狭いと感じない6畳ベッドレイアウト。セミシングルからクイーンまで。

6畳にベッドを置くとどんな感じ

まずは大まかに6畳とベッドの大きさを見てください。

360cm×270cmの6畳の部屋にシングルベッド、セミダブルベッド、ダブルベッドを置いてみました。部屋のサイズとベッドサイズは同率の縮尺です。各部屋のグレーの四角は家具を置いた場合のイメージ、およそ50cm幅(奥行)です。

シングルやセミダブルはもちろんですがダブルベッド、クイーンベッドでも、収納家具を少なくすれば意外と窮屈じゃありません。

レイアウトのご提案ではベッドサイズごとに具体的なイメージができるよう美都理事または間取り平面図を用意しました。

狭いと感じないベッドのレイアウトの原則

たとえ8畳でも部屋が狭いと感じる原因は
・視界が遮られる
・視界の中に大きな家具がある
・動線が直線ではない
・どこにも広い(長い)スペースがない
これなんです。

逆を言えば
・視界が広がるようにする
・視界の中に大きな家具がない
・動線を広めに確保にする
・何も置かない広いスペース、長いスペースを確保する
ここに気をつけてベッド・家具を配置すれば6畳にダブルベッドでも「せまい!」にはなりません。

部屋を広く感じさせる、レイアウトにする原則  
・動線(通路)を直線にする          
・中途半端な大きさの家具をいくつも置かない  
・大きな家具は入口両脇の壁に着ける      
・室内の見える家具は色と高さと奥行きを揃える 
・ホワイト、ベージュ色の家具が部屋を広く見せる

ベッドの置き方は主に2タイプ。270cmの壁(ここでは窓側)にベッドのヘッドを着ける置き方と360cmの壁にベッドのヘッドを着けるになります置き方になります
360にヘッドを着ける場合、窓に寄せるか部屋の中央寄りにするかの選択ができますね。

ベッドサイズの確認から

標準的なベッドサイズの確認。

(ベッドマットレスサイズ)

セミシングル:幅90cm

シングル:幅100cm
セミダブル
:幅120cm
ダブル
:幅140cm
クイーン:幅160cm
キング
:幅180cm


長さはどのサイズのマットレスも195cm が標準
ショートサイズベッドは180cmの長さのマットレスです。

標準的な棚付きヘッドボードのベッドの長さは215cm
ショートベッドは薄型ヘッドボード付きで190cm
ヘッドボードなしベッドはマットレスの長さと同じになります。

※マットレス幅はメーカーにより多少異なります。


以降の間取り図、見取り図では便宜上掛布団がベッドに被さる厚みの落としこみ幅を計算に入れておりません。
ベッドを壁に着ける場合、実際のベッドでは、少なくとも10cmは壁から離すことになりますこと、ご了解ください。

セミシングルベッドを6畳に配置

セミシングルベッド、6畳ワンルームレイアウト3例。
6畳の部屋は360×270が平均的なサイズです窓の位置、出入り口にもよりますが、上の図のようにセミシングルベッド一つはどこにでも配置できて圧迫感はありません。


左のベッドレイアウト(セミシングル)
左はオーソドックスな配置の一つですね。ベランダに抜ける動線が大きくまっすぐで6畳の狭さも感じさせないレイアウト例。ベッドの反対側の壁に背に低いローボードやローチェストがいいですね。
大きめの家具、コートハンガー、上着を掛けておくパイプハンバーなどは入口左の壁に沿わせて配置すれば入口から視界を遮る物のない広がりと奥行きのある部屋になります。

一人暮らしの部屋に一人用のコンパクトなソファはあまり必要ないと思いますが、セミシングルベッドなら6畳でも余裕ですからソファーがあってもいいですね。

右側の壁に1メートルほど窓から離して最低限の家具としてテレビ(台)と小さなタンスを入れておりますが、実際にはほかの家具もありますのでもっと狭くなりますがシングル・セミダブルベッドはまだ余裕があります。休日の天気のいい日にまったりしたいときは窓際の開けておいたスペースにソファーなど持ってきてのんびりできます。

