後悔しないローベッド選びのポイント 形状による高さの違いがあります。

後悔しないローベッド選びのポイント 形状編

ベッドの選びかた


現在、ベッドお買上げの多くはローベッドです。
ローベッドは従来主流の脚付きベッドより低い位置で眠る低床ベッドですがフロアにマットレスを置く感じのいわゆるフロアベッドもローベッドト同じ範疇で扱われています。
本来はローベッド=脚付き低床ベッド、フロアベッド=床置き低床ベッド という違いがあるのですが、デザイン的にどちらでもありのベッドも多く、厳密に区別する必要もないと思います。


ちなみにフロアベッドはほぼマットレス厚がマットレス面の高さになりますのでおよそ20~25cm
ローベッドは脚とフレーム+マットレス厚がありますので35~40cmぐらいの高さになります


ローベッド選びのポイント、今回は形状について

■ローべッド選びのポイント、マットレスの位置。
低床ベッドですからマットレスは床に近い位置に置くことになります。
ローベッド・フロアベッドの弱点は「湿気」です。脚付きローベッドはベッドの下に10cm前後の空間がありますが
フロアベッドの場合マットレスの周囲をフレームが囲み、マットレスと床の間にわずかな隙間しかないベッドがあります

落とし込みタイプと上載せタイプ
格安ベッドに多いのがベッドフレーム内に床板一枚敷いてその上にマットレスを置く完全落とし込みタイプ。
ローベッドの中でも最も低いベッドになります。ほぼマットレスの厚さおよそ20cm=ベッドの高さ 

   
スタイリッシュでかっこいいベッドスタイルですが、マットレスと床との間にほとんど隙間がありません。
湿気をためないためにちょくちょくマットレスを揚げて風を通すことが必要です。

落とし込みタイプでは、床板がスノコになったタイプがあります。
スノコ板と横木でおよそ4~5センチの隙間をつくり、床とマットレスの間に湿気が溜まらないようになっています。
とはいえ周囲はフレームで囲まれていますのでやはり時々はマットレスを揚げて風を通すこと、お忘れなく。
スノコの高さ平均5cm+マットレス厚平均20cmでベッドの高さはおよそ25cmです。

もう一つは上載せタイプ。ベッドフレームの高さにスノコをセットしてその上にマットレスを載せるタイプです。
フレームの高さ平均15cm+マットレス厚平均20cmでベッドの高さはおよそ35cmになります。
落とし込みタイプよりマットレス面が高くなりますが湿気対策はこのタイプがおすすめ。


フロアベッドに特徴的なデザインにステージタイプがあります
価格的にミドルクラス以上のベッドになりますが ベッドフレームのヘリにウィングの飾り板が付いたベッドです。

このタイプのフロアベッドはデザイン的にモダンで重厚感がアップします。それと同時に接合部が増えるのでベッドの造りもしっかりします。長く使うベッドをお選びになるときはステージタイプも候補に入れてください。

フロアベッドで一つご了解いただきたいのがベッドフレームの強度です。
下の画像は組み立て完了時のベッドです上2台はいわゆる激安ベッド、下2台はミドルクラスベッドです。
マットレスを置けばいずれもスタイリッシュなローベッドになります。


床板(マットレスお置く板)が「板一枚」と「すのこ」の違いもありますが、サイドフレームが板2枚のつなぎになります、ヘッドボードとの接合部も頑丈とは言いにくいです。ベッドを移動する、常時ヘッドボードにもたれかかるのはご注意ください。

つまり、「激安フロアベッド落とし込みタイプ」は頑丈なベッドではなく、マットレスを囲む枠にヘッドボードを付けたベッドとご理解ください。
ご承知の上でお買上げいただければ問題ないのですが、見た目頑丈な構造だと思って届いてみたら違った、ということがありえますので改めてお願い致します。


