税込8000円以上のお買い上げで送料無料

他の床材やジョイントマットやコルクマットと比較してやさしいコルクマットを選んだ理由はなんでしょう?

総括して、比較検討して選んだというより、口コミや評判や価格でやさしいコルクマットに決めた方が多いのではないかと思います。

やさしいコルクマット以下に

 

子供の成長に伴いやさしいコルクマットを

子ども部屋に新しく学習机を購入したため

現在使用しているコルクマットがボロボロになってきたため やさしいコルクマットを試したくて

グランドピアノの防音の為、カーペットの下にやさしいコルクマットを敷きます。

最近、犬が走る時、びっこで走り出したためやさしいコルクマット

近隣苦情のためやさしいコルクマット

他のものよりやさしいコルクマット厚手なので

ペットに使用

子どもの部屋のフローリングにやさしいコルクマット敷きたかった

愛犬ヘルニア入院中で・・・

1歳の子供がフローリングでよく転ぶのでやさしいコルクマット購入を考えました

子供の足音とエレクトーンの足ペダルの騒音防止

赤ちゃんのプレイマットとしてやさしいコルクマット

1年前に購入し、一部子供が汚してしまったためやさしいコルクマット買い替え。

フローリングで子供がすべらないように

ペレットストーブで暖房をしているが足元が冷えて困る。ゴールデン・リトリバーと小型犬(老犬)を部屋飼いをしているので。

やさしいコルクマット以前に購入してヨカッタから

防音対策のため

学習机を購入したので、畳を保護する目的でやさしいコルクマット購入しました。

階下からの子供の足音やおもちゃの音にたいする苦情対策。他の方々のやさしいコルクマット口コミを信じます!!

子供が小学校に入学するので部屋を用意しようと思いコルクマットを捜していました

隙間が気になるし、カッティングの手間を省くためにもやさしいコルクマット購入しました。

今度引越す予定の賃貸に使用します。友人の家で使われていたものを実際に手にとって気に入りました。やさしいコルクマット設置が楽しみです!

 サイド用のパーツのあるものを探していたから

子供が喘息気味で絨毯をコルクマットに変更したかったため

床を傷つけないため

犬がフローリングに滑るため

子供の遊ぶスペースに転んでも痛くないように。床の冷え防止に。

床を傷つけないためです。

マンションで足音がきになり、やさしいコルクマット購入しました。

45センチのサイズと迷いましたが、30センチサイズですがサイドパーツ付で安かったので老犬になったペットのためにやさしいコルクマット購入を決めました。

床が冷える

フローリングが冷たくいろいろ探していたところコルクマットがありました。前回購入し暖かかったのでまたやさしいコルクマット注文させてもらいました。

下に住んでる人にうるさいと言われるのがストレスになってこまっているため

引っ越し先で、これから出来る赤ちゃんとペットのため

やさしいコルクマット以前購入した枚数では足りなかったので、追加

猫のジャンプ音軽減のため。

じゅうたんの代わりにやさしいコルクマット購入しました。

愛犬の足の為にフローリングに敷き詰めてあげたくて購入しました。

子どもが産まれて安全のため

犬がいることと、ダイニングチェアが床を傷つけてしまうための予防

子供が喘息っぽいので、じゅうたんを止めてコルクマットにしたかったため。安全性も高そうなので、やさしいコルクマット購入しました。

赤ちゃんのはいはいするスペースにやさしいコルクマット使用

北海道の冬が寒いので試しにやさしいコルクマット購入しました

ペットの病気でフローリングが滑って危ないためやさしいコルクマット購入を検討しました

子供部屋の防音と断熱のためやさしいコルクマット購入

今回、新築した家に住むことになり、床がフローリングなります。寒さ対策と傷を防ぐためにやさしいコルクマット購入しました。 コルクマットを敷いて布団を敷いて寝たりします。布団は万年ふとんですが・・・・いいのかな?。

やさしいコルクマット光熱費の節約になるかなと思って。

 

まぁ、ご意見はなんと1,000件以上ある、超人気商品ですが、だいたい、似たような理由で皆さんご購入を決められてるようです。

 

やさしいコルクマットの購入理由どんどん追記します。

バーニーズマウンテンドック、大型犬を飼っています。股関節が犬種特有で、弱いため、31帖のリビングダイニングに敷き詰めるために、やさしいコルクマット購入させて頂きました。

