ローベッドクイーン一覧。マットレス付き、激安5万円台からのクイーンベッド。
  • トップ >
  • 「ローベッドクイーン一覧」の商品一覧

ローベッドクイーン、フロアベッドクイーン一覧

ローベッドクイーン広く、低く、ゆったりと大きなローベッドクイーンサイズ、マットレス付き多数。
「安さで選ぶ」実用クイーンサイズベッド5万円台から「好みで選ぶ」、オトナにおすすめのおしゃれなクイーンベッド16万円台まで、オススメしたいベッドだけご案内します。


クイーンサイズローベッド、オススメの寝心地満点マットレス・ポケットコイルレギュラーとのセットをご案内します。
お二人でお使いになるベッドはやはりクイーンです。ダブルはちょっと狭いと感じることが多々あります。寝返りしたとき手がぶつかって目が覚めることが多いです。160cmと140cmと20cmの幅の違いが20cmがそのままゆったりしたクイーンベッドの余裕になります。

クイーンサイズのマットレス付きにはクイーンサイズ160cm幅1枚物と80cm幅8枚のマットレスになるものがあります。
クイーンベッドそれぞれの詳細でご確認ください。

最新入荷ベッドはこちら、クイーンとキングの2サイズです。シンプルな造りのフレームで格安。
格安になった分でちょっと高品質なマットレスにする。これでお値段以上の高級ベッドの寝心地になります。
お二人のベッドですから揺れや振動が伝わりにくいプレミアムポケットコイルマットレスがおすすめです。
キングサイズベッド


お買い上げの多いクイーンベッドです(ポケットコイルレギュラー付きをご案内します)

クイーンサイズローベッド選びのポイント

クイーンサイズベッドの幅はほぼ160cmです。お二人でお使いになるにも余裕の広さ。
ベッドフレーム+マットレスセットでおよそ180点ほどございます。
マットレスがセットのクイーンサイズベッドでお値段激安の5万円台から16万円台と幅広くなっています。
今は高価なクイーンサイズでなくていいという場合も、ご予算に似合う格安なクイーンベッドがございます。


使い始めますと定期的にメンテナンスが必要です。特別なことではなくマットレスに風を通す、ローテンションするということです。これによりマットレス内の湿気、マットレスと床板の接面の湿気をなくしカビの心配もなくベッドとマットレス両方長持ちします。セパレートにしても2枚分の手間になりますがクイーンサイズ1枚物マットレスは大きくて重いです。奥様おひとりで無理なさいませんよう、お願いします
マットレスの硬さ比較
寝心地を左右するマットレスについて、ダブルサイズまでは1枚もののマットレスですがクイーンサイズはマットレスがクイーンサイズ1枚ものと80cm×2枚のセパレートになる場合がありますのでご確認ください。
硬めのマットレスはお隣に揺れや振動が伝わりやすいので2枚セパレートのマットレス、
柔かいスプリングのマットレスはクイーンサイズ1枚もの(160cm幅)になります。

お隣の揺れや振動も伝わりにくく、寝心地のいい柔らかスプリングのマットレスをご希望でしたら「ポケットコイルレギュラー」がおすすめです。体のためにいい硬めのマットレスはフランスベッド社製のマルチラス(セパレート)がオススメです。

クイーンベッドマットレス付きが5万円台から。
同じベッドデザインで5万円台から11万円台までと、価格が違うのはマットレス価格の違いです。
スタンダードボンネルコイルマットレスは最もお買い得になります。柔らかな寝心地で揺れや振動が伝わりにくいのがポケットコイルマットレス。高密度スプリングの国産ポケットコイルはマットレス全体はしっかりして、圧は部分で受けて分散する高品質。

硬めの硬めがお好みでしたら、フランスベッド社製マルチラスマットレス。国内医療機関への納入実績多数の定評あるマットレスです。ボンネルマットレス付き、ポケットマットレス付き、国産ポケットマットレス付き、マルチラスマットレス付きでおすすめのベッドをピックアップしてご案内します。

全ベッドはその下の一覧でご覧ください。

ローベッドクイーンサイズ、店長のおすすめマットレス付きクイーンベッド!