収納家具の幅はいわゆるタンスはほぼ45cmの幅(奥行)です。
整理ダンスなどは30cmの奥行から40cmぐらいでいろいろ。間取り図内の家具は30cmぐらいの奥行の家具として配置しています。

できれば家具の奥行と高さを揃えるとかなりすっきりです。

中のベッドレイアウト(セミシングル)
窓越しの陽射しを前面に受けられるいいとこどりレイアウトでもベッドの足元は80cmの広さがあります。これだけのアキがあればベランダへの動線も問題なし。

どうしてもおきたかったデスクやドレッサーなど置いてもいいですね。
低い家具をベッド横の壁に並べて配置、大きな家具やハンガーなどは入口の壁に並べます。
窓にベッドが半分被りますが視界を遮らないので邪魔にはなりません。

窓際に大きなベッドを寄せると。ドアからポンとベッドまで270cmもの広い空間があってのベッドと窓。横も家具で50cmとったとしても220cmの幅です。何も置かない(図では小さなテーブルがあります)270cm×220cmの空間、これも部屋を広く見せる効果が大きいです。

友達呼んでも狭苦しさはありませんね。セミシングルベッドはこれだからおすすめできます。

右のベッドレイアウト(セミシングル)
ベッドも家具もすべて片方の壁側にまとめるレイアウトの例です。
テレビやDVD見るのにこれだけは横にあったほうがいいのかな、とテレビ台一つだけ右の壁に配置してみました。入口からベランダ窓まで360cm×180cmに広さの空間ができます。

ほんとにこれが6畳かと思うほどの解放感、広がりのあるレイアウトですね。

家具類は入り口横とベッドの足元に固めます、
ご注意事項は、引き出し収納付きの家具では引き出しの幅×引き出しの奥行の2/3ぐらいの場所がないと出し入れが面倒です。引き出し付き家具の前はほかの家具がおけなくなりますことご留意ください。
もう少しリアルに見取り図でのレイアウト確認

ワンルーム6畳での一人暮らしを想定したセミシングルの現実的レイアウトの一例です。
セミシングルショートサイズの薄型ヘッドボード付きだとベッドサイズは幅190cm×長さ190cmになります。
部屋の長い壁は360cm、短い壁は270cmです。

一人暮らしということで、学校やお仕事で日中は部屋にいないことが多いでしょうからベッドケアも頻繁ではないことからベッドは窓際の配置がおすすめ。天気のいい日にはカーテン越しに室温も上がりベッド屋マットレスの湿気を飛ばしてくれます。
高級ベッドでも激安ベッドでもマットレスに溜まる湿気が大敵です。
窓際なら自然に乾燥させてくれます。休日に窓を開けておけば風も通りますね。
窓際にベッドを置くこのレイアウトにするとベッド横に入り口の壁まで280cm。
入り口壁にクローゼットのような大きな家具を置いて、その幅(奥行)50cm。
女子はお洋服が多いので4段か5段のチェスト120cm幅がいいです。
シングルベッドのレイアウトでは90cm幅のチェスト2台の例にしています。

120cmチェストとベッドとの間におよそ100cmのスペースができます。
ここにデスクなりあなたの世つような家具が置けます。
女子の部屋らしくなるドレッサーなんか、ぜひ置きたいですね。

ベッドを長い壁に着けるとこんなイメージです(下)
手前の壁にクローゼットがあるとすれば、ベッドのフットからクローゼットまでは120cm
90cm幅のチェスト1台が置けます。

