ルームランナー・トレッドミルの種類と選び方

ルームランナーとはトレッドミル・電動ウォーカー・ウォーキングマシンとも呼ばれ、屋内でウォーキング

 

やジョギングを行うためのフィットネスマシンのことです。電動ベルトの上をウォーキングやジョギング

 

することでカロリー消費量やスピード、時間、距離、心拍数などがメーターに表示される機能があります。

 

家庭用のルームランナーには使用目的に応じて速度が違い、ウォーキングからジョギング、ランニング、

 

リハビリ用、傾斜が付いたダイエット向きのルームランナーからスポーツジムなどに設置されるような

 

耐久性に優れた業務用のルームランナーまで様々あります。

 

ルームランナーは自宅で天候に左右されず、テレビや音楽を聴きながら楽しく運動が行えることで人気が

 

広がり、毎日継続して運動を行えば、筋肥大ほどの効果は期待できないものの、ダイエットや持久力向上

 

に役立つ有酸素運動として効果が認められ、愛用者も年々増えています。内臓脂肪を減らし、ダイエット

 

をはじめ、生活習慣病の予防・改善や持久力の向上に役立つトレーニングとして最適な健康器具です。

 

自分に合った最適なルームランナーを選んで、継続して運動してぜひダイエット効果を体感して下さい!!

 

 

 

<ルームランナーは機能と使用目的に応じて下記の5種類に分けることができます。>

 

●ウォーキング用

ウォーキング中心の有酸素運動によるダイエット効果を目的とする場合は

約0~6km程度の速度が出るルームランナーが適しています。

ウォーキング中心で使用するのであれば、走行ベルトの長さは

最低歩幅+10cm以上で、ベルト幅は30cm程度あればokです。

 

Newコンパクト電動ウォーカー He-30116

 

 

  

●ジョギング用

ジョッギング中心の有酸素運動によるダイエット効果を目的とする場合は

約10~12km程度の速度が出るルームランナーが適しています。

ジョギング中心で使用するのであれば、走行ベルトの長さは

100cm~110cm程度で、ベルト幅は35cm以上のものがおすすめです。

 

ALINCO(アルインコ) エクサフューチャービートスリムプロ AFW1312
 

 

 

●ランニング用

ランニング中心の有酸素運動によるダイエット効果を目的とする場合は

約16km程度の速度が出るルームランナーが適しています。

ランニング中心で使用するのであれば、走行ベルトの長さは

約120cmで、ベルト幅は40cm以上のものがおすすめです。

 

ALINCO(アルインコ) ルームランナー101 AFW1011
 

 

 

●ダイエット用

ダイエット・減量を目的としたルームランナーは、傾斜があると同じ時間で

2倍以上のカロリーを消費できることから傾斜機能付きのルームランナー

がおすすめです。

 

スライヴ おうちウォーク 坂のぼり FD-085

 

 

 

●リハビリ用

主に手術後の患者・病気療養の回復、高齢者の歩行訓練を目的とした

ルームランナーは、手すりに緊急非常停止ボタンの付いたものが安全

でおすすめです。また、ルームランナー本体の高さが低いタイプが乗り

降りがしやすく、手すりの高さを調整できるタイプがおすすめです。

 

ALINCO(アルインコ) フラットウォーカー3900 AF3900

 

 

 

 

 

また、ルームランナーの心拍計は大きく分けて3種類あります。

 

 

●イヤーセンサー式

耳に取り付けるタイプの心拍計です。取り付けが簡単で両腕を振っての効果的な

運動ができるといったメリットがありますが、コードが邪魔になったり数値の正確性

が劣るといったデメリットがあります。


 

●グリップセンサー式

ルームランナーのハンドルで微電流を流し心拍を測定するタイプです。
両手でしっかり握ると心拍数が表示されます。手軽で装着の煩わしさ

が無いのがメリットですが、ハンドルを両手で握るため歩きにくいとい

うデメリットがあります。

 

 

 

 

ALINCO(アルインコ) 電動ウォーカー3009 AFW3009

 

 

 

 

 

●ハートレートレシーバー式(トランスミッター)