「ローベッドクイーン一覧」の商品一覧

全113件中 1~20件表示中

全113件中 1~20件表示中

物語の続きはベッドで。クイーンサイズベッド

ローベッドクイーン、ローベッドキングクイーンサイズベッドにはマットレスセットで5万円~16万円のベッドを揃えています。マットレス落とし込み、スノコ敷、スノコ載せ、ウッドスプリング、間接照明付き、隠し小物入れ付き、ステージタイプなどデザインや機能の違いもあります
お好きなクイーンベッドをお選びください
5年保証ベッド。高品質クイーンサイズをお探しでしたらご覧ください。デザイナーズクイーンベッドローベッドクイーンアジアンベッドクイーン
お奨めクイーンベッドセンフィルクイーンのVH
クイーンサイズの売れ筋。人気の間接照明と隠しキャビネットのSENFILと格安クイーンベッドVerhil
ローベッドQUEEN ローベッドEURAS QUEEN
ステージタイプデザインのクイーンベッドユーラスとJZ。マットレス上載せタイプです。
クイーンサイズベッドクイーンローベッド
格安クイーンベッドはここにも。レザー張りのクイーンベッドトルバ とルーシャスクイーンサイズ
クイーンローベッドクイーンローベッド
【NEW】人気のフカフカ背もたれベッドスターデンとボトムラインのプライスゾーンモナンジェ

【収納付きベッド】クイーンサイズのチェストベッドと収納ベッドです。姉妹店に移動します
クイーンベッドキングベッド,チェストベッドクイーンサイズベッド,チェストベッドクイーンとキングチェストベッドクイーンベッドクイーンベッドキングベッドクイーンベッド,チェストベッドクイーンベッドキングベッド,チェストベッドクイーンベッド,チェストベッド
4脚ベッドのモダンなクイーンサイズベッド

ご確認ください、クイーンサイズローベッドにセットのマットレス
ベッドらしいフカッと柔らかい、寝心地満点のスプリングがご希望でしたらポケットコイルのレギュラー
体のためにいい、硬めのマットレスがご希望でしたらフランスベッド社製マルチラス高密度スプリングがオススメです。
国内医療機関等のベッドマットレスとして採用実績多数の定評のマットレスです。

経済的な方がよろしければ汎用スプリング・標準的硬さののボンネルコイルマットレスレギュラーです。
寝心地を左右するのは主にマットレスのスプリング特製です。


クイーンサイズにセットのマットレスは1枚ものまたは2枚セパレートのマットレスでのお届けになります。
ポケットコイルのレギュラー、ボンネルコイルのレギュラーはクイーン・キングも1枚ものの大きなマットレスになります。
そのほかのやや硬めのベッドは80cm×2枚のセパレートです。
商品詳細ページで詳しくご覧くださいマットレスを選ぶご参考に

ベッドらしいフカッと柔らかい、寝心地満点のスプリングがご希望でしたらポケットコイルのレギュラー。
体のためにいい、硬めのマットレスがご希望でしたらフランスベッド社製マルチラス高密度スプリングがオススメです。
マルチラスは国内医療機関等のベッドマットレスとして採用実績多数の実績・定評のマットレスです。
最初のおすすめはこの二つのマットレスです。

柔らかさ、硬さは標準でいい、経済的な格安マットレスがよろしければ汎用スプリング・標準的硬さののボンネルコイルマットレスレギュラーです。

お客様レビューなどご覧いただければお分かりいただけますが、ノンブランドでもきちんと作ったベッド用マットレスです。



フロアベッドクイーンサイズはマットレスが1枚ものと2枚のセパレートになるものがあります、
ほとんど2枚セパレートですが柔らかめのマットレスでは一枚ものの場合があります
クイーンサイズベッド各ページの最下段【商品説明】でマットレスサイズをご確認ください

クイーン:幅160×長さ・・は幅160cmのクイーンサイズ1枚ものマットレスです
クイーン:幅80×長さ・・(×2枚)は80cm幅マットレス2枚のセパレートです。

ボンネルコイルのレギュラー、ポケットコイルのレギュラーなど、柔らかめのスプリングのマットレスにクイーンサイズ160cm幅の一枚ものセットがあります。ボンネルコイル、ポケットコイルでもセパレートのセットもあります。
スプリングを連結した少し硬めのマットレスはおよそ80センチ幅のマットレス2枚のセパレートタイプがほとんどです。
マットレスにより80センチ幅は一定ではありませんのでおよそ80cmとしておきます。
 
一枚のマットレスでは寝返りなどで隣を起こしてしまうこともあるので、マットレスを2枚並べるタイプが多いようです。
それぞれ横のベッドに揺れが伝わりませんので、おやすみの時間帯がずれる生活でも、就寝後のトイレも大丈夫。
商品詳細ページでご確認をお願いします。
      

収納できるベッドも見てみたい時はこちら
収納ベッドクイーンサイズとキングサイズ
ホコリをカットする引き出しか否かの違いがあります、お選びになるときお間違えなきようお願いいたします。

