フロアベッドの選びかた。特有のデメリットを熟知することから始めましょう。

フロアベッドのメリットとデメリットを知る!

ベッド選びのポイント:ベッドを使い始めて、メリットが期待ほどではなくても多少我慢はできますが想像外のデメリットは我慢できなくなりますね。フロアベッドをご検討中でしたらフロアベッドのメリットと同様にデメリットもしっかり理解しておくと、失敗した・・・ということにはなりません。

CELLENAではローベッド、収納ベッド、スノコベッド、マットレスベッド、ロフトベッドなどを販売していますが、お買上げは圧倒的にローベッド・フロアベッドです。モダンなデザイン、都会的でスタイリッシュ、ローベッドはかっこいい、安く買えるベッドですが。ベッドの箱型フレームを床に置くタイプ特有のメリットとデメリットがあります。

お買い求めの際にご注意いただきたいこともあります。
買った後で後悔しないためにはデメリットを事前に知っておくことが大切です

ローベッドとフロアベッドは厳密には違うのですが、ローベッド=フロアベッドとして同類ベッドとして扱われまです。デザインの種類が多く、脚のあるなし、スノコのあるなしでは区別がつけられないのでローベッド=フロアベッドとしております
ここでいうローベッドは主にマットレス床置きタイプのフロアベッドです。
低くスタイリッシュで人気のベッドですがメリット・デメリット、両方ご理解いただいてご注文ください。

◆フロアベッドのメリット
●低い位置で寝るので部屋が広い空間になる
●スタイリッシュでかっこいい
●ベッド下にホコリが溜まらない
●万一ベッドから落ちてもダメージが少ない
●構造がシンプルで低価格のベッドが多い

◆フロアッドのデメリット
●床とマットレスの間に湿気が溜まりやすい
●収納スペースに利用できない
●ネジ留め組み立て式のシンプルなベッドで構造的に弱い
●シングルベッドでは隙間ができる


マットレスを載せる前のフロアベッド



◆フロアベッドのメリット
●低い位置で寝るので部屋が広い空間になる・・・・・天井の高さ、横の広がりが視覚的にかなり広く感じるようになります。通常のベッドだと床から45銭つ前後。ローベッドだと25センチ前後。20cm低くなるだけでこんなにゆとり感がちがうのかと驚くほどです。
●スタイリッシュでかっこいい・・・・・・・ベッドデザインとしてはローベッドがカッコイイですね。ほぼ同じデザインで脚付きベッドや収納ベッドがあったりしますが、ローベッドが一番サマになってる。都会暮らしのエスプリを感じます。

●ベッド下にホコリが溜まらない・・・・・フロアに直置きということで埃がベッド下に入り込む、気づかないうちにホコリがいっぱい溜まってたってことはありません。

●万一ベッドから落ちてもダメージが少ない・・・・ベッドから落ちるってこと、けっこう多いようですね。大人でも打ち所が悪いと危険ですが、小さいお子さんはなおさら危ない。ローベッドはほぼマットレスの厚さ。20~25cmです。危険な高さではありません。

●構造がシンプルで低価格・・・・極端な言い方をすればベッドを床に置いて板で囲んでヘッドボードを付けたのがフロアベッドです。脚を付ける・マットレスを乗せる構造ではありませんので製造工程も手間もかからず安上がりにできます。このおかげでシングルベッド、マットレス付き1万円台という低価格が実現しています。
(ベッドデザインや構造により、手間のかかった高価なベッドもあります。)


◆フロアベッドのデメリット

●床とマットレスの間に湿気が溜まりやすい・・・・ローベッド・フロアベッドの最大の弱点がこれです。極端なことを言えば、箱を床に置いて、その箱にマットレスを入れるということになりますので箱の中の空気が動かない、マットレスの湿気が抜けにくいことになります。お部屋の掃除ついでに週2回はマットレスに風を通してください。
よく使われている寝具用吸湿マットがあります

