おすすめの非常食を販売しています。 非常食 最低でも3日分備蓄が必要

非常食 最低でも3日分、できれば1週間分準備しょう!


大規模な地震などの災害時には、物流が混乱して一時的な供給不足が予想されます。スーパーなどではインスタントラーメンやパン、缶詰など保存のできる食料品を中心に需要が集中して一時的に食料品が品薄状態や売り切れ状態になることがよくあります。

2011年3月の東日本大震災では、食料を調達できたのが地震発生後3日目以降という地域もあり、電気、ガス、水道などのライフラインの復旧にも一週間から10日以上かかった地域もありました。
また、大規模な災害の場合は道路の寸断や避難所不足、家族の体調不良などの場合、自宅での視野に入れておかなければなりません。
このようなことを考えると最低でも3日分、できれば一週間分の非常食は準備しておかなければならないことになります。

3日分とは具体的にどれ位?


まず3日分の食事をイメージしてみましょう。
一日3食ですから、一人当たり9食分が必要になってきます。
非常時だからと言って同じ物を食べるのは飽きてしまい、ただでさえも不安で心細い時間を過ごさなければならないわけですから、できるだけ日常に近い食事をしたいものです。

朝食:パン、昼食:麺類、夕食:ご飯と仮定して、準備してみました。
保存水:500mℓ×12本
缶詰のパン:3缶
ご飯:3パック
味噌汁:2パック
カップ麺:3個
レトルトカレー:1パック
缶詰:1缶
レトルト惣菜:1パック

これは、調理しなくても食べられる非常食です。
カップ麺とみそ汁は湯を注ぐタイプなので、この他にカセットコンロがあれば、もしガスが使えない状況でも温かいものを食べられます。

インスタントコーヒーなどもあれば、ホッと一息つくこともできます。

非常食安心セットをご紹介


とは言え、あれこれ買い集めるのは面倒という方のために非常食安心セットをご紹介します。
3日分の最低限になります。
これに、保存水をあと1~2ℓプラスすると良いでしょう。

商品内容は
●大観峯北アルプス5年保存水(500ml)×2
●K&Kかんぱん(氷砂糖入り)(110g)×2
●5年保存「生命のパンあんしん」(ココア2個入)(100g)×2
●アルファー安心米(梅がゆ)(42g)×2
●アルファー安心米(白がゆ)(41g)×1
●アルファー安心米(白飯)(100g)×1
●SSKカロリーOFFフルーツミックス(185g)×1
●SSKカロリーOFFみかん(185g)×1

加熱しなくても食べられるものですから、ガスが使えない状況でも食事ができますが、
余裕を持つためには、あと少しプラスしておくことをおススメします。

非常食安心セット/避難用グッズ 【12点】 保存水・かんぱん・白飯 他 化粧箱入り

非常食安心セット HKR-50

販売価格:  (税込)

2個ご購入いただくと送料無料でお届けします。

  • 出荷目安: 
  • 販売状況: 
  • お支払い方法: クレジットカードのみ

個数

カートに入れる

非常食/豆知識

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

1万円ゲット2