ほかの家具はベッドと反対側の壁に沿わせるのがベストです。
仮にローボード・テレビを置いてみました。

6畳の部屋をゆったりさせるには視界に大きな家具が入らないようにすることです。
そして家具の高さ、奥行と色を合わせること。
一人暮らしを始めたら防犯にも気を付けなければなりません。
カーテンがピンクだとして、外からピンクの窓があると若い女の子の一人暮らしで~す、とアナウンスしているようなもの。室内はピンクでも外側はグレーのようなカーテンにしましょう。

洗濯物を干すときは男物のパンツやシャツなども一緒に干しておくこと。
ピンポンが鳴っても相手を確認してからドアお開けなきゃいけませんよ。
ドアチェーンとドア鍵をかける習慣をつけましょうね。
シングルベッドを6畳に配置

シングルベッド、6畳ワンルームレイアウト3例。
6畳の部屋は360×270が平均的なサイズです窓の位置、出入り口にもよりますが、上の図のようにシングルベッド一つはどこにでも配置できて圧迫感はありません。


左のベッドレイアウト
左はオーソドックスな配置の一つですね。ベランダに抜ける動線が大きくまっすぐで6畳の狭さも感じさせないレイアウト例。ベッドの反対側の壁に背に低いローボードやローチェストがいいですね。
大きめの家具、コートハンガー、上着を掛けておくパイプハンバーなどは入口左の壁に沿わせて配置すれば入口から視界を遮る物のない広がりと奥行きのある部屋になります。

右側の壁に1メートルほど窓から離して最低限の家具としてテレビ(台)と小さなタンスを入れておりますが、実際にはほかの家具もありますのでもっと狭くなりますがシングル・セミダブルベッドはまだ余裕があります。休日の天気のいい日にまったりしたいときは窓際の開けておいたスペースにソファーなど持ってきてのんびりできます。

一人暮らしの部屋に一人用のソファはあまり必要ないと思います。多くの場合ベッドが背もたれ代わりになります。あまり必要ではない家具を増やして部屋をせまく使いにくくするならないほうがいいですが、どうしてもソファお置きたい方がおいでになるかもしれないので一例として。

部屋の真ん中あたりに寄せることもできますがなるべく入口からベランダの動線と視界内に物は置かないほうがいいです。
どの間取り図もテーブルが付いていますが、テーブルは間違いなく必要です。
冬はコタツになるタイプでもいいですがあまり大きくないサイズの60cm角ぐらいが扱いやすいです。

中のベッドレイアウト
窓越しの陽射しを全面に受けられるいいとこどりレイアウトです。
215cmのベッドはベッドと壁の間の広さは55cm。通常の行き来、軽いものw、追手の行き来に不便はない広さ。
これだけのアキがあればベランダへの動線も問題なし。

どうしてもおきたかったデスクやドレッサーなど置いてもいいですね。
低い家具をベッド横の壁に並べて配置、大きな家具やハンガーなどは入口の壁に並べます。
窓にベッドが半分被りますが視界を遮らないので邪魔にはなりません。

窓際に大きなベッドを寄せると。ドアからベッドまで260cmもの広い空間。横も家具で50cmとったとしても220cmの幅です。何も置かない(図では小さなテーブルがあります)260cm×220cmの空間、セミシングルベッドの場合とほぼ変わりません。これも部屋を広く見せる効果が大きいです。

友達呼んでも狭苦しさはありませんね。

右のベッドレイアウト
ベッドも家具もすべて片方の壁側にまとめるレイアウトの例です。
テレビやDVD見るのにこれだけは横にあったほうがいいのかな、とテレビ台一つだけ右の壁に配置してみました。
入口からベランダ窓まで360cm×180cmに広さの長方形の空間ができます。
ほんとにこれが6畳かと思うほどの解放感、ゆったり感のあるレイアウトですね。

家具類は入り口横とベッドの足元に固めます、
ご注意事項は、引き出し収納付きの家具では引き出しの幅×引き出しの奥行の2/3ぐらいの場所がないと出し入れが面倒です。引き出し付き家具の前はほかの家具がおけなくなりますことご留意ください。
男子のワンルーム基本レイアウトその1

