一人暮らしに2段チェストベッドがいい!というワケ

ワンルーム一人暮らしのように一つの部屋ですべてをまかなうには収納ベッドがいい、
その理由は
・余分な家具を置く必要がない
・ベッドがコンパクトで部屋が広く使える
・ホコリ対策ベッドだから肌着、下着も安心
・カーペットや旅行カバンなども収納できる
一人暮らしのベッド一人暮らしのショートベッド一人暮らしのショートベッド
収納ベッドならホコリ対策、丈夫な造り、大量収納、コンパクトサイズの条件をクリアした2段チェストベッド、収納ベッド最強の案ルームベッドです。

収納ベッド、収納機能付きベッドは4種類ぐらいがあります。
それぞれ構造がことなり、それがそれぞれのメリットとデメリットになっています。

もうすでに戸建てや大型マンションで部屋数や大型家具が揃っているご家庭ではあまり関心がないかもしれませんが、ワンルーム一人暮らしではどのベッドにするかで部屋が広く使えるか物置部屋みたいになるか、ごみ屋敷みたいになるかが決まります。

まずは、収納ベッドの種類とその特徴、メリット、デメリットなどご覧ください
引き出し付き収納ベッド、跳ね上げ収納ベッドから

引出し付き収納ベッド
チェストベッド(1段チェストベッド)と似た外見で引き出しとフリースペースの収納ができますが構造が違います。ホコリが入りやすい構造で肌着下着、ランジェリーなどの収納にはむいていません。

引出し付き収納ベッドのメリット
引出し付き収納ベッドは、日常の物の出し入れは引き出しの開け閉めだけ。引出しは通常2ハイまたは3杯です。種類別に分けて必要な引出しだけの開け閉めで用が足ります。毎日取り出したり入れたりするものがベッド下の引き出しで間に合う、これはありがたいですよね。反対側はフリー収納に使えるスペースです。

引出し付き収納ベッドのデメリット
引出し付き収納ベッドは簡単に言うと引出しをベッド下に置くタイプ。引出しにフタがないのでベッド下のホコリが引出しにたまりやすいということに。ホコリは気になりますね。
あと半分のフリー収納スペースに床板を支えるための仕切りが入ります。このため長物の収納ができません。
下の画像でご確認ください。
肌着下着は別の家具がある、本やCD、DVDや子供のおもちゃなんかが収納できればいい場合はこれでOKです。


ベッド下全面に、とにかく何でも収納したい場合はこのベッドです。
物置・ロッカーがわりになりますが整理ダンスは別途必要になります

跳ね上げ収納ベッドのメリット 
跳ね上げ式収納ベッドは、ベッド下の空間をそのまま収納スペースとして使えること。 横1メートル(ベッド幅)、長さ2メートル、高さ30センチほどの大容量収納スペースを利用できます。カーペット・ラグの長いもの、たまにしか使わないトランク、カバンなどのかさ張る荷物も問題なしで余裕の収納量です。季節の服などもクリアボックスに分けてこの大空間に整列させることができます。

跳ね上げ式収納ベッドのデメリット、
跳ね上げ式は仕切りのない大きな箱に大小問わず収納することになりますので、小さなものを取り出す荷物の出し入れにその都度布団をのけて、マットレスを上げて、床板を上げなければなりません。大きなスペースひとつなので小物や下着・肌着タオル入れなどは別に家具が必要になります。
※開閉時手を挟まないようご注意が必要です

ではチェストベッドは??

2段チェストベッドはデメリットのない収納ベッドです!

セミシングルチェストベッド


コンパクトな180cmベッドでも大量収納が可能なベッドです。

チェストベッドはベッド下の収納にローチェスト(横長タンス)を組み込んだベッドです。
引き出しはタンスと同じBOX構造でホコリが入りにくい、湿気も入りにくい構造になっています。

上の二つの収納ベッドのデメリットがこのベッドにはありません。

2段チェストベッドは引き出しが2段のタンス(ローチェスト)を組み込んでいます。
浅い引き出し4杯と深い引き出し1杯の5杯の引き出しがほとんどです。
ベッドの構造は2段チェストとその反対側に仕切りのない長方形×ベッドの高さのフリー収納スペースがあります。

あれもこれも買い足して、洋服も脱ぎ散らかしたままではせっかくのチェストベッドも役には立てませんが、必要最少限の家具とお洋服ならワンルームの収納家具には2段チェストベッド一台で賄えます。

チェストベッドの特徴

工場組み立て完成品のローチェストを組み込むチェストベッド。
完成したBOX構造ローチェストは低い整理ダンス(ローチェスト・ベンチチェスト)をそのままベッドに組み込むので埃が入りにくい引出し収納です。

収納ベッドはほかにありますが「下着や肌着、ランジェリーもそのまま引き出しにどうぞ」とおすすめできるのはチェストベッドだけです。直接肌につけるデリケートな衣類も収納できるのがこのタイプです。

つまり、ほかの収納ベッドでは下着や肌着、ランジェリーなどの収納に別に余分な家具を買って置かなければならなくなります。チェストベッドならその必要はありません。浅深5杯のタンス付きです。

ベッドの反対側は広い収納スペースです。半年は使わない冬物カーペットや厚手のラグなどの長いもの、季節でいれかえる服の収納ケースやトランクなどのかさ張る物など、部屋の隅に置くしかなかった場所取り物の収納にお使いください。




一人暮らしに180cmマットレスのコンパクトベッドが好評!