激安ベッドは上の画像のようにマットレスの下に床板を敷くタイプ、中級ベッドはスノコを敷くタイプになります。

●収納スペースに利用できない・・・・・生活空間の狭い日本独特の慣習(?)みたいなもので、ベッド下にクリアボックスなどで収納スペースに利用することが多いですが、ベッド下に収納できるスペースはありません。
どうしてもベッド下収納でなければいけない方はCELLENAの収納ベッドをご覧ください。

組み立て式なので構造的に弱い・・・・通販でお届けするベッドはお客様組み立てとなります。大人二人でおよそ30分もあれば十分かと思いますが、工場完成品のようなビクともしない品質ではありません。ネジの締め込みによる組み立てで、硬度な木工技術を駆使した高級家具のベッドの期待は過大すぎますが、常に動かす家具ではないので日常の使用には問題ありません。

関連記事をご案内します。
ベッド選びのポイント・形状編

フロアベッド特有の構造的デメリットとは

簡単にフロアベッドのメリットとデメリットをご紹介しました。

ベッドに限らず、どんな物品にもメリット、デメリットをはありますが、デメリットをあまり知らなかったことで「届いてみてがっかりした」「使い始めてがっかりした」ってことになりやすいですね。

まあ、しょうがないか、で済む程度ならいいのですが使うたびに こんなの買うんじゃなかったと思うのもつらい。
フロアベッドはほかのベッドとは違う独特の構造のベッドです。その独特の構造によるフロアベッド独特のデメリットを是非ご理解ください。

事前に知っていれば了解できることも、知らなかったからショック、ってことありますよね。

・フレームはマットレスを囲うだけ
・フレームの中にマットレスを置く
・床に板一枚でマットレス

これがフロアベッドの特徴です。

ここからフロアベッド特有ののデメリットが出てきます

・フレームが不安定
・マットレスとサイズが違い過ぎる
・湿気が心配


フロアベッドのフレームがグラグラで不安定

ほかのベッドはベッドフレームにマットレスを載せて使います。
ベッドフレームはヒトの体重とマットレスの多さを支える強度で作られます。

フロアベッドはヒトの体重もマットレスの重さもベッドフレームで支えることはありません。
マットレスをフロアに置いて寝るのと同じです。
フレームはマットレスを囲うだけ、これがフロアベッドのフレームの役目です。

重さを支える必要場ないので丈夫な造りにはなっていません。極端な例ですがヘッド、サイド、フット4枚の板を金具とネジで留めれば完成です。

コストカットのため本来は長い2メートルのサイドフレームを半分の1メートル×2枚で組立時につないでサイドフレームにしますので継ぎ目が余計にグラグラします。

先ほどの画像です。上二つのベッドが平均的な組立済のフロアベッドです。
それぞれのベッドのサイドフレームの中央に接合部の金属プレートがお分かりになると思います。

マットレスを入れてしまえばあまり気にならないかも知れませんが丈夫なフレームでなないことはご承知ください。



フロアベッドのフレームとマットレスサイズが違い過ぎる

フレームを組み立ててマットレスを置いてみるとベッドの両脇に3cmぐらいの隙間ができる、
このデメリットはシングルのフロアベッドで顕著です。セミダブルやダブルでは適度な隙間になっています。

フレームの中にマットレスを置くフロアベッド特有の、シングルフロアベッドのデメリットになるのがこの隙間です。

セミシングルは120cm幅、ダブルは140cm幅でほぼどのマットレスメーカーも同じサイズですが、シングルサイズマットレスには97cmと100cmの2サイズの幅があります。

フロアベッドシングルの多くは100cmマットレスでも問題ないように100cmマットレスに泡出た内寸(102cm~103cm)になっています。

このシングルベッドに97cm幅のマットレスがセットになっていますので、マットレスを置くと隙間ができるのは何で?ってことになります。

ベッドの場合、フレームメーカーとマットレスメーカーは別で、自社ベッドフレームに他社のマットレスを合わせることになります。97cm幅と100cm幅のどちらでも使えるようにとなれば100cmに適応する内寸にするのはしょうがないのでしょう。

100cmに合う内寸ならマットレスも100cmで揃えてくれれば問題ないのですが97cmが多いんです。97cm幅のマットレスを使うなら97cmに合う内寸のフレームにしなさい!ですよね。
フロアに板一枚でットレスで湿気は大丈夫?

