もう騒音トラブル当事者にならないためのマンションを選ぶには

マンションの騒音トラブルが増えていると別章で書きました。
マンションの構造もチェックしたほうがいい、スラブ圧もチェックしたほうがいいと書きました。
では 騒音問題が起こりやすいマンションのスラブ厚はどの位なんでしょうか? 


マンションの騒音問題に大きくかかわるスラブ厚とスラブ構造

実はマンションの騒音は、スラブの振動だけじゃなく、壁とかを伝わってきますよ。
真上、真下、横隣りが発信源とも限らない音の伝わりもあって、別の部屋のスピーカー音やピアノの音が天井や壁を伝わって聞こえるなんてことあるようで、騒音の仕組みは複雑です。

でも上階の 騒音が階下に伝わる伝わらないに大きくかかわるのがスラブ厚であると言えます。

一般にスラブ(床コンクリート壁)は厚いほうがいいと言いますが、必ずしもスラブの厚みと防音性が正比例しているとは限りません。


昔風のマンションは、梁を入れてスパンを小さく(間隔を狭く)してスラブを薄く設計しています。
いまどきのマンションは、フラットな高い天井にするためにスラブを厚くして、梁をなくしています。
振動や音を止める梁がなくなって騒音問題が出てきた、と言えるかもしれません。 
ですので、スラブが昔風のマンションより暑い200mmだからといって遮音効果絶大とは言い切れません。

防音のために床のスラブ厚を厚くした、これでは高層マンションは重さに耐えられないマンションになってしまいます。そこで最近多いのが中空スラブ(ボイドスラブ)構造のマンション。
マンショントラブル、防音、遮音対策


ボイドスラブのマンションが増えています


ボイドスラブとはコンクリートの床を中空構造にしてスラブを厚くして強度を持たせた床構造と思ってください。


基本的に梁をなくし広いスパンですっきりしたスペースを確保するための工法かと思われますが 単にスラブを厚くしたのではマンション全体の重量、強度、価格上昇に影響します、せっかくスラブを厚く床の強度を上げても、支える重さが上がり、柱の負担が大きくなって建物全体の強度が下がったのでは意味がありません。そこで、スラブの一部を空洞にしたというわけです。

建設会社により、中空管タイプ、球形タイプがありますが、共通するのはスラブ圧が厚いこと。
普通の180~200mm程度のスラブ圧にすべきところが250~300mmの中空スラブになっています。

マンショントラブル、防音対策
マンションの階を仕切るコンクリート床(天井)はスラブといい、空間のない「ベタスラブ」と空間のある「ボイドスラブ」があります。
床の造りはスラブに直接床を貼りつける「直貼り」とスラブの上にフロアを作る二重床があります。

スラブ厚が20から30に厚くなるなら 大歓迎!遮音効果絶大!と言えそうですが・・・必ずしも数字通りでもないんですね。

空洞があること、梁なしのワイドスパンになることから、逆にスラブの中の空間が共鳴して騒音問題のある物件になりやすいということも言えなくはないんです。
そこで最近のボイドスラブ仕様では、空洞に消音材・防音材が詰められているマンションも増えています。

スラブ厚と遮音性は比例する?

あるマンションでボイドスラブ工法、厚さ25cmのスラブだとしたら、普通のスラブに換算するとおよそ80%の18cm相当ということになります。
25cmのボイドスラブ工法ですから遮音効果の高い床なんです、とセールスマンが言っても、100%真に受けてはだめです。中空スラブで25cm厚ということは、空間のないベタスラブで18cm相当。スラブとしては薄い部類です。

うちのマンションはボイドスラブでその厚さは30cmです、ご安心ください。と言えば。通常のスラブでほぼ24cmに相当。これぐらいは欲しいスラブ厚ですね。

スラブの厚み、梁間のスラブ面積(スパンの広さ)、スラブの種類(単に空洞か、消音材詰め込みか)、遮音性を左右する、ポイントはここです。


ボイドスラブは300mm、普通のスラブは200mm以上


直貼り床か二重床かは一概にどちらが遮音性が良いとは言えませんが、通常のスラブなら20cm以上 、ボイドスラブならボイド部分に遮音材を詰めて、スラブ厚28cm以上で、二重床では、床下には遮音材を敷き詰めてある。これくらいの物件なら、遮音性はまず間違いないマンションだと言えます。