鉄骨マンションに引っ越しをして子供の歩く音が階下に響いてないか心配になったのでやさしいコルクマット購入。毎日怒るストレスも怒られる子供のストレスも軽減されることを期待しています。

布団使用にともない防カビ、床暖房を目的にやさしいコルクマット

2階へ引越しして子どもがいるため。騒音対策にやさしいコルクマット

孫が遊びに来るのでダニがきになり、ネットで検索しました。色々とありましたが大きさと値段が手ごろでよかっつたためやさしいコルクマット購入しました。

階下の方からの苦情対策としてやさしいコルクマット

結露防止

やさしいコルクマットのホルムアルデヒド検出0に惹かれました。

電子ピアノ防音対策

畳の上に犬のゲージ置きたい為。やさしいコルクマットの衛生&安心を考えました。

畳の上にひきたい。ペットもいるのでやさしいコルクマットを衛生的に考えました。

フローリングの上に布団を引いているため,カビが気になるからやさしいコルクマットを

賃貸の2階に引っ越すことになり、猫もいるので防音、防汚、爪を守るためにやさしいコルクマット購入しました

無垢フローリングが冬場は冷たく、インテリア的にもコルクマットが自然に馴染みそうだったため。

フローリングに電気カーペットを敷いて暖を取っていたが電気代がかさむので、エアコンとフローリングの断熱を組み合わせようと考えた。コルク仕上げが自然なのと設置と掃除が簡単で良いのではとやさしいコルクマットを選んだ

別居中の義娘が産後、我が家で休養することになったため、フローリングの部屋に布団を敷くことになったから。いろいろ比較した結果やさしいコルクマットに

高齢の両親が住む実家の廊下用にやさしいコルクマット。

習い事の教室が響くので防音効果が欲しくてやさしいコルクマット購入します。

やさしいコルクマットは肉厚で保温 防音 クッションが良さそうでペットに優しそう。

老犬が玄関の石タイルで転びそうになるようになって立ち上がるのが大変そうだからとタイルマットを買ったら科学的な匂いが消えず犬には悪影響だと思ったので別の安心できるものを探していたところやさしいコルクマットにたどり着き、評価も高いので購入してみた。

mat マット

マット mat 敷物 ですよね。敷物と訳しますよ。やっぱり。敷物だと物の下に敷くものですから床の上とは限らず、テーブルの上などのものでもカッティングマットとかランチョンマットとかあります。実用的な敷物だったり装飾的な敷物だったりします。 さて室内の床に敷くもので言えば日本では畳(たたみ)、筵(むしろ)菰(こも)=藁(わら)やい草などで編んだ簡素な敷物、茣蓙(ござ)=い草で織った敷物。見た感じは畳表と一緒。昔から植物から作られる敷物でした。つうか植物を編んだり織ったりして敷物にしていました。ですから石油由来ができるまえ元々は植物由来のものを使っていたわけです。現代でもい草や籐、竹、木などを使った敷物は人気のインテリアマットです。日本製の職人手作りの希少価値の敷物はお値段も高かったりして、めちゃお洒落だったりします。マンションなどの集合住宅では無理だけど、木造戸建ての石の箱庭とか和風の中庭など小さなスペースでも竹で囲ったりして面するお部屋をフローリングでもいいんですけどなんにも置かずい草の敷物を敷いただけの空間なんか、あぁこれだったんだなみたいな感じがします。まら別立てで書きますけど色はなるべく少ないほうが落ち着くんじゃないかと思います。話を戻しますが日本の大昔の室内は板張りはあっても畳を全面に敷くものではなく、最初は座るところだけに敷くものでした。まぁ藁で作った座布団みたいなものじゃないですかね。今でも座敷の居酒屋とかで板の間に座布団みたいなのありそうですけどね。もう残ってないかな。この敷物のなかで厚いものが後に畳となっていきます。ですから厚手の初期の畳のようなものは今で言うユニット畳のように使うときだけ敷いて使わない時は重ねて隅に積んで置いてたんじゃないですかね。鹿児島とか沖縄とかあの辺りの島々では今でも来客用にそういった重ね畳を見れるとこもあるみたいです。そしてこの畳が座るためだけじゃなく部屋に全敷するようになっていくんです。それは他の室にもひろがり、やがて畳の上にさらに敷くものとして今の座布団が出てくるわけですね。ここで座布団がでてきましたが布団で気が付きましたね。大昔の日本の寝室は客間が板の間なのに対して土間だったんです。なんかほんとかいなっておもいますけど。どんなだったかと言うと、土間に籾殻(もみのから)や藁しべ(わらのくず、くき、芯)厚く敷いて、その上に筵を敷いて敷布団はなしで寝るんですって。なんかに書いてありました。つまり筵や茣蓙は敷物でもあり寝具のパーツでもあったんです。西洋というかヨーロッパのカーペットとかラグ、ラッグなんかも室内の敷物としてはマットではなくカーペットやラグなんですよね。カーペットと言えば十字軍ですよ。キリスト教国がエルサレム奪還をめざして東方に進軍したやつです。その時にペルシャ絨毯みたいなものをカーペットとして取り組んだんです。それまでヨーロッパの室内でも敷物らしきものはないんです。で、なぜか日本の畳のことはマットって言うんですよね。タタミカーペットじゃなくてタタミマットなんです。ということでなんとなく英語で言うmatの意味がわかりかけたかもしれません。マットは辞書で調べると日本語で言う敷物となっていますが、カーペットやラグとはなんか違って玄関マットとかバスマットとか足拭きようですか的な使い方なんですかね。それとタタミと違うだろって思いますけどね。それ以外にはマットは下敷きとか艶なしの紙などとかもつれた髪とかですね。もしか光を反射しない絡みついた厚みのあるものをマットといってるんじゃないんですかね。もしかして。だからマットの意味のなかに、す、さく、簀子、簀巻のすです。もあるんです。

