フロアベッドの湿気とカビ対策をまとめました

フロアベッドの除湿とカビ対策

ベッドの関するQ&Aを見ているとフロアベッドは湿気がたまりやすいですか?カビの対策を教えてくださいという質問が多いです。たしかにマットレスの下は床板一枚でフロア、おまけにマットレスをフレーム板で囲ってるのでは湿気の逃げ場がないですね。


実は湿気とカビはフロアベッドだけの問題ではないんです、ベッド全般マットレスと床板の間にカビが生える恐れはあります。うちのはフロアとの間は20cmあいててスノコの床板にマットレスを置いているからと安心していちゃダメですよ。


フロアベッドはマットレスの下にほとんど隙間がないので特に注意が必要です。

ベッドにたまる湿気はどこから?

ベッドとマットレスの間が危ないと申しましたように、カビが生える場所のほとんどは床板とマットレスの接した面です。こうした湿気の原因のなるものは寝ている間の汗です。

ヒトは寝ている間にコップ1・2杯分の汗をかくといわれます。汗・湿気はマットレスの中を通ってマットレスの底面へ。ここが板と接していたら湿気が行ける場所がなく溜まりやすく、そのまま放置していたらカビが生えやすくなります。


フロアベッドや4脚すのこベッドの場合はマットレスと床板のカビだけですが、収納ベッドの場合、床下には収納しているものがありますが、リネンや衣類などがむき出しになってると。いざ使おうかというとき、引き出しを開けてみたら湿っていたり、しばらく動かしていなければうっすらとカビが生えてた、ということもあるようです。





上の二つがフロアベッドの床板の2タイプです。激安価格のベッドは上の二つのように板が数枚並べて敷くものがあります。ミドルクラスのちょっといいベッドは下の2点のようにすのこを敷くベッドになっています。

ただ、すのこだからと安心はできません。
等間隔で隙間はあっても、すのこの板とベッドはくっついています。マットレスを載せたままだとやはりカビが心配です。


湿気とカビからマットレスを守るために

湿気を逃がし、カビを生えさせないために
どのベッドでもそうですが特にフロアベッドの場合は・・・
できれば二週に一度、せめて月に一度、お掃除のときにマットレスをたてかけて陽に当てる、風を通すようにしてください。

ベッドの配置を窓の近くに置く
お二人のベッドだとベッドメイクなどでベッドの両側にスペースが必要ですが、一人のベッドは窓のすぐ横でもいいです。
学校やお仕事で夜しか部屋に戻らない場合でも窓際配置なら太陽がベッドを熱して湿気をとって乾燥させてくれます。
これなら湿気の心配、カビの心配もきわめてゼロに近くなります。

部屋の奥にベッドを置くと空気の入れ替わりがなくなり、日中も太陽の光が届かず湿り気もほぼそのままということに。
部屋の奥、薄暗い、湿気は充分、敷きっぱなし・・・、ベッドはカビ養殖場になりますね。

梅雨時は特にマットレスを立てかける
休みの日にはできればマットレスを立てかけておくこと。
曇りや雨で窓を開けられない日でも室内で立てかけておくだけで湿気対策になります。、
湿気を含んだマットレスと湿気を含んだ床板がくっついたまま、これがいけません。
天気が良ければ窓際に運んで立てかける、もちろん床板に面していたほうを重点的に陽に当てる

エアコンを除湿モードにする、または除湿器を使う
賃貸でもたいていの部屋はエアコン装備でしょ。ちょっと湿っぽい日はエアコンの除湿モード運転に。
エアコンでなくても除湿器もありますね。かなり除湿してくれますよ。

エアコンや除湿器がないときは
扇風機で風を通すのも効果ありです
マットレスを立てかけて床板にくっついていた面に風をあててください。
温熱でなくても風で大部分の湿気が乾燥します。

除湿マットを敷く
マットレスと床板の間に吸湿マットを敷いておく、これもお試しください
収納ベッドの場合、市販の防湿剤を収納スペースに入れておく
というのはもう常識なんですが、ベッドに除湿マットというのはあまり気づきませんね。

通常はベッドに湿気のたまりやすいマットレスと床板の間に敷きます。
なかにはベッドパッドとマットレスの間に敷いている方もおいでになるようです。
この場合も間違いではないので効果に問題はないようです。
汗かきでパジャマも一日で着替えるタイプの方は、マットレスを挟むようにパッドの下とマットレスとすのこの間に2枚お使いになるほうがいいかも知れません。

