ダイヤモンドなどの宝石のお手入れ方法

指輪など毎日素肌に身に着けるジュエリーは、汗や皮脂などの汚れで結構汚れるものです。

ダイヤモンドなどの宝石の日常のお手入れ方法の基本は、「着けたら拭く」ことを習慣にして下さい。

下記にダイヤモンドなどの宝石の日常のお手入れ方法を紹介します。

 

 

●ダイヤモンド      

親油性が高く、「化粧品」・「ハンドクリーム」・「皮脂」などの油汚れが非常に付きやすく、

また静電気によるホコリが表面に付きやすいのが欠点といえます。

ダイヤモンドは中性洗剤を良く泡立てて洗う事と、すすぎをしっかりするように洗って下さい。

 

 

●ルビー・サファイア      

ダイヤモンドの次にモース硬度が高く熱や薬品にも強い為、比較的お手入れはしやすいです。

どうしても汚れが落ちない場合は、ぬるま湯で試すと汚れが落ちる場合もあります。

 

 

●エメラルド      

熱に弱いのが欠点です。エメラルドのお手入れはシリコンクロスを使い、軽く拭く程度にして、

あとは専門店に任せるのが一番です。

※エメラルドは洗剤での洗浄や超音波洗浄は絶対厳禁です。

 

 

●アメシスト・アクアマリン      

汚れがひどい場合はぬるま湯で試して下さい。

 

 

●プラチナ・ゴールド

ご使用後は、柔らかい布やセーム皮で乾拭きしてください。汚れがひどい場合は、中性洗剤を

ぬるま湯で薄めたものに浸します。柔らかい歯ブラシなどで軽くこすると、細かな部分も綺麗に

なります。最後に洗剤を洗い流して乾かしましょう。中空になっているものは中に水や洗剤が入る

ので、すすぎ、乾燥を十分に行ってください。

 

 

 

「着けたら拭く」を習慣にしていても、細かいデザインのダイヤモンドリングなどは汚れが

目立ってきます。そんな時は「中性洗剤」、「柔らかい歯ブラシ」、「洗面器」の3つを用意して、

下記の手順でお掃除してください。

 

 

1. 洗面器に水を入れ歯ブラシで宝石を優しく洗いましょう。

 指輪の裏側や側面は汚れがたまりやすいので念入りに優しく洗ってください。

 

     

2. 水だけで汚れが落ちない時は中性洗剤を「2~3滴」入れ、歯ブラシで優しく洗いましょう。

※エメラルドとオパールは中性洗剤を使うと色が抜け落ちる場合があるので使用しないで下さい。

 

   

3. 中性洗剤が残らないように綺麗な水でよくすすぎ、柔らかい布で素早く水分を拭き取れば終了です。

※ドライヤーで乾かす場合は熱くなり過ぎない様に注意して下さい。

 

 

宝石別お手入れ対応一覧

ぬるま湯 中性洗剤 歯ブラシ 乾拭き
ダイヤモンド
ルビー
パール × × × ×
ルビー
サファイア
エメラルド × × ×
ヒスイ
ガーネット
トパーズ
オパール × ×
ターコイズ × × ×
アメシスト
アクアマリン
タンザナイト
キャッツアイ



その他のダイヤネックレス&ペンダントは下記から特集ページへ

その他のダイヤモンドピアスは下記から特集ページへ


カートに入れる

商品検索

ダイヤモンドリング 通販

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
>> 詳しくは「配送について」

指輪・ネックレス・ピアスの発送について

ダイヤモンドリング・ネックレス・ピアスなどのダイヤモンドジュエリーは、一般的にご注文を受けてから職人の手で1つ1つ丁寧に製作しております。一部の即日発送商品を除いて、お届けまでに平均15~20営業日ほどお時間を頂いております。ご了承くださいませ。

指輪・ネックレス・ピアスの鑑定書・鑑別書について

ダイヤモンドの品質はカラット・カラー・クラリティ・カットの4つの評価基準「4C」で価値が決定します。それらを書面にしたのが「鑑定書」です。また、鑑定士が依頼にしたがって石を鑑別し、石の種類や天然か人工かといったことを書面にしたものが「鑑別書」です。ダイヤモンドジュエリーを購入検討する際に鑑定書や鑑別書が付いているものに越したことはありませんが、鑑定書や鑑別書が付いていないダイヤモンドジュエリーが粗悪で偽物のダイヤモンドという訳ではありませんので、どうぞご安心ください。当店では高品質でお求めやすいダイヤモンドを厳選して指輪・ネックレス・ピアスを製作・販売していることをお約束いたします。