高品質クイーンベッドをお探しでしたらこちらもご覧ください
クイーンサイズベッドならではの特徴でメリット、デメリットがあります。メリットはすでにご承知でクイーンを選ばれているものと思いますが、ベッドが届いた、実際に使い出したらどうも気になるととご満足いただけませんのでベッドを決める前に後悔しないクイーンサイズベッドの選び方もご一読ください。

クイーンベッド、6畳の部屋に配置したレイアウトです、ご参考に。

6畳にクイーンベッドを配置する基本的レイアウト

6畳寝室にクイーンベッドを配置する基本レイアウトです。
クイーンにするなら8畳から10条の寝室がいいとはよく言われていますが、クイーンベッドでもレイアウトによってギチギチ間のないレイアウトもできるんです。
6畳一間もベッドや家具の配置によってゆったり感が作れます。

そのポイントは
・ドアからベランダへの動線を広く開ける
なるべく片方の壁にベッドと家具をまとめる
・ドアからベランダの窓まで視界を遮るものを置かない。
・ドアからベランダの窓までの動線上に家具を置かない
ってことになります。

クイーンベッド縦型レイアウト-1 
クイーンベッドの配置クイーンベッドレイアウト
オーソドックスな配置の一つですがやや左に寄せています。ベランダに抜ける動線をやや広めにとって小型家具も置けるレイアウト例。ベッドに行く、起きる動作がらくにできるよう左側に40cmのアキを確保。

パースではソファーにしていますがベッドに並んで壁に背に低いローボードやローチェストがいいですね。大きめの家具、コートハンガー、上着を掛けておくパイプハンバーなどは入口左の壁に沿わせて配置すれば入口から視界を遮る物のない広がりと奥行きのある部屋になります。

ほかの間取り図でも説明していますように、二人のベッドはベッドの両脇からベッドに入る、ベッドから出ることになりますので両サイドにアキが必要ですね。

できれば50cmは欲しいのですが、ベランダへの動線を広く70cmにしてちょっと狭い40cmにしました。
横幅270cmに160cmのクイーンベッドですから両サイドにゆったりスペースは取れません。

ベッドの両サイドには家具を置かないで部屋の入口にまとめることおお勧めします。
それがこの下のレイアウト図

クイーンベッド縦型レイアウト-2
ベッドも家具もすべて部屋の入口付近にまとめるレイアウトの例です。
ベッドの両サイドに50cmあればベランダへの移動、ベッドに就く、ベッドから出るにも支障なしです。
ローベッドクイーンクイーンベッドの配置
縦長方向に縦長にクイーンベッドを置いたレイアウト。入り口ドアの壁に家具かまとめて、置ききれなければ小型の低い家具をベッド近くに。ベッドのフットから手前ドアの壁まで145cm、横幅は270cmのスペースができます。
ベッドに近くなる家具をローチェストにすれば狭い感じかしなくなります。

縦型レイアウトは間取り図で見るとこうなります
大きめの家具は入り口横の壁に並べて、少し大きいのはベッドの足元に固めます、どうしてもベッドに近くなりそうな場合は低い家具にするのがコツ。
クイーンベッドは一人で使うベッドということで通常ベッドの両側からベッドに入る、ベッドから出る動作ができる配置を考えて、ベッドの両脇に余裕のあるレイアウト、クイーンベッドを6畳に置く縦型レイアウトではこれがベストです。。
クイーンベッド横型のレイアウトと寸法

窓は遮らない配置が基本ですが、どこかに広い場所を開けたいとか、窓越しの陽射しを全面に受けて目覚めたいなどのご希望の場合はこのレイアウトも許容範囲ですね。得のローベッド、フロアベッドは床上20cmですから窓際にクイーンサイズの大型ベッドでも圧迫感はなく、見通しのいい広さのある部屋になります。
クイーンベッド配置図クイーンベッドの配置
標準サイズ215cmのベッドのと壁の間は55cmの広さがあります。
これだけのアキがあればベランダへの動線も問題なし。
窓際に大きなベッドを寄せると。クイーンサイズでもドアからベッドまで200cmもの広い空間になります、横も家具で50cmとったとしても220cmの幅です。

360cmの壁を背にした横型のレイアウトと寸法

上のパース、間取り図は270cmの幅にクイーンベッドを配置したレイアウトです。
以下に360cmの壁にクイーンベッドを配置したパターンをご覧ください。
6畳の部屋で360cm壁にベッドのヘッドを着けると足元と壁の間は55cmのアキになります。

クイーンベッドを窓際に寄せた横型レイアウト
ローベッドセミダブル
クイーンベッドを窓際に寄せて、ベッドと窓の間にスペースを作らない配置です。
ベッドから入口のドアまで200cmの空間ができます。50cm(奥行)の家具を置いたとして150cmの空間です。
ベッドサイドに圧迫感のないローチェスト90cm、120cm幅が置けますね。

