バタバタ走っちゃダメだってば!極厚2cmジョイントマットで防音対策



ジョイントマットでどんな音も消音できる?


防音にジョイントマット。
字面からジョイントマットは防音にオールマイティのような印象ですがそうではありません。
中には リスニングルームを造りたい、コルクマットを壁に張ってで防音になるか?というご質問がありました。残念ながら用途が違います。

一番多いのが「子供が走り回る音が気になる、この音が消えますか?」「階下から苦情がきた、ジョイントマットで床音が消せますか?」というもの。

結論から言うと カタン コトン カーン と床に高い音で響く音(軽い衝撃)はほとんど無くなります。おもちゃをばら撒いて遊んだり、おもちゃを床に叩いてみたり、落したりした時の「カンカン」や「ガタン」はかなり小さくなります。 


軽量衝撃音はジョイントマットで十分防音できます
重量衝撃音はジョイントマットでは50~70%減ホドの防音効果です。

幼児が部屋で飛び跳ねたり走りまわったりする「ドスン」 はコルクマット、ジョイントマットでもで消せません。
部屋で子供を走らせるにはベッドのマットレスをフロアに敷きつめるぐらいでないと無理です。 

ドスン(重量衝撃音)は半減??


おもちゃが落ちた音、化粧瓶が落ちた、食器が落ちた時の音(軽量衝撃音)は1cm厚のジョイントマットで十分ですが、子供の走り回る音などは「重量衝撃音」といわれるもので、まさに体重がかかった衝撃を伴う振動ですから、この重量衝撃音を消すには建物の床のコンクリートの厚さを変える方法でなければほとんど効果が出ません。

ジョイントマットの防音効果は軽い衝撃音対策だと思ってください。
厚手の畳敷き・床敷きよりは効果はありますが、重量衝撃音は完全に消すことはできません

衝撃はクッションで消すことは可能ですが重量に相応する厚みが必要です。
コルクマットやジョイントマットによる防音効果はEVAのクッションによる衝撃吸収ですが、体重がかかったような衝撃音を吸収するには薄すぎます。


カターン(軽量衝撃音)はなくなります


自宅でもコルクマットを部屋に敷いています
化粧品の並んだチェストからうっかり化粧瓶おとしたりすりと、小さなクリームの瓶でも「カーン」と大きな音なんです。
敷く前もあとも、うっかり落とすことはありますが、ジョイントマットを敷いたあと、音はほとんどしなくなりました。あ、しまった!と思っても「コン」 です。


これやってみてコルクマットの防音効果を実感しました!
コルクマット 激安、防音には大判45センチ ジョイント式コルクマット 激安、通販

コルクマット敷いてないとガターン!!と部屋中の大きな音!

コルクマット敷いていたら 小さく「コン」 、

同じ小さな化粧瓶でもこの音の差なんです。


ためしに二階の部屋で 落としてもらって、真下の部屋で音を聞くと、マット敷いてない音はけっこう大きいですね。なるほど・・ご相談の多い小さな子が部屋を走り回る音。
自分が階下に住んでいて、上の部屋に小さいお子さんがいたら、たまにばたばた走る音がしても「アラ今日はやけに元気ね」ぐらいで済みますが毎日毎日ばたばたドスンやられたら、悪気はないとはわかっていても・・・ですよね。

おすすめするジョイントマットで床音の消音にまずおすすめするのは極厚2cmジョイントマットEVA。これまでのジョイントマット、コルクマット
の厚さはみな1cmでした。極厚ジョイントマットはなんと倍の2cm。マットの防音性、クッション性が通常の商品よりもさらにアップ。

赤ちゃんがバタバタ走り回ったり、おもちゃを床に落したり、叩いて遊んでも、もう大きな音はしません。階下への気兼ねもなくなります。

とはいえ完全に音がしないとは申しません。
バタバタの音は小さくなっても衝撃音は消せません。

やっぱり敷いたほうがいい!防音マット。


お買い上げのお客様の口コミにもございますが、1cm厚のジョイントマットでも、幼児の走り回る音などを完全に防音することは出来ないけど、敷いたあとでは階下から苦情がなくなった、ケースが多いです。
極厚2cmのジョイントマットが出ました。1cm厚以上に、はるかに床音対策になります。
赤ちゃんが転倒すると必ず頭を打ちます。フロアが板のままだと大事になりやすいです。
床音対策、転倒衝撃軽減、ダニ発生抑制などジョイントマットを敷くメリットは大きいです。

どうにも苦情が止まらない、引越しするか防音工事するしかない
ちょっと待って、その前に、ジョイントマットで防音効果をお試しください、
パズルを組むようなジョイント式です。ご自分で簡単に敷けます。

