税込8000円以上のお買い上げで送料無料

ジュエリーのモチーフには、どんな意味が込められているの?

女性が大好きなジュエリーですが、ジュエリーには様々なモチーフがあります。
女性に大人気のハートや定番のクロスモチーフ、またちょっと不気味ですが、
あの海賊の旗に用いられた、スカル(ドクロ)等のモチーフは男性にも人気です。
それではそれぞれ良く持ち入れられてきたモチーフにはいったいどのような意味があるのでしょうか?
ここで簡単にご説明しましょう。

■ハート

生命や愛情の象徴でモチーフとして最も人気のあるハートです。
「こころ」を表すハートは「生命」「幸福」「愛情」「幸福」を象徴し、「永遠の幸福」「恋愛の成就」
「幸せな結婚への願い」に効果があるといわれています。
ではなぜこころは♡のかたちなんでしょうか?
ここで新設をご紹介しましょう。世界初です。
心は本当は丸いのですね。そして心には感情や、本能、知性、理性の領域があるとされています。
左上に感情、右上に本能があり、左下に知性、右下に理性があるといわれています。
人は思春期を迎えると本能は異性を求め感情が膨らみます。すると下の領域の知性と理性がへこみます。これはパスカルの原理です。
で、自然、上部が膨らんで下部が引っ込んだ♡がたになっちゃうんですね。お判りでしょうか?これホント!

■ リボン

まさにその形・“結ぶ”動作から「絆・結びつき」を意味します 。
日本にも似たようなものがありそれは水引です。
水引は未開封であるという封印の意味や魔除けの意味、人と人を結び付けるという意味あいがあり、
水引結びは引けば引くほど強く結ばれるという意味があります。
ですが水引は、西洋のラッピングやリボンのように解く事を前提としたものとは意味合いがすこし異なるようです。

リボン結びの中で一番親しまれているのが、蝶が羽を開いたような形に結ぶ「ちょうちょ結び」。
日本伝統のしきたり「のし」でも、蝶結びは「何度あってもおめでたい」ということを意味する
幸福のシンボルとなっています。


■ クロス

キリスト教徒でならずとも誰でも知っている十字架は最も古くから使われているモチーフでしょう。
「三位一体(父と子と聖霊)」という意味を十字架にかかったイエスをあがめたキリスト教の象徴となっています。
身に着ける人に神秘の力を与え、災いから身を守ってくれるお守りモチーフとしても不動の人気です。
「地」「水」「火」「風」の4要素で構成される正十字・ギリシャ十字のクロスモチーフは、天と地の交流をあらわすことから、 生きる力の象徴とされています。
ホラー映画などでクロスをかざし真を退散させるシーンに象徴されるように魔をきり幸運を呼び込みます。

■ キー(鍵)・キーホール(鍵穴)

鍵にはカギと鍵穴があり、寸分も違わぬ凹凸により初めて家具を開けることができます。
それにあやかって、鍵と鍵穴を好きな人とペアで持つと、二人の愛が強固なものになるといわれています。
希望や可能性の扉を開くという意味から、ヨーロッパでは幸運のシンボルとして古い鍵を身につける習慣があったそうです。
その後、ラッキーアイテムとして鍵がモチーフになったアクセサリーや小物が人気となり、
また鍵と鍵穴をモチーフにしたアイテムを好きな人とペアで持つと、二人の愛が強固なものになるといわれています。


■ いかり

いかり(アンカー)は、海の上で船を止めておくために、鎖やロープを付けて海底へと沈めて漂流しないようにがっちりと固定させて使われます。
その錨の役割を形にしたモチーフには、「安定」「力」「希望」と言った意味あいが込められています。
どんな嵐でも、どんな強風でもしっかりと海底へ固定される錨と同じように、人生においてどんな困難に直面しても、
まっすぐに立ち向かう強さや勇気、ぶれない意志、人生の荒波から身を守るそんな強い力をモチーフに込めたいかりモチーフも人気のモチーフです。
そういえば昔見たアニメのポパイの腕にもいかりマークが掛かれていたような気が・・・蛇足です。