余分な家具を置かないためには背の高い収容量の大きなタンス・壁面ラックか収納ベッドがおすすめです。
小物などを片付ける小型の収納は50cm以下の高さのローチェスト、ローボードですと部屋の広がりを邪魔せずすっきりします。

クイーンベッドを部屋の中央に置く横型レイアウト
クイーンベッド
大型収納、収納ベッドをお使いで寝室に家具は置かなくていい場合は部屋の中央あたりにベッドを配置。
大型家具があってもクイーンベッドの両サイドに75cmのアキがあります。
ローチェストやスタンド、ミニデスクなど余裕で置ける広さで、ベッドの両側からベッドに入る、ベッドから出るのもラク。ベッドのメンテナンスもどこからでも不自由なく進めていただけます。

クイーンベッドを窓際から少し離した横型レイアウト(推奨)
ローベッドクイーン
窓にピッタリくっつけると窓側でおやすみの方やベッドケアがちょっと不便。
このレイアウトではクイーンベッドを窓から50cmほど離しています。

6畳にクイーンベッドを置く現実的なレイアウト。
入口のドアから窓まで何も置かない、動線が直線だと部屋を広く見せる効果が大きいです。
大きな家具は入口ドアの右の壁に寄せておけば視界的にも邪魔にならず部屋の狭さは感じません。
上着を掛けるハンガーで下は引き出しになったクローゼットが使いやすいです。

寝る、起きる、ベッドメイクをする、掃除をする、どんな場合もラクに動けるレイアウトになっています。
これなら大きなクイーンベッドで狭さだけ際立つということはないです。
ベッドからドアまで150cm。特に何かを置く予定がなければ充分な広さ。
シーツの取り換えやベッドローテーションの作業も
両サイドから支障なくできて窓からベランダに出る動作も楽な配置です。

・部屋に入って視界を遮る物がない
・大きな家具が目に入らない
・入り口から窓まで直線の動線が開けてある
・大きな家具があって収納には困らない
・小物収納の家具もある
・陽射しが入り込んでベッドの湿気の心配が少ない
・ベッドの出入りもメンテナンスもベッドの両側から支障がない
狭さを感じない条件と実際に必要な収納を揃えるということではこの上のレイアウトが現実的ですね。


家具の数や大きさがいろいろでしょう、上間取り図やパースをご参考に位置関係やアキスペースの具合を見てご自分の部屋のレイアウトをお考えください。

家具を詰め込まなければ6畳にクイーンサイズを置くこともそんなに狭くはないと思います
窓に近いレイアウトは湿気対策上でも大きなメリットです。
フロアベッドの場合は床とマットレスの間に湿気がこもりやすくなりますが、窓の近くでしたらお天気の日にはひざと温度でベッドは自然乾燥します。部屋の奥に置いたベッドよりはるかに湿気の心配がありません。

6畳にクイーンベッドを置くレイアウト、ご参考になりますか?
世界基準では2人のベッドはクイーンから
欧米(アメリカ)での一般的なベッドサイズ(幅)
アメリカの一般的なベッドサイズ
ツイン99cm
フル137cm
クイーン152cm
カリフォルニア183cm
キング 198cm

ベッドサイズは 日本のサイズと少し違いますが、実際に使われているのはクイーンベッドかキングベッド。
上のサイズはアメリカで一般的なベッドサイズ(ベッド幅)です。
日本のベッドサイズと少し違いますが、一般家庭の寝室のベッドはほとんどがクイーンかキング。
日本のダブルベッドに近いフル137cm幅はあまり使われないようです。

アメリカ、ドイツイタリア、スペインなどのベッド事情を調べてみても大きなベッドで二人寝るのがほとんどですね。欧米では夫婦は二人で寝るものという考えが定着しており 夫婦別々の離れたベッド、夫婦別部屋というのはあり得ない事のようです。
日本では夫婦二人のベッドはダブルから、ということになっていますが、ダブルベッドの140cmは二人のベッドとしては狭いですよね。やはり二人のベッドはクイーンサイズ、またはキングサイズがおすすめです。

ショップデザインを見易く新しくしました。かわらぬご愛顧、よろしくお願いします CELLENA

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

お問い合わせはこちらから

ご来店ありがとうございます。長くご愛用いただくためご不明な点はご質問ください。
各商品については商品ページ、カートの下「◎この商品について質問する」から、 それ以外のご質問は対象商品掲載ページのURLをコピペしてご質問を送信してください。

ご質問内容・商品詳細を確認して原則、翌日までにはご返事するようにしています。
電話対応はございません。ご了承のほどお願いいたします。

お問い合わせサポートセンター メールフォームでの対応になります。