フロアベッドの構造上気をつけていただきたいのは湿気です。
どのタイプのベッドでも、1万円ベッドでも50万の高級ベッドでも湿気に注意は必要ですが、フロアベッドはマットレスを床に置くタイプなので部屋の奥に敷きっぱなしは要注意です。


ベッド代わりにフロアにマットレスを置いて寝る方も多いかも知れませんがたいていはカビにやられてしまうでしょう。フロアに布団でもカビてしまったというのもよく聞く話です。

一晩に人は寝ている間に平均コップ一杯ほどの水分を放出しています。水分はマットレスの中を降りてマットレスとフロアの接面に溜まります。スノコのように板一枚の空間か高さがあればそこから水分が移動拡散できますが全面板ですと拡散は無理ですね。

フロアベッド以外でも床板は板一枚になっているベッドがあります。この場合はベッドの高さがありますからマットレスの横面からも水分が逃げていきますが、フロアベッドはマットレスの横面にはフレームの壁で塞き止められています。

気温が低い季節はいくらか安心ですが、日本の夏は気温が高く湿度も高いです。コップ一杯程度でも毎日溜まるわけですから床板一枚だけのフロアベッドは湿気に注意ベッドです。


湿気とカビからマットレスを守るために

ベッド文化のヨーロッパは大陸性気候で湿気は少なく、敷きっぱなしの寝具でも心配はなかったようですが日本は高温多湿の国、敷きっぱなしだとすぐに湿気る・かびることになるのでその都度畳んでしまう布団になっているんですね。

マットレスに溜まった湿気をとばし、カビを生えさせないためにはできれば週に一度、月に二度ぐらいはお掃除のときにマットレスをたてかけて陽に当てる、風を通すようにしてください。曇りや雨で窓を開けられない日でも立てかけておくだけでも違います。

たいてい場合すでにエアコンや除湿器などが使える環境にあるかと思います。
エアコンを吸湿モードにする、または除湿器を使うこともできますね。
エアコンや除湿器がないときは扇風機をかけるのも効果ありです。
また、マットレスと床板の間に吸湿マットを敷いておくという方法もあります。

フロアベッドの湿気をとりカビを生えさせないためには
・できれば週一マットレスをたてかけて風を通す
・エアコンの除湿モードを利用する
・扇風機で風をあてる
・マットレスと床板の間に除湿シートを敷く
・マットレスの表と裏をときどき変える


関連記事をご案内します。
ベッドの湿気対策まとめ

フロアベッド特有のデメリットを解消したすのこフロアベッド

フレームがグラグラで不安定

フレームとマットレスサイズが違い過ぎる

フロアに板一枚でットレスで湿気は大丈夫?

これらの3デメリットはフロアベッドの構造的特性にかかわるものでなかなか解決ができまでんでしたが、お客様のご意見、販売店の希望などを取り入れた「フロアベッドのデメリット解消ベッド」が出ました。

2018年に大ヒットしたすのこフロアベッドブリーズ、2019年には同じくすのこフロアベッド3シリーズが出ました。グラグラしにくい補強、97cmワンサイズで統一、床板は幅広空間のすのこ板。

これからフロアベッドをお求めになるならすのこベッドのデメリットを失くした「すのこフロアベッド」、これがおすすめです。

デメリットがを失くした?お値段も高めになった?

