クイーンベッドの選びかた。クイーンサイズベッドのメリットとデメリット。

クイーンベッドの選びかた。メリットとデメリットを知る。

クイーンサイズ
クイーンサイズはお二人でお使いになる方におすすめのゆったりサイズ。
ベッドの幅は160cmです。2人で160cmなら寝返りも余裕、二人のベッドをダブルにしようか、クイーンにしようかお迷いでしたらクイーンサイズをおすすめします。

このところベッドの売れ筋はローベッド、フロアベッドが主流になっています。
CELLENAではシングルサイズに続いてクイーンサイズベッドのお買上げが多く、クイーンサイズベッドをもっと身近にもっと多くの皆様にお使いいただければありがたいと思います。

クイーンサイズは二人用ゆったりベッド
クイーンサイズは幅160cmの大きなベッドです。
2人でお使いになるとして一人80cm幅、大人二人がおやすみになるにはこの広さなら申し分ありません。
ダブルかクイーンかお迷いになるケースもあるかと思いますがダブルのベッド幅は140cm、ひとり70cmはちょっと狭いです。


ほとんど寝返りしませんと言っても平均10~20回の寝返りをしていると言いますからベッドの上でかなり動いているんです。ベッドの幅が狭いと、寝返りのたびに手や脚がお隣の方にあたりますよね。
クイーンベッドならそう頻繁にあたることなく安眠で朝を迎えられます。

クイーンベッドの長さは195cmマットレスにヘッドボードを加えた長さで、およそ215cmです。
多くの場合、160cm幅のクイーンサイズのゴージャスな一枚マットレスになります。

ですが、クイーンサイズならではの特徴でメリット、デメリットがあります。
クイーンサイズベッドにしようかなというときここ、思い出してください。

クイーンサイズローベッドのデメリット
●ローベッド、フロアベッドというぐらいですからマットレス面が低いです
●フレームが床に直置きになりますので基本的に湿気が溜まりやすいです。
同理由でベッド下収納ができません

クイーンサイズローベッドのメリット
●モダンでおしゃれなデザインが豊富
●マットレス面が低いので部屋が広く感じる
●和の空間にも違和感がない

ではひとつひとつもう少し詳しくご案内します

クイーンサイズローベッドのデメリット
●ローベッド、フロアベッドというぐらいですからマットレス面が低いです
メリットにもなりますがある意味でメリットにもなるのはマットレス面の低さです。
通常のベッドはマットレス面は平均40cm~45cmのたかさになります。朝起きるときベッドの横に足を降ろせば楽に起き上がれますね。ベッドのヘリに腰かけてもちょうどいいくらいの高さです。

一方ローベッドは平均30cm前後です。おきあがるにも腰かけるにも低すぎる高さです。
足腰ぴんぴんの年齢では気にもならないのですか年配の方は高さを確認してください。
フロアベッドの中にもマット面が40cmに近いものもあります。

●フレームが床に直置きになりますので基本的に湿気が溜まりやすいです。
一般的なデザインでのローベッド・フロアベッドはベッドフレームが床に直置きの形です。
したがってベッド下の空気が動かない状態でじんわりと湿気が溜まりやすくなります。
週に1・2度は布団干しついでにマットレスを上げて風を通してやってください。

同理由でベッド下収納ができません
大きなベッドをお求めになる余裕のある方はベッド下に収納を設ける必要はないでしょうが、
ローベッド、フロアベッドの下に収納スパースはありません。

クイーンサイズローベッドのメリット
●モダンでおしゃれなデザインが豊富
シンプルモダンで都会的なデザインが多いです。パネルのヘッドボードタイプからかっこいい間接照明、コンセント、隠し小物入れのキャビネット付きまで順番に見ていくだけでも楽しいです。多分お二人でお使いになるでしょうから
お二人の好みに合うデザインを見つけてください。

●マットレス面が低いので部屋が広く感じる
上にも書いたマットレス面に低さは想像以上に部屋を広く大きく開放的なゆとりのある部屋にします。
畳の上に寝てきた日本人に合うベッドなんですねえ。だからこんなにローベッドが好まれているのかもしれません。

●和の空間にも違和感がない
上に先に書いちゃいましたがこの低さはDNAも歓迎してる低さかもしれません。洋室の寝室はもちろんですが、和室に置くにしてもシンプルな板目の家具のようで障子や窓の格子と違和感ありません。その昔大名たちが一段高い寝座に寝ていたようなそんな感じですね。