ベランダ側の窓横の壁にヘッドを付けてベッドを配置
家具は超壁に寄せてセンターを広く開けています
ナチュラルブラウンと黒・グレー
家具は3段チェストと小物収納テレビ台、テーブルと一人ソファ、そしてベッド
アウターは手前に小さなクローゼットがあると思ってください、

実際にはここからあれこれ増えるのですが部屋への入り口からベランダの窓までは物を置かない、こうすることで6畳でも切迫感のないゆとり感・広さを感じます。

一人用ソファ、二人用ソファはなくていいです、ふっくらクッション二つぐらいあれば上等!
ですが、テーブルは何かと必要です。
あまりに安物ではサマになりませんので高くなくてもデザインのいいテーブルがいいです。

男子のワンルーム基本レイアウトその2

ベランダ側の窓にヘッドを付けてベッドを配置
家具は片方の壁に寄せて左側を広く開けています
黒、グレー、白のモノトーンでそろえた配色、ワンポイントカラーにムラサキのベッドカバー
家具は3段チェストと小物収納テレビ台、テーブル

ソファはなくても困らないから抜いてみましたずいぶん広くなりますね。
ベッドの足元は標準ベッドで55cmのアキです。55cmあればベランダへもスイスイです。

ベッドから手前の部屋の入口までは260cmのスペースがあります。
友人が遊びに来て泊まっていくことになっても260cmありますから3人は雑魚寝できますよ。
大きめの家具をそろえる、これがすっきりのコツです。
ワンルーム家具配置


女子のワンルーム基本レイアウトその1

ベランダ側の窓横の壁にヘッドを付けてベッドを配置したパターン
家具は超壁に寄せてセンターを広く開けています
ベッドと家具はホワイトに、ソファとラグ、カーテンをピンク系濃淡にしてみました。
家具は3段チェストと小物収納テレビ台、テーブルと一人ソファ、そしてベッド

カーテンをチューリップ、イチゴの柄にしてみましたがお子様部屋みたいになっちゃうので無地に替えました。
おとなっぽい花柄ならいいかもしれません。ピンク系の濃淡でしたら柄付きでも大丈夫です。
何もかも
基本的に濃い色の大きな面積の家具や敷物は下に、淡い色は上に位置するようにというのは言うまでもないですよね。ワインレッドのラグが部屋の印象を引き締めてくれます。

レースのカーテンと布地の二重になさいますでしょうが、裏側もピンクで外からピンクの窓に見えて女の子の部屋とすぐわかるようなカーテンは防犯の観点からやめといたほうがいいです。部屋内は色付きまたは柄付きでも、外側はグレー無地のようなカーテンがおすすめです。

女子のワンルーム基本レイアウトその2

ベランダ側の窓にヘッドを付けてベッドを配置
家具は片方の壁に寄せて左側を広く開けています
サーモンピンクだけの濃淡にしてみました。

基本的に優しいイメージのシャーベットカラーがいいのですが、ブルー系はひんやり感を感じさせます。
夏はブルー系、グリーン系、冬はピンク系、パープル系と、模様替えなさいますとまた、部屋の雰囲気も変わります。
女性は洗濯物が多いのでベランダへの動線は確保しておいたほうがいいです。
ベッドの足元は標準ベッドで55cmのアキです。55cmあればベランダへもスイスイです。
ベッドから手前の部屋の入口までは260cmのスペースがあります。
お友達呼んで女子会するにも使える広さでしょ!?
家具も入れて実際に近い設定でお勧めのレイアウト
ワンルーム家具配置

おすすめのレイアウト 収納ベッドとウォールラック(壁面収納)

住み始めて2年3年になると部屋の中のあれこれ荷物やらゴミにしていいものやらが溜まります
そうするとその都度小型の収納家具を買ってとりあえず収納。すぐまた溜まってまたカラーボックスなど買い足すことに。

そこでご提案、ワンルーム一人暮らしはまず収納ベッドにする。
テレビ台を含め、小さい家具は壁に並ぶ3台まで、なるべく同じ高さが望ましい。

そして、あれやこれや溜まり始めたら背の高い、いろいろ収納できるタイプのウォールラックを奮発する!

