• トップ >
  • 「収納ベッドセミダブル3万円4万円」の商品一覧

本当にセミダブル収納ベッドが3万円から4万円台ですか??

3万円4万円台の収納ベッドセミダブル
セミダブルサイズ収納ベッドが3万円台からと激安!

衣類以外は何でもベッド下に収納してください!
ひとり寝には贅沢な余裕の広さのセミダブルです。

「収納ベッドセミダブル3万円4万円」の商品一覧

全50件中 1~20件表示中

全50件中 1~20件表示中

セミダブルベッドは・・・

セミダブルサイズのご確認から


セミダブルは平均120cmの幅になります。シングルよりおよそ20cm広くなりますが、実際はずいぶん広くゆったり感じます。ゆっくり眠りたいからセミダブルを選ばれるケースも多いようです。

セミダブルベッドは激安ベッドぞろい、マットレスもセットで25000円、29000円ぐらいから。
シングルの予定でもセミダブルでこの価格ならセミダブルにしようということもあるようです。
お部屋の都合もございますが、ゆったり眠れるセミダブルサイズがおすすめです。
ローベッドセミダブル
一人で使うベッドとして120cm幅はゆったりですがお二人でお使いになるには狭すぎるでしょう。
「ダブル」という文字で2人用ベッドかと思われそうですがお二人用のベッドとしては少なくともダブルサイズまたはクイーンサイズをおすすめしております。
セミダブルベッドは一人用のゆったりベッドです。

セミダブルベッドの幅120cmということはひとり60cmの幅。セミダブルを2人でお使いになるなら直立不動姿勢で肩をすぼめて寝るか、ぴったりくっついて寝るかしかできません。1晩2晩だけなら何とかなりますが2人のベッドにセミダブルサイズは狭いですよ。

低価格セミダブルは落とし込みタイプで、フレーム内に床板を敷いてマットレスを置くタイプで照明なし
になります。ミドルクラスのセミダブルはフレーム内にすのこを敷いてマットレスを置くタイプで照明付きが多くなります。
ご予算に応じていろんなデザインのセミダブルからお好みの1台を見つけてください

6畳の部屋ですか?参考レイアウトです。

ワンルームにセミダブルを配置する基本的レイアウト
1K・ワンルーム・6畳寝室にセミダブルを配置する基本レイアウトの3パターンです。
広くはない6畳一間もベッドや家具の配置によってゆったり感が作れます。
そのポイントは
・ドアからベランダへの動線を広く開ける
・窓を家具で塞がない
・なるべく片方の壁にベッドと家具をまとめる

この3ポイントを抑えて配置すれば「狭い部屋」ではなくなります。
セミダブルベッド配置図セミダブルベッドレイアウト図><img src=
セミダブルベッドレイアウト-1
 ローベッドセミダブル

左はオーソドックスな配置の一つですね。ベランダに抜ける動線が大きくまっすぐで6畳の狭さも感じさせないレイアウト例。ベッドの反対側の壁に背に低いローボードやローチェストがいいですね。
大きめの家具、コートハンガー、上着を掛けておくパイプハンバーなどは入口左の壁に沿わせて配置すれば入口から視界を遮る物のない広がりと奥行きのある部屋になります。
6畳の部屋とセミダブルベッド、同じ縮尺での間取り図です。
一人暮らしの部屋に一人用のコンパクトなソファはあまり必要ないと思いますが、セミシングルベッドなら6畳でも余裕ですからソファーがあってもいいですね。

右側の壁に1メートルほど窓から離して最低限の家具としてテレビ(台)と小さなタンスを入れておりますが、実際にはほかの家具もありますのでもっと狭くなりますがシングル・セミダブルベッドはまだ余裕があります。休日の天気のいい日にまったりしたいときは窓際の開けておいたスペースにソファーなど持ってきてのんびりできます。

収納家具の幅はいわゆるタンスはほぼ45cmの幅(奥行)です。
整理ダンスなどは30cmの奥行から40cmぐらいでいろいろ。間取り図内の家具は30cmぐらいの奥行の家具として配置しています。


セミダブルベッド(120cm×215cm)を壁につけた配置ですとベッドの横に150cmのアキ、ベッドのフットから壁の間に145cmのアキができます。もしもベッドと家具とソファーも置きたいときはこんな感じでいかがでしょうか。
ベッド側の家具菜背が高くても視界に入らず圧迫感はありませんが、右の壁の家具はローチェストなどの低い家具がいいです。できれば家具の奥行幅と高さを揃えるとかなりすっきりです。


セミダブルベッドレイアウト-2
窓は遮らない配置が基本ですが、どこかに広い場所を開けたいとか、窓越しの陽射しを全面に受けて目覚めたいなどのご希望の場合はこのレイアウトも許容範囲ですね。
ローベッドセミダブル
標準サイズ215cmのベッドのと壁の間は55cmの広さがあります。
これだけのアキがあればベランダへの動線も問題なし。
窓際に大きなベッドを寄せると。ドアからベッドまで240cmもの広い空間があって、横も家具で50cmとったとしても220cmの幅です。
セミダブルベッド配置図>6畳にセミダブルを置く実寸での縮尺間取り図です</div><div style=何も置かない(図では小さなテーブルがあります)240cm×220cmの空間、
部屋を広く見せる効果が大きいです。大きな家具は入口ドアの右の壁に寄せておけば視界的にも邪魔にならず部屋の狭さは感じません。

