収納ベッドのメリット、デメリット。収納ベッド3タイプの比較。

収納ベッドの種類とそれぞれのメリット、デメリットを比較

収納ベッドには3タイプあります。

寝室にあれこれ家具を置くと部屋が狭くなるからベッド下を収納にしたい。一番大きな面積を占める家具であるベッドを収納に利用するのが一番効率がいいんです。

収納量だけならロフトベッドがトップ、すのこベッドの下にクリアケースなどで収納お確保することもできますが、スタイリッシュじゃないから・・・。せっかくの自分の部屋、ご夫婦の寝室、すっきりカッコよくしたいですね。
ここでは収納ベッドと呼ばれるものについてご案内いたします。

収納ベッドは収納機能の違いによっては3タイプがあります。
マットレス跳ね上げ収納ベッド、引出し付き収納
ベッドチェスト組み込み収納ベッド

何を主に収納したいかによってベッドの選び方が違うと思いますので、3タイプのメリット、デメリットをご理解いただいて収納ベッド選びの参考にしてください。

まずそれぞれの特徴から
ガス圧跳ね上げ収納ベッド・・・大きな空間に自由に詰め込めます。長物かさばりものもメイン
引出し付き収納ベッド・・出し入れが楽な引出し付きとフリー収納スペース。長物が難しい。
チェスト組み込みベッド・ホコリが入らない引出しと長物かさばりものもOKのフリースペースがある。

ガス圧跳ね上げ収納ベッドのメリットとデメリット

跳ね上げ収納ベッドのメリット 
跳ね上げ式収納ベッドは、ベッド下の空間をそのまま収納スペースとして使えること。 
横1メートル(ベッド幅)、長さ2メートル、高さ30センチほどの大容量収納スペースを利用できます。

カーペット・ラグの長いもの、たまにしか使わないトランク、カバンなどのかさ張る荷物も問題なしで余裕の収納量です。季節の服などもクリアボックスに分けてこの大空間に整列させることができます。

マットレス、蒲団もそのまま、床板ごと持ち上げられるようガス圧ダンパーが装備されますので女性でも片手で簡単に開閉できます。とにかくいろいろベッド下に収納したいご希望にはこのベッドがおすすめ!

跳ね上げ式収納ベッドのデメリット
跳ね上げ式は仕切りのない大きな箱に大小問わず収納することになりますので、整理して入れておかないと後で取り出したいときが大変です。引き出し収納と違ってすぐに出し入れする収納家具が割にはなりません。毎日取り換える小物や下着・肌着タオル入れなどは別に家具が必要になります。

このタイプでの現在販売中のベッドはほとんど「ガス圧跳ね上げ式」になっていて、女性でも簡単に上げることはできますが、万が一ガスが切れたらかなり重たい、それに一両日中にすぐに交換は不可能です。

なんでも収納できるメリットが逆になんでも入れすぎてベッド下収納の整理がつかない状態になりやすいです。

引出し付き収納ベッドのメリットとデメリット

収納ベッドでお買上げの中心はこれ、「引出しタイプの収納ベッド」です。
ベッドの下の右半分に引出し、左半分がフリースペースというベッドです。
引き出しの位置は左右どちらでも可能です。

引出し付き収納ベッドのメリット
引出し付き収納ベッドは、日常の
物の出し入れは引き出しの開け閉めだけ、布団をのけて、マットレスを上げてという肉体労働はありません。

引出しは通常2ハイまたは3杯です。種類別に分けて必要な引出しだけの開け閉めで用が足ります。毎日取り出したり入れたりするものがベッド下の引き出しで間に合う、これはありがたいですよね。

引き出しの反対側はフリー収納スペースです。ベッドの床板までの高さでかさばる物の収納に利用できます。
季節ものは箱やプラ収納BOXに入れてベッド下のフリー収納に置けば、部屋もすっきり、生活感も消えるということに。

引き出しの幅(奥行)はどのサイズも同じなので、ベッドサイズが大きいほどフリー収納スペースも広くなります。
室内に家具をあれこれ置きたくない寝室などに収納ベッドがおすすめです。

引出し付き収納ベッドのデメリット、

引出し付き収納ベッドは簡単に言うと引出しをベッド下に置くタイプ。引出しにはフタ・囲いがないのでベッド下のホコリが引出しにたまりやすくなります。ホコリは気になりますね。

あと半分のフリー収納スペースに床板を支えるための仕切りが入ります。このため長物の収納ができません。
ベッドの下はこんな感じです。

この後のチェストベッドの場合はタンスタイプの引き出しですから肌着や下着もおすすめできますが、引き出し付き収納ベッドは下着・肌着はおすすめしにくいです。
肌着下着は別の家具がある、本やCD、DVDや子供のおもちゃなんかが収納できればいい場合はこれでOKです。

引き出し収納ベッドの一例です。デザイン豊富な収納ベッドショップもご覧ください
チェスト組み込みベッドのメリットとデメリット

工場完成品のローチェストを組み込むベッド、いわゆるチェストベッドです。工場で組み立てが完成したBOX構造ローチェストを組み込むベッドは低い整理ダンス(ローチェスト・ベンチチェストといわれる形)をそのままベッドに組み込むので埃が入りにくい引出し収納です。