最近は入居前に好みの壁紙に張り替えてくれる物件が多くなってますね。
原色に近い色は脳を刺激します。
好きな色だからと大きな面積には使わないほうがいいです。
部屋にいて気分的に休める色、睡眠を邪魔しない色はシャーベット系です。
主張の強い色は枕、ベッドカバーなどにしてください。
6畳ワンルーム暮らしは1にも2にも狭さとの戦いです。
いかに家具を減らして広く使える部屋にするか、これが快適な部屋にするための課題。

結論を先に言うと、ベッドは収納ベッドにする、これが肝心です。
収納ベッドならシングルサイズ2段チェストベッドが最強です。

肌着・下着も安心のタンス引き出し収納と、長いもの、かさばる物もおまかせのフリー収納
平均的に、床に広げれば畳2畳を占めるほどの荷物が収納できます。

そしてウォールラックまたはクローゼットにする。
安くて買いやすいからとカラーボックスみたいな小型の家具をちょこちょこ買うとますます部屋が狭くなるだけ、そして小さな家具の周りに置ききれなかった物が床に置かれたままになります。
セミダブルベッドを6畳に配置

6畳の部屋にセミダブルを配置する基本レイアウト
1K・ワンルーム・6畳寝室にチェストベッドセミダブルを配置する基本レイアウトの3パターンです。
あまり広くはない6畳一間もベッドや家具の配置によってゆったり感が作れます。

見取り図はレイアウトした部屋のイメージです。
セミダブルベッドの占める割合、配置した残りスペースの寸法などは間取り図でご確認ください。
パースの向きは部屋への入口からベランダに向いています。足元から窓まで360cm、部屋の横幅は270cmということになります。

セミダブルベッド配置例-1
 ローベッドセミダブル

基本的配置例の一つです。ベランダに抜ける動線が大きくまっすぐで6畳の狭さも感じさせないレイアウト例。
6畳で狭さを感じないためには部屋の視界を遮らない、見える家具は低くする、何も置かないスペースを広くとる、これがポイントです。
ですから 大きめの家具、コートハンガー、上着を掛けておくパイプハンバーなどは入口左の壁に沿わせて配置すれば入口から視界を遮る物がないようにします。実際は入口の左右の壁に背の高い家具があっても視界には入らないので広がりと奥行きのある部屋になります。

ベッドの反対側の壁に背に低いローボードやローチェストがいいですね。
6畳の部屋とセミダブルベッド、同じ縮尺での間取り図です。
6畳の部屋をなるべく広くしたいならソファはあまり必要ないと思います。
最低限初めに揃えたい家具に、ベッド、チェストのほかにテーブルがあります。
ソファーではなくローテーブルと座椅子がおすすめです。この位置でなくても窓際へも簡単に移動できます。

右側の壁に1メートルほど窓から離して最低限の家具としてテレビ(台)と小さなタンスを入れております。
横幅270cmに シングルベッド・セミダブルベッドを置いてもまだ余裕があります。
休日の天気のいい日にまったりしたいときは窓際の開けておいたスペースにソファーなど持ってきてのんびりできます。

セミダブルベッド(120cm×215cm)を壁につけた配置ですとベッドの横に150cmのアキ、
ベッドのフットから壁の間に145cmのアキができます。
もしもベッドと家具とソファーも置きたいときはこんな感じでいかがでしょうか。

ベッド側の壁に着けた家具は背が高くても視界に入らず圧迫感はありませんが、右の壁の家具はローチェストなどの低い家具がいいです。できれば家具の奥行幅と高さを揃えるとかなりすっきりです。