通販は現物を触って確認できないのであえて要注意ポイントもお知らせしておきます。

ローベッドの脚付きベッドはマットレス面が少し高くなりますがフレーム強度は充分です。

 フロアとマットレスのあいだ(床板)の仕様をご確認ください

上の画像でマットレスを置く前のローベッドをご覧いただいてます。
上二つは激安ベッドに多い床板タイプ、下二つはミドルクラスに多いスノコタイプです。

床板タイプはフロアに平均6枚の板を敷いてマットレスを置きます。
構造上どちらがいい・悪いってことはありませんが通気性・湿気の発散という面で床板一枚は特にマットレスの湿気にご注意ください。寝ている間の汗はマットレスを通して底の部分に溜まります。つまりはマットレスと床板との接した面です。

スノコといえどもマットレスと接した面はありますが、床板はほぼ全面に湿気が溜まり易くなります。
通常のお掃除、シーツの取り替え時にマットレスを立てて風を通す、防菌スプレーを降る、乾かすことをお忘れなく。

フロアベッドは湿気に弱いとか言われますが、フロアベッド、ローベッドに限らずベッドは敷きっぱなしにしておくことが一番よくありません、これは1万円ベッドでも10万円ベッドでも同じです、

ここではフロアベッド・ローベッドのマットレス落とし込み床板タイプのベッドは特に、ということでご注意をお願いいたします。


 フレームとマットレスのあいだの隙間について

フロアベッドをお求めのお客様からのコメント・口コミで多いのが、フレームにマットレスを置くとピタッとならないでガバガバになるというのがあります。

ベッドの寸法で確認していただけるのですが、フロアベッドの内側の寸法は101cmに対し、マットレスは97cmのものと100cmのマットレスがあります。マットレスの幅はメーカーによって異なるためどのマットレスでも問題なく内側に入るよう、フレームは101cmになっています。。

シングルベッドマットレスで幅が97cmのマットレスの場合、フレームとマットレスの間が2cmほどあくことになりますこと、ご了承ください。ボンネルコイルハード、ポケットコイルハードのマットレスは≒100cm幅なのでピタッと入ることになります。


床板タイプはフロアに平均6枚の板を敷いてマットレスを置きます。

高級ベッドは要らない派のあなたにおすすめの買いやすいフロアベッド

 構造が簡単だからほかのベッドより格安なフロアベッド

例えばシングルベッドを買おうかな問うとき、ご予算はおいくらぐらいで探しますか?
マットレス付きだと3万円から4万円台?
はい、それが一般的にマットレス付きシングルベッドの平均価格ですね。

格安ベッドでも2万円後半からになりますが、フロアベッドはマットレス付きで1万円台半ばぐらいからあるんです。
多分これまでの記事内容でお分かりかと思いますが、ほかのベッドはヒトの体重をフレームと脚で支えなければなりません。
フロアベッドはその必要がないんです。
もう一度ご覧ください。

フロアベッドのフレームはマットレスを囲むだけです。
マットレスはフロアに置いた床板の上に置くだけでフレームに荷重はかかりません、ですから1万円台の低価格が可能なんです。

同じフロアベッドでもミドルクラスはフレームやヘッドボードにもう少し手間がかかりますので1万円台は難しいですが、高級ベッドでなくていい場合はマットレス付き1万円ベッドは大歓迎ですよね。


マットレス付き1万円台シングルベッドをご案内!

ベッド用コイルスプリングマットレス付き送料込み、破格の安さでご提供します!ベッド用スプリングのマットレス付きでの1万円台は貴重です。


 

※ベッド販売価格は予告なく変更になる場合があります、2016年7月現在1万円台(19,999円以下)のベッドです


ショップデザインを見易く新しくしました。かわらぬご愛顧、よろしくお願いします CELLENA

ローベッドをサイズ別に見る

激安・格安・お買い得ベッド シングルからダブルサイズ

ミドルクラスの格安ローベッド シングルからダブル

クイーンベッド/キングベッド

ベッドサイズでの価格別INDEX

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

お問い合わせはこちらから

ご来店ありがとうございます。長くご愛用いただくためご不明な点はご質問ください。
各商品については商品ページ、カートの下「◎この商品について質問する」から、 それ以外のご質問は対象商品掲載ページのURLをコピペしてご質問を送信してください。

ご質問内容・商品詳細を確認して原則、翌日までにはご返事するようにしています。
電話対応はございません。ご了承のほどお願いいたします。

お問い合わせサポートセンター メールフォームでの対応になります。