240cm×220cmの空間がうれしいですね、
友達呼んでもテーブル囲んで4・5人は大丈夫、狭苦しさはありませんね。

セミダブルベッドレイアウト-3
ベッドも家具もすべて片方の壁側にまとめるレイアウトの例です。
ローベッドセミダブル
テレビやDVD見るのにこれだけは横にあったほうがいいのかな、とテレビ台一つだけ右の壁に配置してみました。
パースではイメージしかわかりませんが下の図で寸法をご確認ください。入口からベランダ窓まで360cm×150cmの広さの大きな空間ができます。部屋の右半分を自由に使うレイアウトです。
間取り図で見るとこうなります
部屋の入口から窓まで150cm幅の空間が延びて、ほんとにこれが6畳かと思うほどの解放感、広がりのあるレイアウトです。

もちろん大きめの家具は入り口横、少し大きいのはベッドの足元に固めます、
引き出し収納付きの家具では引き出しの幅×引き出しの奥行の2/3ぐらいの場所がないと出し入れが面倒です。引き出し付き家具の前は引き出しの出し入れでほかの家具が置けなくなりますことご留意ください。

セミダブルは一人で使うベッドということでセミシングルやシングルと同じく壁に着ける配置としています。
ダブルベッドやクイーンベッドは二人のベッドで、通常ベッドの両側からベッドに入る、ベッドから出る動作ができる配置を考えてのレイアウトになります。

ご確認ください、引き出し付き収納ベッドとチェストベッドの違い

ベッドについてのご相談などで引き出し収納ベッドを買ったけど服が湿気る、などのお悩みをいくつか見かけました。どこぞの通販ショップが充分な説明をせずに販売したのかもしれません。またお客様がその説明を見落とされたのかもしれません。

チェストベッドと引出し付き収納ベッドは外見はそっくりですが、引き出しの機能に大きな違いがあり、ベッドの構造も全くちがいます。
簡単に書けば、チェストベッドは完成品の横長タンス(ローチェスト)をベッドにくみこんだもの。ダンスなので引き出しにホコリや湿気が溜まりにくい構造です。

一方引き出し収納付きベッドはベッド下に引き出しの箱を置いたもの。タンスみたいに引き出しを囲う構造ではないのでベッド下のホコリ、マットレスからの湿気がベッド下の引き出しに溜まり易くなります。

チェストベッドと引出し付き収納ベッドの構造の違い、わかりやすい画像があります。
左側が引出し付き収納ベッドの平均的な構造、右がチェストベッドです。マットレスをのせる天板を敷いてしまえば構造はわかりませんが、こうしてみるとよくお分かり頂けると思います。


引出し付き収納ベッドはベッド下に床板をのせるための仕切りがあります。その仕切りに引出しを差し込んで収納にするのですが、引出しは横も上も囲われていません。また、左右どちらでも引出しをセットできるようにするためにサイドフレームの下はポッカリ空いています。つまり部屋のホコリはベッド下に自由に入り込み、、ベッドの下のホコリは遠慮なく引出しに入ってくるということになります。

もう一つは、天板お支える仕切りのためにベッド下が4分割されています。そこで問題なのがベッド下収納で「売り」になるはずの長物(カーペットやラグなど)収納ができないことになります。冬用、夏用とシーズン限定の長物の収納、どうすりゃいいの、ですよねえ。

チェストベッドはご覧のようにベッドの下はチェストとその横は大容量収納スペースです。季節の長物、カサ張るものもスポンと収まります。引出しを入れるためのフレームの空きが必要ないのでベッド下に部屋のホコリが入り込むことがありません。フレームの板と板をネジ止めするより板と構造物をネジ止めする方がしっかりします。
チェストだから ホコリも入らない、構造的にしっかりしてる、長物も問題なし、組み立ても超簡単
せっかくベッド下収納にしようかとお考えでしたら、チェストベッドがオススメです。
どこからでも埃が入りやすい          四方が囲まれていて埃が入りにくい

ベッド下に何をメインに収納したいかにより、引き出し収納付きベッドかチェストベッドか選んでください
一見同じに見えるチェストベッドと引出し付き収納ベッドです。どちらも同じ構造で同じ機能だと思って買った後で「しまった」にならないよう両者の違いをご説明しております。どちらにするかはベッド下の引き出しに何を収納したいかによります。

別に衣装ダンスはお持ちで本やDVD、おもちゃ、小物などの収納がメインになりそうな場合は引出し付き収納で問題ありません。
毎日着替える肌着、ランジェリー、お気に入りのシャツやブラウスなど、ホコリが入ると嫌な衣類などお収納したい場合はチェストベッドをおすすめします。

チェストベッドと引出し付き収納ベッドの違いのご説明は1段チェストベッドを例に引出し付き収納ベッドと比較しております。
チェストベッドには2段チェストベッドもありまして、引き出しが2段になったぶん、引出しの収容量が倍に、チェスト横の自由収納スペースも容積が倍になっています。ロフトベッドのミドルタイプ並みの大容量です。
特にワンルームでの一人暮らしの方にはこちらの大容量2段チェストベッドおおすすめしています。
一人暮らしの衣類、小物などはこのベッド1台の収納量で大丈夫です。

引き出し収納付きベッドサイズ別

収納ベッドマットレス付き(シングル価格:万円台~)

カジュアルな引き出し付き女子ベッド

収納付きベッドサイズ・価格別まとめ

収納ベッドについてのご参考記事【CONTENTS】

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

お問い合わせ

ご来店ありがとうございます。長くご愛用いただくためご不明な点はご質問ください。
各商品については商品ページ、カートの下「◎この商品について質問する」から、 それ以外のご質問は対象商品掲載ページのURLをコピペしてご質問を送信してください。

ご質問内容・商品詳細を確認して原則、翌日までにはご返事するようにしています。
電話対応はございません。ご了承のほどお願いいたします。

お問い合わせサポートセンター メールフォームでの対応になります。