このベッドがチェストベッド、収納ベッドでも収納物の出し入れに問題はありません。
この配置だとベッドの右側は窓の陽射しがあたる向きでもありますからベッド下や引き出し内に湿気が溜まる心配もない、出し入れも広く引き出しを開けて使えて便利。いいレイアウトです。

セミダブルベッド配置例-2
窓は遮らない配置が基本ですが、どこかに広い場所を開けたいとか、窓越しの陽射しを全面に受けて目覚めたいなどのご希望の場合はこのレイアウトがいいですね。
ローベッドセミダブル
標準サイズ215cmのベッドではベッドのフットと壁の間は55cmの広さがあります。
これだけのアキがあればベランダへの動線も問題なし。
窓際に大きなベッドを寄せると。手前のドアからベッドまで240cmもの広い空間があって、横も家具で50cmとったとしても220cmの幅です。正方形に近い広い空間ができます。
6畳にセミダブルを置く実寸での縮尺間取り図です
何も置かない(図では小さなテーブルがあります)240cm×220cmの空間、
部屋を広く見せる効果が大きいです。大きな家具は入口ドアの右の壁に寄せておけば視界的にも邪魔にならず部屋の狭さは感じません。

240cm×220cmの空間がうれしいですね、
友達呼んでもテーブル囲んで4・5人は大丈夫、狭苦しさはありませんね。
ベッド下の収納物が丸見えで生活感丸見えってことにはなりません

窓の横なのでベッドに陽射しがあたる位置ですからマットレスやチェスト内に湿気が溜まる心配もないです。
収納ベッドだとしても物の出し入れも広く引き出しを開けて使えて便利。いいレイアウトです。

セミダブルベッド配置例-3
ベッドも家具もすべて片方の壁側にまとめるレイアウトの例です。
ローベッドセミダブル
テレビ台一つだけ右の壁に配置してみました。
パースではイメージしかわかりませんが下の図で寸法をご確認ください。入口からベランダ窓まで360cm×150cmの広さの大きな空間ができます。部屋の右半分を自由に使うレイアウトです。
間取り図で見るとこうなります
部屋の入口から窓まで150cm幅の空間が延びて、ほんとにこれが6畳かと思うほどの解放感、広がりのあるレイアウトです。
低いテーブルを置いても 視界を遮らないので狭さは感じません。
もちろん大きめの家具は入り口横の壁、少し大きいのはベッドの足元に固めます、
引き出し収納付きの家具では引き出しの幅×引き出しの奥行の2/3ぐらいの場所がないと出し入れが面倒です。
引き出し付き家具の前は引き出しの出し入れでほかの家具が置けなくなりますことご留意ください。

この配置だとベッドの右側は窓の陽射しがあたる向きでもありますからチェスト内に湿気が溜まる心配もない、チェストの出し入れも広く引き出しを開けて使えて便利。いいレイアウトです。

セミダブルは一人で使うベッドということでセミシングルやシングルと同じく壁に着ける配置としています。
ダブルベッドやクイーンベッドは二人のベッドで、通常ベッドの両側からベッドに入る、ベッドから出る動作ができる配置を考えてのレイアウトになります。

配置例-2に家具と寸法を入れてみました
同じ部屋の広さでも家具が白系だと広く見えますね。
ローベッドセミダブル
ローベッドセミダブル
ダブルベッドを6畳に配置

360cmの壁にヘッドを着けたレイアウト

ベッドを窓際に寄せた配置は窓を塞ぐ配置ですがベッドが湿らない(湿気・カビの心配が少なくなる)、四角い広い空間が作れるのでおすすめのレイアウトでもあります。

クリーム色の四角はこれだけ広い空間がとれますというスペース

小さな家具をいくつも置くとすぐにフロアが家具に占領されてしまいます
ひとつ大きな収納家具を用意して、入りきれないのはローチェストかローボートに小物などを収納することに。
ベッド屋だから言うワケじゃないのですが、ベッドが収納ベッドなら家具は少なくて済みます。
本気で6畳寝室を快適な空間にするご予定でしたらチェストベッドのダブルサイズをご検討ください

ベッド横とドアの横に収納家具を置いて真ん中を開ければほぼ170cm×220cmの四角いスペースができます。
この空間がゆったり感を作ってくれます

奥様がヨガやストレッチなどなさる場合もこのスペースがあれば大丈夫でしょ!?