いえ、マットレス付きでも各サイズほぼボトムブライスです。


すのこフロアベッドご案内詳細ページから

フロアベッドは格安のワケ

フロアベッド以外のベッドはベッドのフレームがおやすみになる人の体重を支えなければなりません。当然、ベッドの造りも重さに耐える強度で設計されます。

フロアベッドは重さを支える強度が必要ありません。マットレスを床に置いてベッドフレームはマットレスを囲うだけの物、ベッドに要するパーツも少なく簡単な構造です。だから低価格でお届けできます。

マットレスを囲うだけのフレームでいい、これがフロアベッドの構造的メリットであり、デメリットになるんですね。

さらに、構造的に長い一本のパーツ、たとえば2メートルのサイドフレームであることも必要ないので2メートル1本ではなく1メートル2本を繋いでサイドフレームにします。

こうすることで輸送パッケージも小型になり大幅に運送料金を落とせます。
材料が少ない、パーツもコンパクトにできる、これでお客様にお安くお届けすることができることになります。

フロアベッドのウィークポイント

フロアベッドの簡単な構造をコンパクトなパッケージはメリットとデメリットの両面に関係してきます。メリットは格安にお届けできることですが、簡単な構造から「フレームが弱い」「湿気に弱い」というウィークポイントがあります。

フレームが弱い、クネクネする、については特に組み立てる時点でのご感想に多く、マットレスを置いてしまえばさほど気にならなくなります。上でご案内したように左右のサイドフレームをコの字型鋼線で繋いで固定する方法でクネクネは解消されます。


サイドフレームのクネクネグラグラを解決
左右のサイドフレームをコの字型鋼線で繋いでクネクネクラクショあンしないよう補強


フレームとマットレスのサイズが違い過ぎてガバガバ
フレームとマットレスのサイズが違いすぎてベッドの両脇に3cm程度の隙間ができる問題。シングルサイズだけではなくセミダブルやダブルも同様のご指摘がありました。

マットレスとフレームをジャストサイズ(1cmの違い)のセットにしました。ベッドの両脇は0.5cmのピッタリサイズです。


フロアに板を敷いただけで湿気は大丈夫なの?の問題
マットレスを載せる床板は板と板の隙間1cmほど空いただけで湿気の拡散できにくい仕様がほとんどでしたが、湿気に強い繊維合板を間隔をあけてスノコ状にした床板にしました。


スタイリッシュで安い!人気のフロアベッドもフロアベッド特有のデメリットの問題点がありましたが「難問解決シリーズベッド」ならすべてクリアできています。

これまでブリーズだけでしたが新たに棚・コンセント付きのヘッドボード、パネルヘッドボード、ヘッドレスの3タイプが加わり、選んでいただける幅が広がりました。

あれもいい、これもいいとは申しません。ベッドに隙間がなくサイドフレームもしっかりして、湿気対策のすのこ床板になったベッド、まずはこの、「難問解決フロアベッドシリーズ」からご覧ください。
フロアベッドの構造的欠点を失くしたすのこフロアベッド、高床すのこベッドです。
ここでご紹介するベッドはすべてフロアベッドのぐらつき、隙間、湿気対策で最新の改良改善ベッドです。フロアベッドでしたらこちらのベッドからご覧ください。

難問解決ベッドですがお値段は格安・激安です。

床上10cm高床ローベッド
  • すのこフロアベッド照明付き
    すのこローベッドLED照明付き。床上10cmの高床ローベッドです。おすすめのポイントは高床式のすのこと、サイドフレームのぐらつきを留めるこの字ワイヤーでの連結固定。これで組み立て中もお使いになってからも安心のすのこベッドになりました。ブラックとホワイト
  • すのこフロアベッド、高床すのこヘッド
    すのこローベッド。フロアベッドよリ10cmほど高くなるスノコローベッド。サイドフレームを連結固定でグラグラもありません。販売者として100%安心してお届けできるベッドです。お客様は200%安心して到着をお待ちください。改良を重ねても格安です。ナチュラルとブラウン

