いただきます。
以下は一例です、それぞれの家具種類ごとにバリエーションでまだまだ商品があります。
ほかの家具は左上INDEXをポチでご覧ください。
ワンルーム家具配置ワンルーム家具配置
ワンルーム家具配置
ワンルーム家具配置

いつ彼が来てもこの部屋見て惚れ直す部屋
ワンルーム6畳一人暮らしに限らず、充分余裕のある部屋ではない広さの部屋をいかに快適な部屋にするか、ご紹介してきましたが今度はワンルーム女子バージョン。

上のパースは室内をすっきりさせる大原則通りの家具を6畳ワンルームに配置したものです
部屋を上から見る子こんな感じ。
室内に入るとベランダの窓まで何も置いてない。
大きなクローゼットと5段ぐらいの高さを揃えたチェスト2竿。これだけで収納は充分でしょ!
ワンルーム家具配置
部屋をすっきりさせる大原則とは、
・小さな家具をいくつも置かない。
・視界内に大きな家具を置かない
・フリースペースを広く(または長く)とる

モテ女子部屋におすすめの家具
女性の生活の特徴はおしゃれに関心があるからとにかく服が多いことですね。
好きな色だったから、好きなデザインだったから、バーゲンだったから・・などで次々服が増える。だから収納できる家具であることが必須項目です。

もしも初めてのおうちデートで彼がきたら、こんなすっきりと調和のとれた部屋を見て「この子なら大丈夫」と再確認するでしょう。

ベッドの横の90cm幅、5段ぐらいのチェストを2台。同じデザインがいいですね。
シングルベッドの幅は100cm、チェスト2台でほぼ180cmで280cm。チェストから右の壁まで60cm~70cm。その壁に大型クローゼット(ワードローブ)を置いています。

男性と違って女性は衣装持ちですから長いハンガーのある大型家具でないと結局は壁にぶら下げるなどしてボンビーガール部屋にしてしまいます。アウター、ワンピースはクローゼットのハンガーに、そのほかジーンズやパンツなどはアウターの下に畳んで収納。下着やTシャツ類はベッド横のチェストの引き出しにしまいましょう。

あと、女性のすきなものでカサが張るのがバッグやカバン類ですよね。
これも大きなクローゼットがあるとたいていは収納できてしまいます。
容量の大きなクローゼット、ワードローブが役に立ちます。
買いやすい価格だからと小型家具をいくつ買ってもあまり役に立たない。
むしろ家具の周りにあれこれ置いたままになっちゃいます。

大きな家具を揃えて、それからどうしても必要なら、目的に合う小さい家具を追加するのが肝心です。

部屋の中央のテーブルと座椅子は必需品でもないんですが、ベッドに腰掛けていてもペタッと床に座らないと落ち着かないことがあるんですね。なにかとテーブルがあれば役に立ちますので置いてみました。
インテリア画像なんかで一人用のソファ、二人用のソファなんかを置いていたりします。確かにおしゃれな感じにできますが、このソファが予想外に場所をとるんです。座椅子で十分です。
8畳か10畳の部屋に移ったときお考えください。

さて、これだけの家具で総額いくらになるでしょうか?
シングルベッド≒2万円、5段チェスト2万×2で40,000円、大型ワードローブ45,000円
合計10万5千円です。

それぞれもう少し安いもの、もう少し高いものもありますがこの「部屋が片付く家具」は10万円ちょいでOK.
ワンルームでも収納量の大きい家具ならこんなにすっきりできます。

ひとり暮らしワンルーム。片付く家具で構成したできる男の部屋レイアウト例

ワンルーム家具配置

ワンルーム6畳一人暮らしに限らず、充分余裕のある部屋ではない広さの部屋をいかに快適な部屋にするか、ご紹介してきましたが実際にどんな家具がなぜおすすめなのかについてご案内します。

上のパースは室内をすっきりさせる大原則通りの家具を6畳ワンルームに配置したものです
この部屋を天井から見るとこうなります。平均的なワンルーム(1K)です。
ドアから窓に一本の動線があってすっきりします、ここの家具を置くと「せまっ!」になっちゃう。
ワンルーム家具配置
部屋をすっきりさせる大原則とは、
・小さな家具をいくつも置かない。
・視界内に大きな家具を置かない
・フリースペースを広く(または長く)とる

男子の部屋におすすめの家具
大学生さんにしても社会人さんにしても机は必要でしょう。
社会人になるまでは学校の勉強は赤点で追試受けてもとりあえず卒業できればいいぐらいのものですが、社会にでたらそうはいきません。どんな仕事にしろ責任がかかってきます。仕事ができないと判断されたらクビなんです。

だから日々新しい知識を吸収して仕事に活かせるよう能力を磨かなければなりません。
休日とてダラ~ンとしているわけにはいきません。となると必要になるのが本棚・ラック。

シングルベッドの幅は100cm、デスクとラックでほぼ180cmで280cm画像では学習に集中できるようスクリーンを立てていますので右の壁まで60cm~70cm。その壁に大型クローゼット(ワードローブ)を置いています。

男性の場合は切る物もさほど多くはならないのですが大型家具でないと結局は床に散乱させてしまいます。アウターはクローゼットのハンガーに、そのほかズボンなどはアウターの下に畳んで入れて、下着やTシャツ類は下段の引き出しにしまいましょう。

部屋の中央のテーブルと座椅子はなくてもいいんですが、椅子だけの生活でもなんか床に座らないと落ち着かないことがあるんですね。そんなときリクライニングの座椅子とテーブルがあればホッとする時間がとれます。

ラグを敷いているのは、テーブルの脚でフローリングを傷つけないためでもあります。
デスクの椅子もキャスターで傷が付きます。薄い安いカーペットでもしいておいたほうがいいです。

これだけの家具で総額いくらになるでしょうか?
シングルベッド≒2万円、パソコンデスク15,000円、大型ラック20,000円、大型ワードローブ45,000円
合計10万円です。

それぞれもう少し安いもの、もう少し高いものもありますがこの「部屋が片付く家具」は10万円でOK.
部屋がすっきり狭さを感じさせないできる男のワンルーム、モテ男の部屋の完成です!

チェスト売れ筋商品

お手頃クローゼットの売れ筋

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」