税込8000円以上のお買い上げで送料無料

引き出し付き収納ベッドはタンスの引き出しではありません。

収納ベッド引き出し付きは2種類あります
引き出しが付いている収納ベッドには「」引き出し付き収納ベッドとチェストベッドの2種類があります。引き出し付き、その反対側はフリー収納スペースと、見た目も収納機能も同じように思えますが、機能が違います。

引き出し付き収納ベッドはベッド下のフレームに引き出しを置いたタイプ
チェストベッドはタンスであるローチェストをベッドに組み込んだベッドです。
タンスですから引き出しはBOX構造で、通常のタンスと同じく開けっ放しにしない限りホコリや湿気の心配はありません

引き出し付き収納ベッドの引き出しはBOX構造ではありませんから、ベッドの下の空間から入る室内のホコリや湿気をブロックできません。

引き出し付収納ベッドのメリットとデメリット
引き出し付き収納ベッド
収納ベッドでお買上げの中心はこれ、「引出し付き収納ベッド」です。
ベッドの下の右半分に引出し、左半分がフリースペースというベッドです。
引き出しの位置は左右どちらでも可能です。


上の画像で「360°見てみよう」で示されていますが、引き出しの反対側のサイドフレーム下、ヘッドボードの下は空間です。つまり、4本脚付きベッドと同じで、ベッドの下は基本的に空間でそこに引き出しを置いた形のベッドです。ただしベッドの床板を支えるためベッドの空間を4分割するように仕切り板で区切られています。

価格的にリーズナブルでスタイリッシュなデザインも多く、大量収納でお部屋がすっきり、というメリットがあるのですがデメリットになる分もあります。
引出し付き収納ベッドのメリットとデメリットを整理しました。

引出し付き収納ベッドのメリット
引出し付き収納ベッドは、寝室にあったほうがいいもの、だけど散らかすのはイヤというものをすっきり収納できます。

引出しは通常2ハイまたは3杯です。種類別に分けて必要な引出しだけの開け閉めで用が足ります。
毎日取り出したり入れたりするものがベッド下の引き出しで間に合う、これはありがたいですよね。

クローゼットもいっぱいで部屋の隅に置いたままになっているような衣装箱、トランクなどかさばる物が入ります。

引出し付き収納ベッドのデメリット、

引出しにフタ・囲いがないのでベッド下のホコリ・湿気がが引出しにたまりやすくなります。

フリー収納スペースに床板を支えるための仕切りが入ります。このため長物の収納ができません。

肌着下着は別の家具がある、本やCD、DVDや子供のおもちゃなんかが収納できればいい場合はこれでOKです。



4脚付きベッドも例外ではないのですが、それ以外のベッドではベッドの弱点である「湿気」に少しご注意いただきたいのです。床下に収納機能を持つベッドは収納物で空気の流れ、湿気の拡散が滞ります。
通常のご使用状態ですぐ湿気る、カビが生えるというものではありませんが、ベッドはもともと湿気の少ないヨーロッパのもの。年中敷きっぱなしは高温多湿の日本では温かい季節や梅雨時は特に注意が必要です。

好きで購入したベッドを長持ちさせるための、ベッド(マットレス)を湿気、カビから守る方法です。

湿気とカビからマットレスを守るために

湿気をとばし、カビを生えさせないためにはできれば週に一度、お掃除のときにマットレスをたてかけて陽に当てる、風を通すようにしてください。曇りや雨で窓を開けられない日でも立てかけておくだけでも違います。

たいてい場合すでに文明の利器エアコンや除湿器などが使える環境にあるかと思います。
エアコンの吸湿モードまたは除湿器を活用しましょう。
エアコンや除湿器がないときは扇風機をかけるのも効果ありです
また、マットレスと床板の間に吸湿マットを敷いておくという方法もあります。

フロアベッドの湿気をとりカビを生えさせないためには
・できれば週一マットレスをたてかけて風を通す
・エアコンの除湿モードを利用する
・扇風機で風をあてる
・マットレスと床板の間に除湿シートを敷く
・マットレスの表と裏をときどき変える

どんなに高価なベッドでもマットレスと床板の接面は「要注意ゾーン」です。
すのこだから100%安心ということではありません、すのこ板にカビが生えた話もよくあります。
「マットレスに風を通す」ことをお忘れなく。

引き出し収納付きベッドサイズ別

収納ベッドマットレス付き(シングル価格:万円台~)

カジュアルな引き出し付き女子ベッド

収納付きベッドサイズ・価格別まとめ

収納ベッドについてのご参考記事【CONTENTS】

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

お問い合わせ

ご来店ありがとうございます。長くご愛用いただくためご不明な点はご質問ください。
各商品については商品ページ、カートの下「◎この商品について質問する」から、 それ以外のご質問は対象商品掲載ページのURLをコピペしてご質問を送信してください。

ご質問内容・商品詳細を確認して原則、翌日までにはご返事するようにしています。
電話対応はございません。ご了承のほどお願いいたします。

お問い合わせサポートセンター メールフォームでの対応になります。