数年前まではボイドスラブ厚250mm、普通スラブ厚200mmは必要と言われていました。最近の標準厚は、ボイドスラブは300mm、普通のスラブは240mmというところでしょう。普通スラブ厚200mm以下で騒音苦情が多く 230mm以上から苦情が減少し、270mm以上でほとんど苦情が出ないという調査結果もあります。 


空洞部分に発泡系資材をつめたりして、ボイドスラブ25cm厚でも遮音性の高いマンションもあります。マンション内の騒音問題が多発する中、 遮音性能に工夫を凝らしているマンションも増えているようです。
マンショントラブル、防音対策



マンション、騒音。スラブの厚さと構造と防音効果のまとめ


マンションの高層化に伴う軽量化により床音騒音の苦情、階下とのトラブルが増えている傾向にあります。

これからマンションをお買いになるなら騒音問題でトラブる事のないよう、ベタスラブでしたら最低20cm厚以上。

ボイドスラブのマンションだったらボイドスラブ厚25cm前後以下は敬遠して30cm前後からを検討してください。

契約前に予定に部屋の上と下に入室して大股で歩いてもらったりして実際に上階や階下の音の大きさがどうなのか確認できればいいのですが、上下の部屋が売約済み、契約済みなら入室できませんね。ホントは空室でもそこまでやってくれるマンション屋さんは多分ないでしょう。


せめて販売担当者にしつこいくらい聞くことです。マンションのパンフレットに外観、室内、立地のほかに構造もきちんとわかりやすく、数字も入れている会社のマンションはわかりやすくていいですね、

目には見えない内部の構造までわかるようにしているマンションが建設会社も物件も安心できそう!

マンショントラブル、防音、遮音対策


・ベタスラブのスラブ厚は最低20cmから
・ボイドスラブのスラブ厚は最低30cmから
・ボイドスラブで30cm以下でものボイド(中空)部分に遮音材を詰めてある。
・二重床のフロアでは、床下に遮音材を敷き詰めてある。

これくらいの条件がクリアできるマンションをお探し下さい、
この条件をクリアしたマンションでも床音がゼロになることはないですがフローリングに防音マットを敷けば大きな衝撃音以外は大丈夫だと思います。


関連記事

マンションの騒音トラブル、階下からの苦情
マンションの騒音トラブル、構造スラブ厚もチェック

遮音構造マンションでも敷いたほうがいいです、防音マット!

生活雑貨、インテリア雑貨でお買い上げTOP、人気が衰えないコルクマット
カラフルなEVAクッションで防音と安全、極厚20mm
ジョイントマット
そして防音効果がテストで実証された低反発高反発二層構造20mm極厚ラグマット
階下への騒音の遮音、お子様の転倒事故防止に効果的な製品をご紹介しています。
ジョイントマットコルク
ジョイントマット極厚2ミリ
防音には防音ラグマット2cm厚
防音には防音ラグマット2cm厚防音には防音ラグマット2cm厚防音には防音ラグマット2cm厚防音には防音ラグマット2cm厚
コルクマット・極厚ョイントマット・防音極厚ラグマット>
ご家庭の安全と健康に役立つ良品をお届けしています、MIMOZA HOUSEHOLD

ロングセラーのコルクマット 30cm角と45cm角

ジョイントマット木目1㎝厚 30角と60角

ジョイントマットカラー1㎝厚 30角と60角

ジョイントマット木目2㎝厚手、大判60cm!

ジョイントマット20mm厚手、大判60cmカラー

低反発・高反発防音効果最高ランクのラグマット

人気の低反発防音ラグ「パフ」

マイクロファイバーラグ

カートに入れる

コルクマット防音マットの雑学

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」