マット、カーペット
さてさてマットなのかカーペットなのかラグなのか。だいたい量販店でもカーペットなのかラグなのかわけわからなくなってませんかね。カーペット英語でcarpetこのcarpetを日本語にすると絨毯なんです。毛氈(もうせん)でもあります。毛氈とは羊毛など動物由来の毛を使ったり混ぜたりした毛織物。毛織物だから敷物とは限らないですかね。そうするとカーペットという感覚とは違ってきますけど。逆に毛氈を英語にするとラグ、フェルト、カーペットとなるんですが、日本語で「毛氈を敷く」を英語にすればto spread a carpetみたいにカーペットと特定できることになります。前後の文章によって、例えば日本の茶のイベントで毛氈を紹介する時はマットを敷いて「mousen」と言います的な表現になるかと思います。「mosenと呼ばれるjapanese mat」とかって感じになります。向こうから見たらカーペットじゃなくマットみたいですね。どこかの国の偉い人が航空機から降り立った時、普通はレッドカーペット扱いなんですけど、なぜか黒いゴムのフチがある長いレッドマットだったのは準備する人がマットとカーペットの言い方を間違えたんでしょうか。ありえます。その赤い色の毛氈は緋毛氈(ひもうせん)とも言います。花氈(かせん)というのもありますけど花柄の毛氈ですよね。正倉院の床に敷いてあるとかいう花氈でもあり毛氈でもありですが元は中央アジアとかの遊牧民が使っていたものがチャイナを通じて日本に入ってきたものでしょうね。カシミヤ(山羊)じゃないかって言ってましたがヒツジ(羊)みたいですね。元来カシミヤは耐久性に問題があって床に敷くには無理がありますよね。毛氈の紅色のやつを緋毛氈っていいますねお雛様の台に敷いてあるのとかお茶のイベントとかの縁台とか雅系の敷物です。世界的にはカーペットは絨毯でしょうね。歴史が違います。紀元前からの話になるんじゃないですか。羊の毛を利用した布みたいなものを想定すると中央アジアあたりモンゴルとかなんとかトルクメニスタンとか、まだ織機とかなく手作業で結ぶとか繋いで平面にしたと思うし今の絨毯とは違うでしょうけど、絨毯その原型となるものはイメージすることは容易ではないでしょうか。そこから戦争や貿易などで世界各地に広がっていったんだと思います。毛皮より装飾性のある動物の毛由来の繊維絨毯ですから寒い所とか乾燥したところは使用しやすいでしょうね。なにより毛皮だと原始人みたいですよね絨毯は織り方で色や模様もできるしお洒落に感じたんじゃないでしょうか。そして産業としても成り立ちますよ。産業としての絨毯、カーペットは織機が発明されてからでしょうね。もちろん織機を使わない方法で絨毯をつくってる人もいるかもしれません。織機。日本では織機で作ったものでも植物由来のものを布と言いますね。カイコとかからのものを絹織物っていってます。なんとなく使い分けてる感もありそう。織機では縦糸と横糸を交えて織っていきます。カーペットではその製造方法の違いによっても名称が違ったりしてます。もちろん歴史的な時系列も地域的な地名や国名などももちろん影響します。パイルカーペットとか聞いたことありませんか?パイルって輪っかになった状態のものですよね。フェイスタオルとか身近なものであーあれねってやつです。その輪っかループ状を横糸で交わらせながら締めたり緩めたりすれば織物のふわふわ感が違ってきそうです。きっとこのループ状がはっきりパイルとして見た目わかる織物である敷物がパイルカーペットというと思います。パイル織物とは平織か綾織で片面または両面にパイルがみられる織物です。これはたまたまカーペットという呼び方がくっついたものの例です。