騒音加害者にならないための防音マット選び

防音カーペット、コルクマット、EVAマット、低反発マット、低反発と高反発二層構造マットなど、フロアに敷く防音マットは種類がたくさんあります。

引っ越してきて一週間たたずのうちに階下からうるさいと苦情が来た、天井をトントンたたかれた、マンションの掲示板に注意書きが貼られたなど、うちが騒音の加害者か?と思ったら早めに防音マットを敷きましょう。

官舎や社宅など、近い関係者の住む集合住宅ではあまり大きな問題にはならないようですが
賃貸、分譲を問わず、接点のない人が住むマンションなどの集合住宅で床音の騒音トラブルが多いようです。
不思議なことに5階建て以下の建物ではトラブル件数は少なく、中層・高層でトラブル件数が多くなるとか。
低層住宅だと軒数も少なく、コミュニティとして顔なじみの関係になっており殻ではないかと言われます。
中層・高層になると上も下も隣もどんな人が住んでいるのか全く分からないという生活になるからでしょうか。

さて、床音騒音の加害者にならないための防音マット選びですが市販も防音マットにどんなものがあるかご存知でしょうか。

防音マットの種類
床音の防音のために敷くマット コルクマット EVAマット、防音ラグマット 防音タイルマット 防音シートなどがあります。

防音シートは
コルクマット EVAマット、防音ラグマット 防音タイルマットの防音効果を高めるために敷く薄いシートで、単独では防音の役目お果たせませんのでここではスルーします。薄いシートがお目当てでしたら「防音シート」で検索してみてください。

コルクマット‥‥基本クッション素材はEVAマットです。EVAマットに1mmほどのコルク層を貼り付けています
EVAマット‥‥・EVA樹脂のマットは硬質ウレタンのようなもので、クッション性もあり敷き詰める作業も容易です
防音ラグマット・低反発ウレタン、または低反発と高反発の二層構造で表地はパイルのラグマットです。
防音タイルマット・もともとは業務用フロア敷の商品でホテルや事業所の靴音を消すためのタイルマットです。

それぞれのマットをもう少し詳しくご説明します。

コルクマット
クッション素材はEVAマットに1mmほどのコルク層を貼り付けています
クッションや防音の役目をするEVAはエチレン酢酸ビニール樹脂。クッション・緩衝材・防護材・おもちゃ・床マット、サンダルなどの素材になります
硬さは発泡倍率により軟らかいものから固めのものまで用途によって加工できます。
ゴムと似た性質を持っていますが、耐候性に優れ、表面劣化を起こしにくいのが特徴。製品の用途にもよりますがコルクマットやEVAジョイントマットにEVAは充分な耐衝撃性がありクッション材として優れています。
どんな硬さか文字で説明が難しいですが一般の発砲スチロールぐらい・・・でしょうか。
人が乗ると少し凹み、離れると戻ります。

コルクマットはEVAマットの厚さ7mmに1mmのコルクを貼った30cm×30cmのものと
EVAマットの厚さ10mmに1mmのコルクを貼った45cm×45cmのものがあります。
通常の生活音の消音、赤ちゃんの転倒衝撃軽減、ペットの遊ぶスペースに敷くなど、フローロングの滑りと物音に対応できるマットです。

夏はベタつき、冬は冷たいフローリングも快適なフロアにできる経済的なマットです。

このコルクマットは、2009年販売開始からずっとお買い上げが多く、お客様からいただいた感想も多いんです。

EVAマット
防音・クッション素材はコルクマットのEVAと同じになります。
サイズが大判60cmサイズもあり、敷き詰めるには短時間で作業ができておすすめですが、なんといっても極厚20mmマットがあることがウリです。1cmの防音マットを敷いてみたけどまだ心配というケースも多いです。できればもう1枚重ねてみたいというご感想もありました。

2cmの厚さなら少々の物音は消えます。防音マットと名前の付いているマットでも厚さとクッション性が不足すると音は消えません。クッション性もあり2cmのEAVの厚さもあり、これから防音マットを敷くには第一のおすすめです。

