金属アレルギーとは?

金属アレルギーとはアクセサリー等に使用される金属が、汗や体液などが原因でイオン化して溶け出し、

体内に入り込んだあとに、同じ金属に触れると拒絶反応を起こして、かぶれるという症状です。

金属アレルギーが一番起こりやすいのはピアスを初めて付けた時と言われています。

指輪の場合は指の表皮が厚いため、金属が体内に入りにくいのですが、ピアスは皮膚を貫いて、

皮下組織に直接金属が接触するために拒絶反応を起こしやすいのです。

 

 

体には本来は無い物質の侵入を拒否して、免疫反応を起こさせる機能が備わっています。体内の異物

が無意識のうちに体に認識され、記憶されることを感作といいますが、一度感作された金属アレルギー

は一生涯続くと言われています。

 

 

ただし、金属アレルギーは、誰にでもかかるというわけではありません。金属の種類や身に付けている人

の条件や体質で変わり、ニッケルやコバルトなどの金属が特に起こしやすく、チタンやステンレスは起こし

にくいとされています。汗の中の塩素イオンはニッケルを溶かす作用が強く、ニッケルアレルギーの人は

少量の汗でも皮膚炎を起こしてしまいます。また、身に付けている人の金属に触れる頻度と条件によって

も変わり、最初の接触によって感作が起こる場合もありますが、何回も接触を繰り返しているうちに感作

されることもあります。汗を多くかく夏に発症するケースや汗かきの人なども注意が必要です。

 

 

アクセサリーに使用される金属の多くは、複数の金属を混ぜ合わせた合金の上からメッキ加工を行いま
ますので、どの様な金属でも金属アレルギーを引き起こす可能性を持っていると言えるのです。

もし、気になるのであれば、皮膚科などで、アレルギー検査をしてみると良いでしょう。

金属アレルギーなどの接触性アレルギーはパッチテストで簡単に検査できます。検査薬を付けたシール

を背中や腕に貼って反応を調べます。検査薬は、金、銀、ニッケル、クロム、コバルトなどです。

検査費用も1000円以下で調べられるので、気になる方は一度受診してみるのもいいでしょう。

 

 

当店で販売しているダイヤモンドリングやピアスは、地金にプラチナ900や18金、シルバー925を使用し

ています。プラチナ、金、銀はチタンやステンレスの次に金属アレルギーになりにくい金属ですが、金属

アレルギーにかからない為には予防が大切です。検査で調べてアレルギーのある人はアレルギーの

金属を身に付けないことはもちろんですが、特にピアスは清潔さを保つことが重要です。また、デザイン

だけではなく自分の体に合ったピアスを認識して注意して選ぶように心掛けましょう。


カートに入れる

商品検索

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
>> 詳しくは「配送について」

ピアスの発送について

ダイヤモンドピアスは、ご注文を受けてから職人の手で1つ1つ丁寧に製作します。一部の即日発送商品を除いて、お届けまでに平均15~20営業日ほどお時間を頂いております。ご了承ください。

ピアスの鑑定書・鑑別書について

ダイヤモンドの品質はカラット・カラー・クラリティ・カットの4つの評価基準「4C」でダイヤモンドの品質と価値が決定します。それらを書面にしたのが「鑑定書」です。また、鑑定士が依頼にしたがって石を鑑別し、石の種類や天然か人工かといったことを書面にしたものが「鑑別書」です。ダイヤモンドのピアスを購入検討する際に鑑定書や鑑別書が付いているものに越したことはありませんが、鑑定書などが付いていないダイヤモンドピアスが粗悪で偽物のダイヤモンドという訳ではありませんので、どうぞご安心ください。当店では高品質でお求めやすいダイヤモンドピアスを厳選して販売していることをお約束いたします。鑑定書・鑑別書付きのダイヤモンドピアスも一部取り扱っておりますのでご希望の方は、サイドバーの「鑑定書・鑑別書付ピアス」からお選びください。