製造方法による名前の違いです。絨毯で有名なのはペルシア絨毯ですね。今のイランあたりでしょうか。なにせイスラム圏になる前からある伝統的なペルシャ文明を感じさせるものです。途中モンゴルであやふやになりましたがしっかり復活して今も受け継がれていますね。でもそんなに古くから絨毯があってそれが今も現存してるわけじゃないです。元が羊毛とか綿ですから当然朽ち果てます。名だたる美術館や博物館にもペルシャ絨毯は展示されてますがずっと現代よりのイスラム教時代になってからのものです。えーとネットショッピングも普通になって英語に加えて中国語も徐々に商品に見られるようになってきました。見たことあるかも「段通」「中国段通」。ペルシャ絨毯から見るとペルシャ絨毯をまねたものを中国で作っていてそれを日本で売る時に段通という表現だったりイーストペルシャと言ったりしてるとのこと。ですが歴史的にはペルシャ絨毯の技法がシルクロードを経て中国に伝わって作られてる絨毯でもあります。今日本で売られてる段通は品質的にも横糸を縦糸に通すだけで結んでいないそうです。だから長持ちしませんとのこと。ただしこの段というのは中国で言う密度の単位で使ってますので歴史的には高品質のものもあったし商業品質のものもあるということだと思います。まぁそのへんは皆さんご存知のとおりです。ただペルシャ絨毯が全て美術品のようなものではなく手織りでもその人の技術によって変わります。きちんと正方形なり長方形ではなかったり(折ればサイズが違う)裏地の結びが粗かったりします。やはりここもバイヤーの目利きによりますね。段通は一般人の感覚ではペルシャ絨毯と売っててもわかりません。簡単な比較はペルシャ絨毯が畳める厚さなのに対し段通は厚みがあって畳めません。パイルが太く厚く3センチとか4センチとか。これ実は大きなポイントでその掃除機が吸引しずらいパイルの間にゴミがたまるんです。そしてここにダニが発生するんです。そこをいい風に言えば保湿性と防音性が高いとも言えます。メリットでもありデメリットでもあるんです。さらにこの実生活状の弱点をいいふうに言えば緞帳をひっぱりだしてきます。舞台の幕ですね。豪華とか風格などと言い換えます。これほぼ同じ系統の言葉じゃないですかね。そのへんがコルクマットと違う所なんですよね。ちなみにペルシャ絨毯でも人気のシルク素材がありますが羊毛と比べると明らかに耐久性は落ちます。ペルシャ絨毯も中国段通も絹シルクは壁掛けやタペストリーに向いています。段通もいちおう手織りということで高級絨毯の範囲に含まれるのかもしれません。そして手織りに対する機械織りですね。ようやくカーペットという呼び方にたどり着きます。ウイルトンカーペット。これペルシャ絨毯に似せてつくる機械織りの敷物です。柄や風合いはペルシャ絨毯に似せられますが裏を見れば明らかに違います。ペルシャ絨毯は表の柄も裏の柄も変わらず明瞭ですがウイルトンカーペットの裏は柄がうっすらとわかるかなー程度のものです。よくインテリアショップで売ってる量販品カーペットそのものです。
ラグ 英語でrug。部屋の床全体ではない敷物。この敷物の説明のところで絨毯とラグとマットの違いが出てきました。絨毯は固定して敷き詰めるものだそうで、ラグは絨毯より小型で任意の場所に随時敷かれるもので、マットは粗末な材料で作ったもので足拭きや靴拭きだそうです。畳をマットと言ってますが畳は足拭きじゃないぞ。しかしラグの任意の場所に随時敷くものって言われてもなあ。任意とは敷く人の意志でですね。任はまかせるですからルールとか規則とか決まりは無くどこにでもという意味になります。随時とは時系列でいつでもということです。ということでラグはどこでもすきな場所にいつでも敷ける敷物ということになります。ただねrugを英訳すると床の一部に敷く敷物、絨毯とか出てくるんですよ。他にひざ掛けもrugなんですね。カーペット carpet と違って継ぎ合わせないで一枚で用い,床の全部をおおわないとのことです。