クイーンサイズのマットレスはセパレートもあります
硬めのマットレス派セパレート、柔かいマットレスは大きな1枚ものです
クイーンサイズとキングサイズはマットレス付きの場合柔らかな寝心地のマットレスは一枚もので、硬めのマットレスは2枚にあかれたセパレートでのお届けになります。これはマットレスの特性を考慮したもので、
ポケットコイルに代表される柔かいスプリングはコイルが独立して伸縮して圧を吸収します。それで二人でおやすみになっていても寝返りの揺れや振動がお隣にはつたわりにくいのです。

一方硬めのマットレスはスプリングとスプリングが連結されていて面で伸縮する構造になっています。それでお隣の揺れや振動がマットレス全体に影響します。だから、お隣に揺れが使わらないよう2枚に分かれたセパレートになっています。
クイーンサイズ
マットレスについては別にご案内していますのでそちらもご覧ください

後悔しないクイーンサイズベッドの選びかた。造りを知る。

今、お買上げの多数はローベッド・フロアベッドです。(ここでは両者をローベッドとしてます)

ローベッド(フロアベッド)は価格的にほかのタイプのベッドより安い価格帯でいろんなデザインが揃っていますのでクイーンサイズ、キングサイズの大型ベッドでこの価格はありがたいですね。CELLENAでお届けしているベッドは
クイーンサイズマットレス付きで5万円台からの激安ベッドから8万円台のミドルクラスベッドが中心です。最高ねでも15万円台でしょうか、大手家具店にあるような50万円60万円とか100万円のベッドはありません。

ミドルクラスではほとんどないのですがたまに格安ベッドをお買上げのお客様から、レビューでお叱りおいただくこともあります。ベッドの詳細ページで格安ベッドの造りについてのご説明が不十分、画像が小さくてわかりづらかったのかなとも思います。

そこでまず、格安ベッドの造りについて簡単にご案内します。
ベッドが届いた後で後悔しないために予備知識としてとしてご理解いただきたいと思います。

後悔しないベッド選び、格安クイーンベッドの仕様を知る。


上の画像で赤丸の箇所が格安ローベッドに共通する仕様・ベッドの造りです。
・床板がスノコでなく板を並べたもの
・サイドフレームが長い一枚でなく2枚を金具で留めるもの
・ヘッドボードとフレームの接合が板と板のネジ止めであること
・ヘッドボードは必要最小限、背面化粧なし

マットレスをフレームで囲んでヘッドボードを付けたベッド、これがフロアベッドですから伝統的造りの脚付きベッドから見れば構造は簡単です。フロアベッドとして最小限の条件を満たした造りです。

日常の使用に問題はないのですが、組み立て終わった時に、サイドがぐらぐらする、板一枚にマットレスを乗せるだけなの?という感想が多いようです。

ローベッドクイーンサイズサイズ一覧では価格の安い順に20台ずつ並んでいます。マットレス付きで低価格のベッドは上でご案内している造りになります。ご了解のうえでお買い求めください。

お時間ございましたらご覧ください。CELLENAのクイーンベッド

お買い上げの多いクイーンベッドです(ボンネルコイルレギュラー付きをご案内します)


CELLENAからのご提案、シングル2台という選択もございます。

ダブルかクイーンか決めるならクイーンがおすすめですが、最近はシングル2台のご夫婦が増えています
一人100cm幅はお隣に迷惑かけないちょうどいいベッド幅。
ダブルベッドかクイーンベッドかでお悩みなら、シングル2台もご検討ください。
新婚時代は別として、ぐっり、ゆっくり眠りたくなります、また、しっかり眠らないと身体機能の脳の機能も働きが悪くなります。ゆったりのクイーンサイズでもお隣の揺れや振動で目が覚めてしまうこともあります。

シングル2台にしたら、揺れや振動で目が覚めるってことがなくなります。
ベッドタイプも収納ベッド、チェストベッド、4脚すのこベッドでシングルベッド2台並べ,、ご夫婦のベッドににおすすめのベッドをご案内しています。
ショップデザインを見易く新しくしました。かわらぬご愛顧、よろしくお願いします CELLENA

ローベッドをサイズ別に見る

激安・格安・お買い得ベッド シングルからダブルサイズ

ミドルクラスの格安ローベッド シングルからダブル

クイーンベッド/キングベッド

ベッドサイズでの価格別INDEX

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

お問い合わせはこちらから

ご来店ありがとうございます。長くご愛用いただくためご不明な点はご質問ください。
各商品については商品ページ、カートの下「◎この商品について質問する」から、 それ以外のご質問は対象商品掲載ページのURLをコピペしてご質問を送信してください。

ご質問内容・商品詳細を確認して原則、翌日までにはご返事するようにしています。
電話対応はございません。ご了承のほどお願いいたします。

お問い合わせサポートセンター メールフォームでの対応になります。