今時の除湿マットは一回干してまた使えるタイプが多いと思います。
吸湿マット・防湿剤とも近くのホームセンターに置いてあります。どうぞじゃんじゃんご利用ください。

湿気が多い状態はダニも大喜び!
ベッドにカビが生える温度と湿度はカビだけでなくダニにとっても快適な温度と湿度なんです。
敷きっぱなしでマットレスを立てることもない、風を通すこともないなど湿気対策していないと、朝起きてみたら何か所も赤いポチポチができてるということになり、やがて噛まれると少し大きく硬く腫れていつまでもかゆみが退かない鬼ダニが登場します。

どんなご家庭にもダニは数万単位でいるようですが、湿気対策や掃除ができていれば、小さな家ダニがほとんどです。家ダニはハウスダストの元凶になりますが人を刺すことはありません。
ただ、湿気対策、掃除ができていないと家ダニが増えてダニを食うダニが増えてきます。
この肉食系ダニが人も刺すんですね。

冬から使っているカーペットやラグなど毛足の長い織物はしっかり消毒と防虫しないと梅雨時はダニ好みの棲家になります、ご注意ください。

フロアベッドの湿気とカビ対策まとめ

・ベッド配置の入りは窓際がいい
・マットレスをたてかけて陽に当てる、風を通す
・マットレスの表裏をかえる、上下を変える。
・エアコンを吸湿モードにする
・除湿器を使う
・扇風機で風をあてる
・マットレスと床板の間に吸湿マットを敷く

ベッドは大陸性気候のヨーロッパで生まれて発達してきた寝具です。海洋性気候の湿潤な日本では寝具は敷きっぱなしにはできないので寝るときだけ敷く布団になりました。

その昔、昭和の頃、学生さんの一人暮らしではやたら万年床の布団にカビが生えたという話があったようです。ベッドも言い方を変えれば西洋万年床ですから日本の気候向きの寝具ではないんですね。ただ、現在はエアコンもあるし、蒸し暑い梅雨から夏も室内は温度・湿度ともコントロールできます。

ベッドは便利な寝具です。上手に使って快適におやすみください。

番外のご提案:マットレスの下に湿気を逃がしやすいベッドにする

概ね今持っているベッドでの湿気とカビ対策でお話をしてきました。
今度ベッドを買い替えるとき、湿気やカビの心配が少ないベッドになさいませんか。

収納付きベッドとフロアベッドはベッドが箱型に囲われているのでマットレスから降りてきた湿気が蒸散しにくいですね。
ベッドの下にホコリが溜まる心配が減りますが。湿気とカビに注意しておかねばなりません。

マットレスと床の間が空間のベッドなら、湿気が降りてくるのは同じですが床まで20cmは空間がありますので湿気が蒸散しやすくなります。空間があるということはベッド下のホコリが溜まり易いということですが、マットレスお頻繁に立てかけるよりは掃除機をかけるほうがラクかも知れません。

4脚ステーションベッド(すのこベッド)
湿気が溜まらないベッド
オーソドックスなベッドスタイルの4脚ベッド。床板がすのこになっているのですのこベッドとも呼ばれます。

マットレスベッド
湿気が溜まらないベッド
ベッド用マットレスに台座を付け、4脚を付けたものです。

パイプベッド
湿気が溜まらないベッド
飾らないカッコよさでずっと人気のパイプベッド、マットレスを載せる床板はスノコまたは金網のメッシュ
このショップは常時SSL化により通信内容は保護されています。httpsになってないときは↓CELLENA BED SHOPS

ローベッドをサイズ別に見る

激安・格安・お買い得ベッド シングルからダブルサイズ

ミドルクラスの格安ローベッド シングルからダブル

クイーンベッド/キングベッド

ベッドサイズでの価格別INDEX

これよりBACKYARD 入荷待ち在庫なし

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

お問い合わせはこちらから

ご来店ありがとうございます。長くご愛用いただくためご不明な点はご質問ください。
各商品については商品ページ、カートの下「◎この商品について質問する」から、 それ以外のご質問は対象商品掲載ページのURLをコピペしてご質問を送信してください。

ご質問内容・商品詳細を確認して原則、翌日までにはご返事するようにしています。
電話対応はございません。ご了承のほどお願いいたします。

お問い合わせサポートセンター メールフォームでの対応になります。