ベランダに抜けるベッドと壁の間は55センチ幅のアキです。
通常支障なく行き来できる幅は50~60cmといいますから55cmは合格幅です。

ベッド横から入口ドアの壁まで何もなければ220cmのアキですが大きな種背の高い収納家具はこの壁に。その幅最大50cmと見積もってスペースは170cmのアキ。90cm幅のローチェスト二つは置けませんのでひとつは60cm幅ぐらいにしてください
同じデザイン、同じ色、同じ高さがいいですね。 

上のレイアウトではダブルベッドが窓にくっついているので、窓側でおやすみになる方がベッドの足元からしかベッドに入れないことになります。またベッドのメンテナンスやシーツの取り換えもベッドの右側からしか行えないことになります。

ベッドを窓から少し離すとこの問題は解決します。上のパースでは参考として50cm離した場合です。
50cmじゃなきゃダメってことではありませんが、50cmぐらいは開けたほうがいいと思います。
ベッドが窓から離れたことで、ベランダへの往来もスムーズにできます。

ベッドと壁の間が50cm狭くなりますがチェストを90cm幅で5段チェストぐらいにすれば収納量に大きな差はないでしょう。
お気づきかと思いますが、大きな家具クローゼットをホワイトにしました。これで実際は狭くなっても白い家具だと切迫感は薄れます。部屋を狭く感じさせたくないときは家具を白またはクリーム色にするといいです。


270cmの壁にベッドを付けたレイアウト
窓際の壁にヘッドを付ける配置例です。
上でご覧いただいた横型レイアウトパースのドアを開けた位置から見たイメージです。
ダブルベッドの左に窓まで幅130cm×長さ360cmの長方形のフリー空間ができます。
大きな家具が視界に入らないので広がりと奥行きのあるゆったりした部屋のイメージになります。
クイーンベッドを6畳に配置

クイーンベッド縦長センターレイアウト2
ベッドも家具もすべて片方の壁側にまとめるレイアウトの例です。
ローベッドセミダブル
縦長方向に縦長にクイーンベッドを置いたレイアウト。入り口ドアの壁に家具かまとめてベッドの横に両側に家具は置かないレイアウトです。ベッドのフットから手前ドアの壁まで145cm×横幅270cmのスペースができます。ここに家具をまとめてしまえば部屋の圧迫感はありません
ベッドに近くなる家具をローチェストにすれば狭い感じかしなくなります。

大きめの家具は入り口横の壁に並べて、少し大きいのはベッドの足元に固めます、
どうしてもベッドに近くなりそうな場合は低い家具にするのがコツ。

クイーンベッドは一人で使うベッドということで通常ベッドの両側からベッドに入る、ベッドから出る動作ができる配置を考えて、人一人の肩幅50cmがベッドの両脇にあいたレイアウトになります。

クイーンベッド横長レイアウト
窓は遮らない配置が基本ですが、どこかに広い場所を開けたいとか、窓越しの陽射しを全面に受けて目覚めたいなどのご希望の場合はこのレイアウトも許容範囲ですね。360cmの名が鵜ほうの壁にベッドのヘッドを着けたレイアウトです。
ローベッドセミダブル
6畳にクイーンベッドを置く、実寸での縮尺間取り図です。
標準サイズ215cmのベッドのと壁の間は55cmの広さがあります。
これだけのアキがあればベランダへの動線も問題なし。
窓際に大きなベッドを寄せると。クイーンサイズでもドアからベッドまで200cmもの広い空間になります、横も家具で50cmとったとしても220cmの幅です。