カビないすのこフロアベッド
  • かびないすのこフロアベッド
    ベッド本体と同じメラミン樹脂加工のすのこを採用。カビないすのこフロアベッド。フロアベッドで気になる板一枚で湿気対策は大丈夫?の心配がなくなりました。フレームのぐらつきを留めるこの字ワイヤーでの連結固定。フレームとメットレスはピッタリサイズです。
  • かびないすのこフロアベッド
    カビないすのこフロアベッド。3デザインの一つ棚付き、コンセント付きヘッドボードのノーマルなベッドスタイル。リンク先はカビないすのこフロアベッド一覧です、ほかのデザインと一緒になっています。
  • かびないすのこフロアベッド
    カビないすのこフロアベッド。3デザインの一つ、最もシンプルなヘッドレスタイプ。コンセントはありません。リンク先はカビないすのこフロアベッド一覧です、ほかのデザインと一緒になっています。
  • かびないすのこフロアベッド
    カビないすのこフロアベッド。3デザインの一つ、フラットなぺネルのヘッド。コンセントはありません。リンク先はカビないすのこフロアベッド一覧です、ほかのデザインと一緒になっています。

難問解決フロアベッド 床板がすのこです。
  • すのこフロアベッドヘッドボード付き
    フロアベッドの構造的難問を解決しました。床板をすのこ板に、サイドフレームをコの字ワイヤーで固定、ベッドフレームとマットレスはすべてピッタリサイズのセットで選んでいただけるすのこフロアベッド。ベッドの両脇に隙間ができてガバガバな感じはありません。ナチュラルとブラウン。同じデザインの「カビないすのこベッド」も一覧に含まれます。
  • すのこフロアベッドヘッドフラットパネル
    フロアベッドの難問を解決したすのこフロアベッドのパネルヘッドタイプです。床板をすのこ板に、サイドフレームをコの字ワイヤーで固定、ベッドフレームとマットレスはすべてピッタリサイズのセットですベッドの両脇に隙間ができてガバガバな感じはありません。ナチュラルとブラウン。同じデザインの「カビないすのこベッド」も一覧に含まれます。
  • すのこフロアベッドヘッドレス
    フロアベッドの難問を解決したすのこフロアベッドのヘッドレスデザインです。床板をすのこ板に、サイドフレームを固定、フレームとマットレスはピッタリサイズ。両脇の隙間はありません。改良を重ねても激安です。ナチュラルとブラウン。同じデザインの「カビないすのこベッド」も一覧に含まれます。
  • すのこフロアベッド
    すのこフロアベッド、フロアベッドの難問解決ベッド第一号。デビューの歳はシングルとセミダブルで圧倒的な人気ベッドになりました。今年も順調のまま、というのもすのこ床板でフレームがグラつかない、マットレスもピッタリサイズの安心ベッドだからでしょう。カラーはブラックとウォルナット

このショップは常時SSL化により通信内容は保護されています。httpsになってないときは↓CELLENA BED SHOPS

始めにおすすめはこれ!

すのこローベッド、すのこフロアベッド! すのこフロアベッドとローベッドが新登場!板一枚にマットレスでは湿気が心配だった方もこれで安心、すのこ床板フロアベッドとすのこローベッド。

すのこローベッド、すのこフロアベッド! カビないすのこローベッド!

すのこローベッド、すのこフロアベッド! LVLすのこローベッド!

すのこローベッド、すのこフロアベッド! ブリーズ型すのこベッド!

すのこローベッド、すのこフロアベッド! すのこ高床ローベッドLED!

ローベッドフロアベッドをサイズ別に見る

ローベッド、フロアベッドのすのこ床板ベッド

激安・格安・お買い得ベッド

ミドルクラスの格安ローベッド、シングルからダブル

ローベッドフロアベッドのクイーンベッド/キングベッド

マットレス付き激安ローベッド

これよりBACKYARD 入荷待ち在庫なし

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律550円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

お問い合わせはこちらから

ご来店ありがとうございます。長くご愛用いただくためご不明な点はご質問ください。
各商品については商品ページ、カートの下「◎この商品について質問する」から、 それ以外のご質問は対象商品掲載ページのURLをコピペしてご質問を送信してください。

ご質問内容・商品詳細を確認して原則、翌日までにはご返事するようにしています。
電話対応はございません。ご了承のほどお願いいたします。

お問い合わせサポートセンター メールフォームでの対応になります。