ちょっとカーペットって継ぎ合わせだっけか?もう紛らわしいのが英語の感覚なんだろうな。ここで使ってるカーペットは一面の広がりみたいな状況にちかいんじゃないでしょうか。フラワーカーペットみたいな使い方をそのまま日本語訳したとか。じゃなきゃカーペットと訳さず絨毯と訳してよって思います。訳す人の知見の問題ですね。だから絨毯、カーペット、ラグ、マットがわけわからなくなるんですよ。これだと先ずタイルカーペットを連想するじゃないですか。継ぎ合せる敷物の代表ならタイルカーペットですよ。じゃなくラグとは床の一部に敷く敷物でとしか言えないかも。なんでかと言うとイギリスとアメリカでも感覚が違うみたいなんです。イギリスだと敷き方の違いらしいです。アメリカだと機械織りと手織りの違いみたいなこと書いてあったりしてます。なんかそれもちょっと違うんじゃないかと疑います。じゃ思い切って英語由来のカタカナ語ですからカーペットは動詞的使い方でラグは名詞的使い方でカーペットは一面に敷き詰めるイメージでラグは敷き詰めないイメージでいいんですよ。きっと。ずるいですがただし例外はありと自分は判断しました。つか部分的に敷く敷物をカーペットと言わなきゃ解決すると気が付きました。インテリア業界の方そうした方がいいと思いますよ。ホットカーペットじゃなくホットラグに変えればいいじゃんということです。さらにマットについては素材、品質が安価なものとすればジョイントマットを部屋一面に敷き詰めてもカーペットとは言わないで済みますよ。い草の茣蓙とかはい草マットとか言われそうですが日本語でigusagozaでいいんじゃない。畳でさえマット扱いなんだから畳はtatami、茣蓙はgozaということで。ちなみにラグマットとか聞いたことはありますが英語ではないので商売上で高級素材のマットとかそういう必要性があったのかもしれません。また利便性から新製品も出てくるし、例えばクッションフロアラグとか。クッションフロアを適当なサイズでラインアップして周囲を綺麗にした商品とかあるし。食卓の下だったり勉強机と椅子の下に敷いたり。椅子の足でフローリングが傷みますからね。傾向としてはリフォームとか工事屋さんはカーペット施工できるけどインテリアショップとかだんだんカーペットを使わなくなってラグに統一されて来るんじゃないかと思います。絨毯とラグとマットというくくりになるかと予想します。そしてコルク素材はラグにはならないんです。ちなみにコルクラグで画像検索してもコルクマットしか出てきませんでした。コルクカーペットというのは商品としてあるみたいです。ウッドカーペットの種類のなかのコルクですね。ウッドカーペットって長方形の板を裏地で連結して巻いてあるあれです。2畳用とか3畳用とかホームセンターでも売ってますよね。つか全面に敷き詰められないから、これこそコルクラグと言いたいところですが素材がラグと言うには厳しいんですよね。自分の違い基準だとコルクカーペットじゃなくコルクマットになるんですけどね。むしろジョイントコルクマットの方が部屋全体に敷き詰められるからコルクカーペットになるじゃんと思います。

カートに入れる

カテゴリ

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

コルクマットのコラム