税込8000円以上のお買い上げで送料無料

硬水と軟水の違い

コップに入った水


水の種類には硬水軟水があり、その用途に合った選択が必要です。

軟水は吸収率が高く、料理や水分補給に最適です。
硬水は体への吸収が良くないのですが、ダイエットに適した水と言われています。

日本の水はほとんどが軟水で、水道水も軟水です。
そのため日本人が飲みやすい水は、軟水です。

ミネラルウォーターには、「硬水」と「軟水」があります。
この違いは、ミネラルウォーターの中に含まれている、ミネラル(マグネシウムとカルシウムの量)により分けらます。

このマグネシウムとカルシウムの量が少ないものを「軟水」と呼び、量の多いものを「硬水」と呼んでいます。

水1000ml中に溶けているカルシウムとマグネシウムの量を表わした数値を「硬度」といいます。
WHO(世界保健機関)の基準では、硬度が120mg/l以下を「軟水」、120mg/l以上を「硬水」といいます。
簡単にいうと、カルシウムとマグネシウムが比較的多く含まれる水が硬水になります。
東京の水道水の硬度は60mg/l前後で軟水です。
また、一般的には、硬度0~100mg/lを軟水、101~300mg/lを中硬水、301mg/l以上を硬水に分けられます。

日本の水の約80%は軟水です。一部では硬水の地域もあります。
ヨーロッパや北米には硬水が多いです。これは大地を形成する地殻物質が異なるためです。

天然水は地中にしみ込んだ雨水や雪が地層の中で汚れやゴミを濾過し、地層中のミネラルを吸い取って湧き出してきます。
日本は国土が狭く、地層に浸透する時間が短いですが、ヨーロッパや北米の大陸では地層に接する時間が長いことから、硬水と軟水を生み出す要因のひとつとされています。

水の硬度はその土地の食文化と密接に関係しています。ヨーロッパでは肉がメインの西欧料理ですが、それではミネラルが不足しがちなため、硬水で不足しがちなミネラルを補っています。
日本も昔の和食から肉中心の欧米化が進み、食事だけではミネラルが不足しがちになっています。
食文化のグローバル化が進んでいるのにもかかわらず、水のグローバル化は遅れたままになっています。日本人も食事によって、軟水と硬水を飲み分けてみるといいかもしれません。


軟水は体への吸収が良いので、体の弱っている方や、お年寄り、赤ちゃん、子供には適しています。体にに負担をかけずに摂取できます。

硬水は体への吸収が良いとは言えないため、胃腸に負担をかけるおそれがありますが、ダイエットをしたいと思って水を飲んでいる方には、硬水がオススメです。

ダイエット中の方が愛飲されているもので、支持率が高いのは、コントレックスというミネラルウォーターです。コントレックスは硬度1500以上の硬水です。

運動をする時や、夏の暑い時には、体への吸収の良い「軟水」が水分補給に適しています。。
料理では、コーヒーや紅茶、緑茶、だしを摂る時などは、軟水が適していると言われています。

硬水を飲み慣れていない日本人が、硬水を一度に大量に摂取すると胃腸を悪くしたり、お腹を壊したりすることがあるので、気をつけなければなりません。

硬水も軟水も見た目は同じですが、まろやかに感じたり重々しく感じたり、水にも風味があるのはこのためです。
成分の違いから、一般的に軟水は口当たりが軽く、硬水はマグネシウムが多いほどしっかりした飲みごたえを感じるようです。

水の硬度表

備蓄水としては、軟水が適しています。

商品検索

カートに入れる

災害に備えて備蓄水

非常用トイレ

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
>> 詳しくは「配送について」