税込8000円以上のお買い上げで送料無料

DV防止法とは?

DV防止法とは、いわゆる「ドメスティック・バイオレンス(DV)」を規制する法律です。

 

DV防止法ができるまでは、DV行為は単なる暴行罪や傷害罪でしか取り締まりができなかったのですが、

 

DV行為は社会的にも深刻になり被害者に与える影響も大きいことから平成13年に施工されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

規制対象となる行為は「同居する配偶者や恋人による身体的・言葉や態度による精神的な暴力」により、

 

「生命又は身体に危害を及ぼし、または心身に有害な影響を及ぼす言動」がある場合が対象になります。

 

また、DV防止法の対象は、「同居してる・または過去に同居していた」必要があります。

 

DV防止法では、裁判所に対して「保護命令」の申し立てができ、加害者に対して6ヶ月間住居や勤務先

 

への接近を禁止したり、2か月間同居している住居から退去を命ずることができます。

 

そして保護命令に違反した場合は、「1年以下の懲役または100万円以下の罰金」が科せられます。

 

DVはまた、併せて暴行罪や傷害罪、脅迫罪、強姦罪、住居侵入罪などでも罰せられる可能性があり、

 

女性だけでなく男性も保護対象で適用されます。

 

 

<規制対象>

DV防止法の対象になる行為は下記に掲げる行為などです。

 

1. 身体的暴力: 殴る・蹴る・物を投げつける・刃物を突きつける・首を絞めるなど
2. 精神的暴力: 外出を禁止する・無視・人前で暴言、侮辱するなど
3. 性的暴力: 暴力的な性行為を強要する・中絶を強要するなど
4. 経済的暴力: 生活費を渡さない・仕事もさせないなど

5. 社会的暴力: 友人や実家などの付き合いを制限するなど

 

 

警察庁によると2014年に全国の警察が把握したDV被害は年間5万件以上で年々増加していて、

 

DVの被害者は女性が9割を占め、年代では20~40代の子育て世代の女性が大多数を占めています。

 

DVの被害を受けている場合は、早めに警察を始め、専門窓口で相談しましょう。

 

 

また、DVで離婚する際に「慰謝料請求」で重要になるのがDVを立証するための「証拠収集」です。

 

当ショップで販売中の「スパイカメラ」「盗撮・盗聴発見器」は証拠撮りにおすすめのアイテムですが、

 

一人で不安の方は、当ショップと提携の「原一探偵事務所」に一度ご相談してみることをお奨めします。

 

 

原一探偵事務所は抜群の経験と調査力で、調査実績40年、解決実績70,000件以上!を誇ります。

 

浮気・不倫調査からストーカー、DV、嫌がらせ、盗聴器発見まで安心料金設定でサポートします。

 

電話・メールでの相談は全国24時間・無料ですので初めての方でもどうぞご安心ください。




カートに入れる

商品検索

INFORMATION

スパイカメラ 盗撮カメラ 小型カメラ 隠しカメラ 最新 高画質 人気 おすすめ 安い 販売 通販

当ショップのご挨拶

当ショップにお越し頂き誠に有難うございます。当ショップは、小型隠しカメラの中でも最新・高画質の人気おすすめ「スパイダーズX」・「匠ブランド」のスパイカメラを専門に激安価格で販売している通販ショップです。人気のペン型カメラ・腕時計型カメラ・キーレスカメラなど豊富に取り揃えています。全国送料無料、商品発送時に外箱に商品名は記載しないなど、プライバシー・秘密厳守でスピーディにお届けしますのでご安心ください。

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
>> 詳しくは「配送について」