製品としてはギザギザのジョイントマットになっています。
すべてが2cm厚ではありません、薄くていいというご希望には1cm厚もございます。
カラフルなカラーマットたいぷと、木目プリントタイプがあります。

コルクマットにしろ、ジョイントマットにしろ、お手入れが簡単で、使っているうちに傷んだ部分だけ取り換えが利くのがいいですね。

防音ラグ、防音カーペット
防音機能を持ったラグまたはカーペットですはラグかカーペットかの線引きが難しいですね。
専門的に掘り下げればいろいろあるんでしょうが一般には 全面に敷くのがカーペットで全面じゃないのがラグという程度の違いでしかありません。

イメージとしてはラグは中材入りが多く、カーペットはペタッとした織物のイメージですがデザインも広さもいろいろなので、ここでは面積の広いのもワンポイントで敷くのもラグで統一いたします。

ご紹介する防音ラグのみた感じはふっくらラグマットのイメージですが綿とかスポンジではなく、防音のための
高反発ウレタン、低反発ウレタン一層のもの、または低反発と高反発の二層構造です。

激安防音ラグ、中材7mmウレタンというものもありますが、ウレタンはウレタンでもスポンジのような柔らかいものは防音効果は期待できません。この手のラグはその上に載るとすぐに床の感触がします(底つき)。
防音には衝撃を受けて分散するには密度が必要なんですね。

防音効果ではなくおしゃれな敷物としてのお求めには問題ありません

好みの長さや好みの形にカットして使うことができないのが残念ですが目を見張るほどの防音性能のラグマットです。1cmぐらいの防音マットを敷いているけどまだ苦情が来るような場合、この防音ラグマットおお試しください。

マットの厚さも20mm、18mm、15mmなどがあります。
通常の防音マットでは防音等級がLL-45前後ですがこの防音ラグはLL-35相当のΔLL(1)-7です。
日常の生活音がしない、というレベルのΔLL(1)-7を計測した防音マットはザラにはありません。


防音タイルカーペット
上にも書きましたが、業務用フロア敷の防音タイルマットでホテルロビーや一般事業所ビルフロアに敷かれている靴音を消すためのタイルマットです。個人住宅用に消音タイルマットの名前でも販売されています。PVC(塩化ビニール)素材で厚さはおよそ10mm程、サイズは50cm×50cm、または90cm×90cmです。イメージとしてはゴムのマットの表面にパイルを貼ったような物。1枚あたりでも5キロ前後の重量があります。

防音等級がLL-45前後、厚さ10mmということなのでほぼ10mm前後の厚さのジョイントマットと同じぐらいの遮音性だと思われます。お子様の部屋の物音の遮音、走りまわる音の防音になるかについてはなんとも言えません。

マットを敷いてその上に重たいもの、
例えば家具、机、ベッドなどを載せる使い方をしたいなら防音タイルマットがいいようです。ピアノなんかの下に敷いて床への音の伝わりを軽減するのにもこのマットが使われます。EVAマットには重たいものは載せられません。
ジョイントマットコルク

【関連記事】

防音効果で選ぶ極厚2cmジョイントマットろ防音ラグ

防音効果がテストで実証された低反発高反発二層構造20mm極厚ラグマット
防音には防音ラグマット2cm厚
防音には防音ラグマット2cm厚防音には防音ラグマット2cm厚防音には防音ラグマット2cm厚防音には防音ラグマット2cm厚防音には防音ラグマット2cm厚防音には防音ラグマット2cm厚
お買い上げが多いのは低反発一層のラグです。小さなお子様がいないご家族ならこのラグだけで充分。
コルクマット・極厚ョイントマット・防音極厚ラグマット>
ご家庭の安全と健康に役立つ良品をお届けしています、MIMOZA HOUSEHOLD

ロングセラーのコルクマット 30cm角と45cm角

ジョイントマット木目1㎝厚 30角と60角

ジョイントマットカラー1㎝厚 30角と60角

ジョイントマット木目2㎝厚手、大判60cm!

ジョイントマット20mm厚手、大判60cmカラー

低反発・高反発防音効果最高ランクのラグマット

人気の低反発防音ラグ「パフ」

マイクロファイバーラグ

カートに入れる

コルクマット防音マットの雑学

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」