チェストベルトを胸につけて電送で受信機に送信して心拍を測定するタイプです。

両腕を振っての効果的な運動に適しています。数値も他のものより正確性に優れ

ていることがメリットですが、ベルトの装着が面倒というデメリットがあります。

 

 

※上記の3種類以外の方法で手軽な心拍計として腕時計タイプなどの心拍計が

別売りで販売されています。

 

 

 

<ルームランナーの選び方>

 

●走行ベルト

 

また、ルームランナーを選ぶ際は走行ベルトの大きさも走りやすさと安全面から重要です。

 

走行ベルトのヨーロッパ(EU)基準は幅40cm×長さ120cmです。

 

走行ベルトは部屋のスペースを考慮した上で、基本的に大きいほどおすすめです。

 

快適な走行ベルトの大きさは、自分の歩幅を目安に決めることをおすすめします。

 

おすすめの走行ベルトの長さを知るには自分の歩幅+10cmを基準にして下さい。

 

・散歩歩行(2~4km/h)・・・身長×0.37+10(cm) 
・ウォーキング(4~6km/h)・・・身長×0.45+10(cm)  
・ジョギング(6~12km/h)・・・ 身長×0.6+10(cm) 
・ランニング(12km/h~)・・・身長×0.65+10(cm)

 

走行ベルトの幅は、理想は40cmですが、ウォーキングであれば30cm程度あればokです。

 

 

●クッション

 

家庭用ルームランナーにはウォーキングなど低速歩行用のものを除いては、走行板

 

の下に衝撃吸収ゴムのクッションが入っています。クッションはランニングの際にかかる

 

衝撃を和らげる効果があり、膝や腰への負担を軽減するため、普通の道路を走るより

 

ルームランナーの方が体に適しています。本格的な高級ルームランナーにはゴムの間

 

にジェルやエアーや特殊ゴムなどを入れてさらに衝撃吸収が優れたタイプや、サスペン

 

ションを使用したものまであります。床への衝撃が気になる方や、体への負担が気になる

 

方は特にクッション付きがおすすめです。

 

ただし、クッションが強すぎると推進力が失われるというデメリットがあるため、本格的に

 

ランニングなどしてトレーニングしている人にはあまりおすすめできません。

 

 

 

 

 

 ALINCO(アルインコ) ルームランナー101 AFW1011

 

 

 

 

 

 

●メーターパネル

 

ルームランナーのメーターには、基本的にカロリー消費量、スピード、時間、距離、心拍数

 

などが表示されます。傾斜機能付きのルームランナーは傾斜角度、プログラム内蔵タイプ

 

であればプログラム番号なども表示されたりします。

 

ルームランナーのメーターで大切なポイントは視認性と使い易さです。表示方式はLEDと

 

LCD(液晶)の2種類ありますが、LEDかバックライト付きのLCD(液晶)がおすすめです。

 


 

 

ALINCO(アルインコ) ビートスリム AFW1009

 

 

 

 

 

 

<ルームランナーの主なメリット>

 

●天候に左右されず運動ができる。

●テレビなどを見ながら楽しく運動できる。

●鏡を見ながら自分のフォームを確認できる。
●オーバーペースを防ぎ、同じ速度で走る訓練になる。
●小さな子供がいても運動ができる。

●手元に飲み物を置いて随時水分補給ができる。
●室内で運動するので交通事故の心配がない。



カートに入れる

商品検索

INFORMATION

当ショップのご挨拶

当ショップにお越し頂き誠に有難うございます。当店は売上1億円突破の人気エアロバイクのサイクルツイスタースリムをはじめ、ルームランナー、電動ウォーカー、エクササイズバイクといった家庭用フィットネスマシン・エクササイズバイクなどのダイエット器具・健康器具を激安&全品送料無料で販売している通販専門店です。人気のサイクルツイスタースリムは即日発送で最安値にチャレンジしています!ダイエットに挑戦中の方から生活習慣病の予防や改善、体力アップを目指す方におすすめできる商品を厳選して、できる限りの激安価格で応援します!!

税込8000円以上のお買い上げで送料無料

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
>> 詳しくは「配送について」