赤ちゃんの安全と苦情を減らす
床音の防音には極厚20mmマット

ジョイントマット極厚2ミリ

EVAのジョイントマット2cm厚です。
木目調プリントのジョイントマットと柄のないカラーマットの二種類です。 
小さいお子様に部屋の中を走らないで、と言っても無理
転んでフロアに頭をぶつけても2cm厚なら大丈夫。
ばたばた走っても、おもちゃを投げて遊んでも2cmなら大丈夫!
ベッドなどから飛び降りたような振動は消せないですが軽い騒音は2cmジョイントマットが消してくれます。

床音の防音を第一に考えて選ぶマットにはコルクマット、ジョイントマット、静音マットがあります。敷きやすさ、価格の手ごろさ日常の掃除などの使いやすさから、おすすめするのは2cm厚のジョイントマットです。

カラーマットと木目マットがありますのでお部屋のイメージを壊すことなく、フローリングのマイナスポイントの硬い、冷たい、大きな音がする、を消してくれます。

そして何より効果的なのが20mm厚のEVA!
床音に関してのトラブル、お悩みはかなり多いですね。だけど他社商品も含め、このマットで音が消えた!というマットはありません。物理的に不可能というところでしょうか。でも床音を小さくすることはできています。10mmではまだ足りなかったのですよね。

10mm厚のジョイントマットと20mm厚のジョイントマットで、わざと踵で歩くイメージで試してみました。階下の方に「どうでした?」と聞くわけにはいかないですが、10
mmと20mmでは音が違います。10mmは床に重量がかかってる音、20mmでは音が軽いです。

ということは、階下に伝わる音がずいぶん小さくなるってこと!?
これなら今まで10ミリ厚マットでハラハラしていた奥様におすすめできます
(走って大丈夫ってことじゃありませんよ)

2cm極厚ジョイントマットは60cm角の大判サイズで敷き詰める作業時間も短縮できます。
保育園などでも多数ご利用いただいているようです。小さなお子様やペットの安全対策にも効果的です。


20mm厚ジョイントマットで大丈夫!・・・のはずですが、たまたま階下の奥様はいい方なんだけど、旦那様が神経質な方で相変わらずエレベーターで合っても仏頂面しているようでしたら、オクノテがあります。

20mm極厚ジョイントマットに防音ラグを重ねる二重防音!
窓だって二重サッシで遮音効果絶大!ジョイントマットに遮音効果のはっきりしている低反発ラグマット、高反発ラグマットを重ねて防音効果を高めてみましょう。

最新基準の遮音等級で最上級のΔLL(1)-6、ΔLL(1)-7、ΔLL(1)-8、という高評価になっています。
ΔLL(1)-6、ΔLL(1)-7って何です?

はい、ぜひこの下からご覧ください、見せかけだけではない遮音等級が証明する防音ラグマットです。

防音が最優先なら遮音効果の高い極厚ラグマット、新登場2層構造です!

防音には防音ラグマット2cm厚
防音には防音ラグマット2cm厚防音には防音ラグマット2cm厚
防音には防音ラグマット2cm厚
防音には防音ラグマット2cm厚
床音の防音、赤ちゃんの転倒事故防止ペットの怪我防止に極厚防音遮音マットをお勧めしています。
部屋の形に合わせて敷くにはジョイントマットが都合がいいかも知れません。正方形、長方形、円形で好みのサイズでよろしければ防音ラグマットでどうぞ。

ご案内するのは特許取得の「低反発マット+高反発マット」にフランネル表地のラグ、
低反発マットにフランネル表地のラグ、円形と角型です。

それぞれ個別にもご案内開いていますが床衝撃音測定実験でも
ΔLL(1)-6、ΔLL(1)-7、ΔLL(1)-8、という高評価になっています。

床暖房・ホットカーペットに対応、新製品は新メリットもたくさん!
低反発マット+高反発マットの2層構造ラグマットと、低反発1層のラグマットを揃えております。

集合住宅にお住まいなら床音を消す効果の高いマットを敷くのは必須、
これをやらないとトラブルのもとになりやすいです。極厚2層構造ラグマットをお試しください。


防音には防音ラグマット2cm厚

ロングセラーのコルクマット 30cm角と45cm角

ジョイントマット木目1㎝厚 30角と60角

ジョイントマットカラー1㎝厚 30角と60角

ジョイントマット木目2㎝厚手、大判60cm!

ジョイントマット20mm厚手、大判60cmカラー

低反発・高反発防音効果最高ランクのラグマット

人気の低反発防音ラグ「パフ」

マイクロファイバーラグ

カートに入れる

コルクマット防音マットの雑学

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」