タンスを組み込んでベッドのフレームとしても利用しますので構造的に頑丈になります。
またベッドの周囲はぐるりと隙間なく囲まれますのでベッドの横やヘッドボードの下から埃や湿気が入り込まない利点もあります。

収納は平均的に引き出し2杯または3杯とその反対側にフリー収納スペース。
構造的にベッド中央に仕切り板を必要とはしないので長方形×ベッドの高さですからカーペットなどの長いものも収納できます。

ワンルームの一人暮らしの方に人気のベッドは引き出しが2段、通常は浅い引き出し4杯と深い引き出し1杯の5杯の引き出しになります。収納家具にマットレスを載せたベッドと言ってもいいぐらいですね。

収納ベッドをご検討中ならチェストベッドがイチオシです。
チェストベッドのメリット

組立が複雑なタンスとヘッドボードは工場完成品でお届けします。タンス(ベンチチェスト・長ダンス)を組み込みますのでベッド全体の組立てが簡単。ベッドの強度が増すということ。それになにより、単独でも商品になる造りのチェストですから虫や埃が入らない。

ですから肌着・下着・タオル。ランジェリーなど直接肌に重ねる衣類な路も安心して収納できます。
またフリースペースに仕切りはありませんので長尺物も収納できます。
サイドフレームも床までですので、横から、ヘッドボードの下からホコリが入ってくることもありません。
 
チェストベッドのデメリット ・・・ありますかねえ??

他の家具ショップなどをみていますと無理にデメリットを書いているショップもあるようですがホコリが入らない引出しでシーツ、肌着、タオルなど毎日開け閉めしますから湿気の問題はありません。
それでもご心配なら、フリー収納スペースに乾燥剤など適量おいておかれたらどうでしょうか。

強いて書くなら、2段チェストではベッドのマットレス面が50~55cmぐらいになることです。
通常のベッドならおよそ40~45cmです。

でも、10センチ高くなることでチェストの収納量、フリースペースの収納量が大きく増えますので収納目的で2段チェストベッドをお選びになるには高さがメリットになるかと思います。

これから収納ベッド購入をお考えなら チェストベッド(タンス組み込みベッド)をおすすめします。
なお、チェストベッドには平均的なベッドの高さの1段チェストベッドと収納量倍増の2段チェストベッドがございます。ワンルーム暮らしなどの荷物の量でしたら2段チェストベッドで大部分収納できます。
収納力でベッドをお選びになりたいとき、ご参考にご覧ください、

人気の収納ベッドの一例です。収納ベッドショップでご案内しています。
2台並べるチェストベッドチェストベッドチェストベッドシングル2台並べのチェストベッド

チェストベッドのメリット最大限の2段収納ベッド

上の画像は大人の寝室向けチェスト収納ベッドになりますが、同じチェスト組み込み収納ベッドでワンルームの一人暮らしの方向けにデザインされているのがこちら、2段チェストの収納ベッド。ベッドサイズはセミシングルから。

ワンルームの一人暮らしの方のお買上げが多い2段収納なのでどのベッドもセミシングルからです。

2段チェストになりますので平均的なベッドのマットレス面より高くなり50~55cmほどのマットレス面になります。その高さの分、収納量も倍増。引き出し収納も2段5杯の引き出しになり、長いものもかさばる物も収納できるフリー収納スペースも深さが平均40cmぐらいと大容量になります。

埃や湿気に津酔うチェストをベッドに組み込みます。ワンルーム暮らしに最低限必要な肌着、下着も衣類はすべて収納できるほど。一人暮らし女子にはまず一番におすすめする収納ベッドです。


ワンルーム用ベッド最強の収納機能と収納容量。しっかりした造り。
一人部屋、ワンルームを広く使うための2段チェストベッドです。。
180cmショートマットレスの人気ベッド。ワンルームにはコンパクトで大量収納できるベッドがいい!

チェスト2段収納ベッドセミシングルチェスト付き収納ベッドセミシングル収納ベッドチェスト付き収納ベッドセミシングル2段収納ベッドセミシングル収納ベッドセミシングル収納ベッドセミシングル収納ベッド
多くのデザインのベッドがございます、お時間ございましたら是非ご覧ください。

大好評の組立設置サービス。ショートで部屋がを広くなる

組立設置付きベッド人気ランキング

チェストベッドについて知りたい

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

お問い合わせについて

ご来店ありがとうございます。長くご愛用いただくためご不明な点はご質問ください。
各商品については商品ページ、カートの下「◎この商品について質問する」から、 それ以外のご質問は対象商品掲載ページのURLをコピペしてご質問を送信してください。
ご質問内容・商品詳細を確認して原則、翌日までにはご返事するようにしています。
電話対応はございません。ご了承のほどお願いいたします。

お問い合わせサポートセンター メールフォームでの対応になります。