でも窓にピッタリくっつけると窓側でおやすみの方がちょっと不便
このレイアウトではクイーンベッドを窓から70cmほど離しています。
50cmでもいいのですが窓とベッドの間にサイドテーブルやスタンドを置く場合に備えて少し余裕の70cmにしています。
入口のドアからベッドまで何も置かない(図では小さなテーブルがあります)270cm×130cmの空間、
部屋を広く見せる効果が大きいです。大きな家具は入口ドアの右の壁に寄せておけば視界的にも邪魔にならず部屋の狭さは感じません。

寝る、起きる、ベッドメイクをする、掃除をする、どんな場合もラクに動けるレイアウトになっています。
これなら大きなクイーンベッドで狭さだけ際立つということはないです。

クイーンベッド配置、横長レイアウト

クイーンベッドは横長レイアウトがおすすめです
360cmの壁にクイーンベッドのヘッドを着けてベッドの両サイドに余裕を持たせるレイアウトは6畳といえども無理なく、余裕のある配置になります。
360cmの長さに160cmのベッドを置きますので単純計算で左右に100cmずつの余裕スペースができます。
窓に近くするか、センターか、奥に寄せるか、お好みと家具次第ですね。
クイーンベッド配置例1
▲360cmの壁にクイーンベッドの背尾つけた配置で窓際に寄せたらこのくらいのスペースができますという配置例。
入口のドアからベッドまで200cm、このスペースは寝室としては余裕ですね。
この場所なら天気がいいときおてんと様がベッドを乾燥させてくれます。
フロアベッドは特に湿気に弱いのでここがベストポジションです。
ただ、ベランダに出るのが不自由になりますので50cmぐらい窓から離したほうがよろしいかと思います。
クイーンベッド配置例2
▲同じく360cmの壁にクイーンベッドの背尾つけた配置で、部屋のセンターにクイーンベッドを置くとこのくらいのスペースができますという配置例。
入口のドアからベッドまで120cmあのスペースはまだまだ余裕ですね。要り口からベランダのマロまで視界を遮るものがありませんので圧迫感もありません
ベッドの両側どこからでもベッドケアができます。クイーンベッド配置例3
▲最初にご覧いただいた窓際配置を50cmほど窓から離してみました。
ベランダへの往来もしやすくなりました、日航の当たり具合も大きくは変わりません。またベッドに入る、ベッドから起きてくるにも、ベッドメイク、ベッドケアにもどこにも支障のないレイアウトです。

家具の数や大きさがいろいろでしょう、上の3レイアウトで位置関係やアキスペースの具合を見てご自分の部屋のレイアウトの参考としてください。

家具を詰め込まなければ6畳にクイーンサイズを置くこともそんなに狭くはないと思います
狭いと思うのは視線が遮られる、動線が狭くかぎ型になるからです。
入口から窓までなる直線でなるべく広く家具を置かない、家具が出っ張って来ない動線を作れば、視界の広い奥行きのある快適な寝室になります。
お買い物カートはSSL化により通信内容は保護されています。CELLENA BED SHOPS

ローベッドをサイズ別に見る

激安・格安・お買い得ベッド シングルからダブルサイズ

ミドルクラスの格安ローベッド シングルからダブル

クイーンベッド/キングベッド

ベッドサイズでの価格別INDEX

これよりBACKYARD 入荷待ち在庫なし

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

お問い合わせはこちらから

ご来店ありがとうございます。長くご愛用いただくためご不明な点はご質問ください。
各商品については商品ページ、カートの下「◎この商品について質問する」から、 それ以外のご質問は対象商品掲載ページのURLをコピペしてご質問を送信してください。

ご質問内容・商品詳細を確認して原則、翌日までにはご返事するようにしています。
電話対応はございません。ご了承のほどお願いいたします。

お問い合わせサポートセンター メールフォームでの対応になります。