■ ティアドロップ

ティアドロップはティファニーを代表するデザイナー、エルサ・ペレッティ氏のコレクションで有名です。
ティファニーの象徴オープンハートをデザインしたペレッティ氏が、涙はジュエリーに姿をかえたら輝きにかわり、悲しみも克服できる、
という自身の経験から生みだしたデザインなそうな。
それとは別にしても、日本の宗教画、悲母観音(悲母観音)にみらっれるように、観音様が水瓶から浄水を落とし、
それによって赤ちゃんの命が与えられ、地上に降りていくような図からも、水が生命の元であり、これこそが慈愛なのですね。
まさに、昔の人たちが、乾いた大地に降る恵の雨を「神々が流す涙のしずく(=ティアドロップ)」と呼んでいたことと妻がるのです。
神々の涙は、地上に住む生物にとって、生きるエネルギーを与えてくれます。
涙は大きな歓びや感動をおぼえたときにも溢れるものです。悲しい涙は封じ込め、嬉しい涙だけをながしましょうね。


■ スカル(髑髏)

薄暗がりの理科室。あなたは一人で行けますか?骸骨の標本が踊り始めるかもしれませんよ。
スカル(髑髏)は、あらゆる象徴のなかでひときわ目をひきます。本物だったら誰しも腰を抜かしますが、ジュエリーになったらあら不思議?

昔は海賊の旗にも絵があれ武勇の所長でもあったどくろ・・・
そうなんです。昔は人間の魂の力は頭部に宿るという信念は広くいきわたっていた為、多くの文化において頭蓋骨や頭部は貴重な戦利品でしたのよ。
死を連想させるのではなく、生命や繁殖力の力強い源として[人生][復活][再生]を意味していたそうです。
頭骸骨は魂や来世に結び付けられ、宗教的な意味合いも強いモチーフです。男らしい象徴でもあるんですね。

■ フルール・ド・リス

フルール・ド・リスはアヤメ(アイリス)の花を様式化した意匠を指し、特に紋章の場合は政治的、王権的、芸術的、表象的、象徴的な意味をも持つと言われています。
三枚の剣状の3枚の花びらは「神」「創造」「王権」を表しています。
キリスト教徒にとっては、「三位一体」「聖母マリアの純潔」「大天使ガブリエル」を象徴しています。
政治的、王権的、芸術的、表象的、象徴的な意味を持っています。ジュエリーのモチーフにはキリスト教からの伝承されたモチーフが多く使われています。
ところで大天使ガブリエルは7大天使の内の一人ともいわれなすが、一般的には四大天使のひとりで、ルネッサンス初期の絵画では羽を生やした女性の姿で描かれています。
この後の時代では力強い男性の姿で描かれるようにもなりましたが、今でも、どちらかといえば女性のイメージが強いかもしれません。
ガブリエルという名前には「神はわたしのよりどころ」という意味があります。聖書の中では、神の意思を伝えるメッセンジャーとであるとされています。

■ 竜

竜は蛇やトカゲではありません。架空の動物です。良く最大のライバルを竜虎となぞらっれますが、虎は実在の動物であり竜は架空の動物です。
西洋ではライオンが百獣の王ですが、東洋では虎です。虎に対比できるのはもはや東洋には存在せずとなれば竜に頼るしかありませんね。
ということで竜は強さの象徴であり「生命の息吹」を表し「幸運の象徴」とされ、天空の神々や支配者たちとも結びつけられています。
竜に似たものは、世界中の神話や伝説に登場しているようです。「知恵」「力」「自然の想像力」ということですね。

カートに入れる

ジュエリーMnami カテゴリー

ダンシングストーン ダイヤモンド ダイヤモンド ダイヤモンド あこや真珠

ダンシングストーンカテゴリー

当ショップはダンシングストーン正規品取扱店です。
ダンシングストーン ダンシングストーン ダンシングストーン ダンシングストーン

豆知識

人気商品

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」