収納ベッドのタイプ別メリットとデメリット

収納ベッドには3タイプあります。

収納ベッドは収納機能の違いによっては3タイプがあります。
引出し付き収納
ベッドチェスト組み込み収納ベッド、マットレス跳ね上げ収納ベッド、
何を主に収納したいかによってベッドの選び方が違うと思いますので、3タイプのメリット、デメリットをご理解いただいて収納ベッド選びの参考にしてください。

まずそれぞれの特徴から
引出し付き収納ベッド
ベッドの下は出し入れが楽な引出し付きとフリー収納スペース。小物は引き出しに収納、かさばるものはフリースペースに収納できます。多くの場合、ベッドの構造によりセンターに補強板があり仕切られていますのでカーペットなどの長物収納ができないません。収納ベッドでは全般的にお手頃価格です

チェスト組み込みベッド
いわゆるタンスと同じ構造の引き出し(チェスト)をベッドに組み込んでいます。BOX構造ですからホコリが入らない、湿気にも強い引出しです。またチェストの反対側はベッドの長さの箱型フリースペース。かさばりものも長物もOKで使いやすいベッドです。
一段チェストのベッドとワンルームにおすすめの二段チェストのベッドがあります。

跳ね上げ収納ベッド
ベッド下はそのままポッカリ大きな空間になっています。縦開き、横開きタイプがあります。かさばるもの、長いものも自由にたっぷり詰め込めます。整理ダンスを別にご用意されるならちょっと大きなものの収納ロッカー代わりになりますね。


引出し付き収納ベッドのメリットとデメリット

収納ベッドでお買上げの中心はこれ、「引出しタイプの収納ベッド」です。
ベッドの下の右半分に引出し、左半分がフリースペースというベッドです。
引き出しの位置は左右どちらでも可能です。平均的なベッドの長さとメットレス面の高さでどんな部屋にも違和感なく置いていただけます。

一つ誤解があるといけませんので先に書いておきますが、引き出し付き収納ベッドの引き出しはタンス式引き出しではありません。BOX構造にはなっていません事、ご了解ください。

引出し付き収納ベッドのメリット
引出し付き収納ベッドは、日常の
物の出し入れは引き出しの開け閉めだけ、布団をのけて、マットレスを上げてという必要はありません。引出しは通常2ハイまたは3杯です。種類別に分けて必要な引出しだけの開け閉めで用が足ります。毎日取り出したり入れたりするものがベッド下の引き出しで間に合う、これはありがたいですよね。
引き出しの後ろはフリー収納に使えます。かさばるものや季節ものの収納にお使いください。

引出し付き収納ベッドのデメリット、
引出し付き収納ベッドは簡単に言うと引出しをベッド下に置くタイプ。引出しにフタ・囲いがないのでベッド下のホコリが引出しにたまりやすくなります。ホコリは気になりますね。
あと半分のフリー収納スペースに床板を支えるための仕切りが入ります。このため長物の収納ができません。
ベッドの下はこんな感じです。
頻繁に出し入れすればホコリも気にならないと思いますが、肌着下着の収納はおすすめできません。本やCD、DVDや子供のおもちゃなんかが収納できればいい場合はこれでOKです。


チェストベッドのメリットとデメリット
工場で組み立てが完成した横長タンス(BOX構造ローチェスト)を組み込むベッドむ収納ベッドです。引き出しの出し入れ部以外は囲まれていますので埃が入りにくい、湿気もたまりにくい引出し収納です。

チェストベッドのメリット
完成品のチェスト(ベンチチェスト・長ダンス)を組み込みますので組立てが簡単。ベッドの強度が増します。そして、単品でも商品になる造りのチェストですから開けっ放しにしない限り虫や埃が入りにくい。ですから肌着・下着・タオル。ランジェリーなど直接肌に重ねる衣類な路も安心して収納できます。

またフリースペースに仕切りはありませんので180~190cmぐらいの長物も収納できます。サイドフレームも床までですので、横から、ヘッドボードの下からホコリが入ってくることもありません。季節の服などはクリアケースに入れてフリー収納スペースへ。
 
チェストベッドのデメリット 
ホコリが入らない引出しでシーツ、肌着、タオルなど毎日開け閉めしますから湿気の問題はありません。
あまりデメリットらしきものがないのがチェストベッドです。

強いて書くなら、2段チェストではベッドのマットレス面が50~55cmぐらいの高さになることです。
通常のベッドならおよそ40~45cmです。でも、10センチ高くなることでチェストの収納量、フリースペースの収納量が大きく増えますので収納目的でチェストベッドをお選びになるには許容範囲かと思います。

床板跳ね上げ収納ベッドのメリットとデメリット

跳ね上げ収納ベッドのメリット 
跳ね上げ式収納ベッドは、ベッド下の空間をそのまま収納スペースとして使えること。 横1メートル(ベッド幅)、長さ2メートル、高さ30センチほどの大容量収納スペースを利用できます。カーペット・ラグの長いもの、たまにしか使わないトランク、カバンなどのかさ張る荷物も問題なしで余裕の収納量です。季節の服などもクリアボックスに分けてこの大空間に整列させることができます。

跳ね上げ式収納ベッドのデメリット
跳ね上げ式は小物や毎日取り換える小物や下着・肌着タオルの収納に難ありです。仕切りのない大きな箱に大小問わず収納することになりますので、床板を上げて大きな荷物をいったん出してまた戻して・・・の作業が必要です。引き出しや小型の箱がないので下着・肌着・タオルなどは別に整理ダンスが必要になります。

別に洋服ダンス、整理ダンスをお持ちでしたらなんでも入る大きな収納が魅力ですがほかに収納家具がない、買わない予定でしたら2段5杯の引き出しのチェストベッドが実用的かと思います。、

このタイプでの現在販売中のベッドはほとんど「ガス圧跳ね上げ式」になっていて、女性でも簡単に上げることはできますが、万が一ガスが切れたら一両日中にすぐに交換は不可能です。ガス圧でなければかなり重たいです。

ご注意いただきたいのが、小さなお子様のおいでになるご家庭です、
赤ちゃんがダンパーを持ち上げることはできないですが、収納物の出し入れでベッドが開いているときお子様をベッドに近寄らせないでください。

お子様がベッドに手を掛けているのに気が付かず閉じてしまうと思わぬ事故になる危険性があります。

お時間ございましたら是非ご覧ください。

ベッドのCELLENA ベッド種類でショップが分かれています。

CELLENAはベッドの総合通販ショップです。取扱ベッド多数につき、ベッド種類ごとにショップを分離しています。 ローベッド チェストベッド マットレスベッド ロフトベッド・二段ベッド 即日発送ベッド
こちらは引き出し付き収納ベッド専門ショップです。
収納ベッドセミシングル一覧
収納ベッドシングル一覧
収納ベッドセミダブル一覧

引き出し収納付きベッドサイズ別

収納ベッドマットレス付き(シングル価格:万円台~)

カジュアルな引き出し付き女子ベッド

収納付きベッドサイズ・価格別まとめ

収納ベッドについてのご参考記事【CONTENTS】

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

お問い合わせ

ご来店ありがとうございます。長くご愛用いただくためご不明な点はご質問ください。
各商品については商品ページ、カートの下「◎この商品について質問する」から、 それ以外のご質問は対象商品掲載ページのURLをコピペしてご質問を送信してください。

ご質問内容・商品詳細を確認して原則、翌日までにはご返事するようにしています。
電話対応はございません。ご了承のほどお願いいたします。

お問い合わせサポートセンター メールフォームでの対応になります。