コンパクトチェストベッドは多くの場合180cmマットレスを使います。
ベッドの長さも短くなりヘッドボードなしの180cmベッドがあり、ショートサイズマットレスに薄いヘッドボード付きの190cmベッドがあります。


お買い求めになる前に置きたい場所のタテヨコを計測してください。普通のベッドの長さは215cmです、180cmベッドでヘッドボードなしなら35cm、薄型ヘッドボード付きでも25cm短くなります。この短さがワンルームに効くんですね。

頭と壁の間に入る!窓の下にちょうど入る!ベランダに行くのに余裕ができた、など、ショートにしてよかったという声は多いです。180cm科190cmか、ちょうどいい長さのベッドをお選びください。


一人暮らしにおすすめのショートサイズコンパクトベッドはセミシングルとシングルがあります。
セミシングルはベッド幅が85cm、シングルは100cm。この幅の差はフリー収納の幅に影響します。
まだまだたくさん収納してい物がある場合はシングルがいいかもしれません。


2段チェストベッドのメリットのまとめ
・大型収納スペースにホコリが溜まりにくい
・引出しに埃が入らない
・引出しに湿気がたまりにくい
・肌着下着も安心して引出しに収納できる
・長物、かさばる物は大型収納スペースにまとめて収納できる
・一人暮らしの部屋はこのベッド1台で収納できる大量収納
・ベッドの強度が増します。
・組立てが簡単

大型収納スペースにホコリが溜まりにくい

引出し収納ベッドの場合はヘッドボードの下、引き出しの反対側が空間になっており部屋のホコリがたまりやすいです。
チェストベッドは四方がベッドフレームで囲われ、上にマットレスを載せる床板でフタ押しますので大きな収納空間も埃が入りにくい作りです。

引出しに埃が入らない
引出しに湿気がたまりにくい

完成品のチェストを組み込みますので引出しを開けっ放しにしない限りホコリが入り込む心配がありません。
マットレスの下がスノコなら湿気が収納スペースや引出しに溜まりやすいですが付か板を敷きますので湿気も大丈夫です
※ネットレスト床板の接面は湿気が溜まりやすくなりますので週に1・2度はマットレスを上げて風を通してください。

肌着下着も安心して引出しに収納できる

引出し収納ベッドや跳ね上げ収納ベッドではおすすめできない大切なポイント、それが肌着下着も安心して収納できること。
ベッド下にある物はいわゆるきちんと作られたタンスです。
ですから肌着・下着・タオル。ランジェリーなど直接肌に重ねる衣類なども安心して収納できます。

長物、かさばる物は大型収納スペースにまとめて収納できる

チェストの反対側はベッドの長さの大きな収納スペース。
仕切りがありませんので長尺物も収納できます。冬しかつかわないもの、夏しか使わないものやバッグ、トランクなどすっぽり収納できます。季節の衣類もクリアボックスに入れてこのスペースへ収納できます。

一人暮らしの部屋はこのベッド1台で収納できる大量収納

肌着や下着用に別の整理ダンスお買うひつようはありません、また、部屋の隅に立てかけておくしかなかった長物やかさ張る物、せっかくの部屋がダサくなるクリアケースなどもみ~んなベッドの下、一人暮らしの収納はこのベッド1台でおさまってしまうでしょう。

ベッドの強度が増します。組立てが簡単です

組立てが簡単。ベッドの強度が増すということ。工場で組み立てしたチェストとヘッドボードでお届けしますからサイドとフットのフレームを取り付けるだけです。占めるネジも10本前後ととても少なく、板と板ではなく構造物と板の接合でベッド強度も増します。
 
チェストベッドセミシングルのデメリット 

収納機能付きを買う予定ならチェストベッド!ワンルーム暮らしを始めるなら2段チェストベッドとおすすめしているくらいですのでデメリットらしきものが考えつきません。

あえて書くなら、2段チェストではベッドのマットレス面が50~55cmぐらいになること、そして
しっかり作ってあるのでちょっとだけお値段が高めになります・・・ぐらいです。

2段チェストベッドはシングル・セミシングルマットレス付きでほぼ5万円台。
フロアベッドや引き出し付き収納ベッドが2万円台からというのを考えればやや高い?

いえいえ、機能の差、造りの違いはお値段以上です。

ローチェストと大型収納庫とベッドの3つをまとめて買ったようなのものです。
ワンルームの生活用品と生活道具、小物。すべてベッドの下に収納して、次にどうしても必要な家具があったら購入をお考えください。まずは「私の部屋に収納家具はベッドだけ」これでOKです。

2段チェスト収納ベッドは
・収納スペースにホコリが溜まりにくい
・引出しに埃が入らない
・引出しに湿気がたまりにくい
・肌着下着も安心して引出しに収納できる
・長物、かさばる物は大型収納スペースにまとめて収納できる
・一人暮らしの部屋はこのベッド1台で収納できる大量収納
・ベッドの強度が増します。
・組立てが簡単
今ワンルームで別のベッドをお使いの方、これから一人暮らしを始める方、収納ベッド最強の2段チェスト、狭い部屋を広く使うためのベッドは「2段チェストベッド」がおすすめです。

ワンルームベッドの決定版!2段チェストの収納ベッド

チェスト収納ベッドホワイトベッド

組立設置付きワンルームベッドのまとめ

コンパクト2段チェスト収納ベッド

CELLENAはベッド総合通販ショップです。お買い物がしやすいようにベッドの種類ごとに姉妹店としてショップを分割しています。

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

お問い合わせは

ご来店ありがとうございます。長くご愛用いただくためご不明な点はご質問ください。
各商品については商品ページ、カートの下「◎この商品について質問する」から、 それ以外のご質問は対象商品掲載ページのURLをコピペしてご質問を送信してください。

ご質問内容・商品詳細を確認して原則、翌日までにはご返事するようにしています。
電話対応はございません。ご了承のほどお願いいたします。

お問い合わせサポートセンター メールフォームでの対応になります。