輝きが違います♪煌きが最高です♪
『Dancing Stone ®』ダンシングストーンは、
人間のわずかな動きを細かな振動エネルギーに変えて
常に動き続ける宝石のセッテイング方法。
ダイヤモンドの煌きも倍増です!


ダンシングストーン カテゴリー

クロスフォーニューヨーク Dancing Stoneシリーズ(ダンシングストーン)

ダイヤモンド・スウィングネックレス(ダンシングストーン)

クロスフォーDancing Heart(ダンシングハート)(ダンシングストーン)

ダンシングストーン イニシャル(ダンシングストーン)

 クロスフォーニューヨーク  Twinkle Heart ピアス(ダンシングストーン)

クロスフォーニューヨーク for Men(ダンシングストーン)

ダンシングストーン(ゴールドK10)

Dancing Stone(ダンシングストーン)は、クロスフォー社の傑作ジュエリー!
ジュエリー本体は動かず、その中にある石だけだが縦に細かく綺麗に揺れ動きます。

小さくてかわいい、本格的なK10ブランドジュエリーです。中石は0.05ct天然ダイヤモンド又は天然石を使用なのに
Dancing Stone(ダンシングストーン)効果で夜空の星のようにキラメキ、しかも美しさが倍増します。

地金はK10WG、表面にはロジウムという金属でメッキ加工をした価値ある逸品。
それがクロスフォーDancing Heart(ダンシングハート)シリーズ。

他社のジュエリーとは一線を画すジュエリー。世界中の女性達を魅了するDancing Heart K10。
Dancing Heartは「日本ジュエリーベストドレッサー賞贈呈商品」に選出されています。

【Dancing Stone(ダンシングストーン)とは】
(株)クロスフォーが3年間の歳月をかけ、研究開発を繰り返し、
光のリフレクション効果で、宝石の中に十字の輝きをもたせることに成功した石だけが瞬く
(TWINKLE トゥインクル)セッティング方法。
人間のわずかな動きを細かな振動エネルギーに変えて(あなたの胸で 動き(輝き)出したら 止まらない)
『Dancing Stone』はクロスフォー社が特許を取得しています。

【株式会社クロスフォー】
山梨県甲府市に本社工房を置くジュエリーのブランド・メーカーです。
2010年:銀座に「クロスフォー銀座本店」をオープン。
オリジナルブランド
「ラブエンジェル」
「パールのピアスキャッチ」
「グラピア」
「Crossfor K10」「Crossfor CRYSTAL」
「Eye Jewel」
「グラスマーカー」
「クロスフォービジュー」を展開している。

社名のクロスフォーは「a Cross for you~愛を貴方の為に~」という意味が込められています。
この意味のように、クロスフォーのジュエリーは、愛を語らう恋人たちのためにコレクションをおくり続けています。
2001年:クロスフォーカット特許取得し、JTにてオリジナルブランド「クロスフォーニューヨーク」発表。
たちまちDancing Stone ®(ダンシングストーン)の輝きは世界中の女性達を魅了し続けています
【ゴールドについて】

K10とK18のちがいって?

ジュエリーには、主にK10とK18があります。最近ではK14も増えてきました。
何がどうちがうのか、少し述べてみましょう。

わかりやすく言うと、ジュエリーに、どれだけの割合で金が入っているか?ということなんです。
その割合をKの横の数字によって識別しています。入っている金の量がちがうのですね。
      
金の含有の割合は、K18で75%、K14で58%、K10で41.7%。
金が100%の ”純金(じゅんきん)” というのは ”K24” ですから

K18=18÷24=75%
K14=14÷24=58%
K10=10÷24=41.7%ということなんですね。

その他の配合金属は色出しなどの都合で銅やシルバーを混ぜています。
      
それでは、全部K24で作ったらいいなのね、なんて疑問もありそうですが
金はとっても繊細でやわらい過ぎるので、K24のままアクセサリーにするのは難しいんです。

プラチナやシルバーと比べると、硬い種類の金属ですがそれでも純金ではすぐに変形してしまいます。
これではジュエリーとして使えないので混ぜ物をして強度を出しているんですね。
      
金の他に混ぜるものについては特に規定がないので、工房によって様々だけど、一般的にはシルバーや銅が入っています。
ピンクゴールドにするときは銅を多めにしたりして色を調整します。
      
では、K10とK18どっちがいいのでしょうか?

貴金属とすれば当然K18が良いに決まっていますが、それぞれ良い所もよくないところもあるんです。
K10は、K18よりも強度があってキズもいきにくいという特徴があるし、反面、酸に弱くてこまめにお手入れしないと変色しやすいです。
特にピンクゴールドの方は変色しやすいので、ちょっぴり注意が必要です。もちろん磨き直しをすれば輝きは戻るしお値段も手頃なものが多いから、
ジュエリー初心者さんだったらこちらのほうが価格も抑えられているので扱いやすいと思います♪

K18は、変色しにくいし、K10に比べて輝き方も違います。また、K18の方がアレルギー反応が出にくいと言われているので、
アレルギー体質の方はK18の方がいいかもしれません。
ただし、K10より少しやわらかいので、K18の細いネックレスチェーンなどの扱いには、少し気を使ってくださいね。

それでは、K10とK18、どっちも色は一緒なんでしょうか?
 
それが、少し違うんです。それは金お含有量が違うの他に配合する金属の色が出てしまうから
K18に比べてK10の方が、ピンクゴールドでは少しピンクが強くでて、つまり多く混ぜる銅の色が影響するんですね。
イエローゴールドでは少し淡いやわらかい色になリます。

とはいっても、工房によって混ぜ物や割合が微妙に違うから少しずつ色合いは変わってくるので、
いちがいにこんな色です!とは言えないんです。
簡単に述べましたが、どうぞこれからジュエリーをお求めになる方は参考にしてくださいね。

金の刻印と純度
  24分率の刻印 1000分率の刻印 純度(%)
24金 K24 1000または999 99.9
22金 K22 917または916 91.7
20金 K20 833 83.3
18金 K18 750 75
14金 K14 585または583 58.3
10金 K10 417または416 41.7
9金 K9 375 37.5
8金 K8 333 33.3

刻印とは、指輪やネックレスなどの貴金属製品に打たれている、製品の情報を示すマークです。
この刻印は必ず表示しなければいけないという義務はありませんが、刻印で嘘の表示をすると詐欺罪、となってしまいます。
そのため、我々質屋や、買取店、リサイクルショップなどで査定する際には、必ずこれらの刻印を確認します。
もちろん、刻印のない貴金属製品も存在します。
その場合には、見た目、比重検査、試金石検査など、様々な検査を用いて金性を推測しながら査定を行います。

  18金の場合の一般的な「金属の種類」と「配合率」 色合い 表記
イエローゴールド 金色75%、銀15%、銅10% 一般的な金色 YG
ピンクゴールド 金75%、銀10%、銅15% ややピンク色を帯びた金 PG
ホワイトゴールド 金75%、銀15%、ニッケルまたはパラジウム10% 黄色と白の中間色に近い色 WG


※上の金属の種類と配合率、色合いは、18金の一般的なお品の場合です。お品物によっては異なる場合があります。


【ゴールド(金)のメンテナンス】

ゴールド(金)は比較的変色はしにくい貴金属です。
ですが、ゴールドの純度の違いによって、金以外の素材が多く含まれる10Kの製品は、18Kの製品に比べて、
変色しやすいと言われています。
とは言っても、シルバーの製品などに比べると、変色しにくいのがゴールドの特徴です。

 ただし、お手入れや保管方法によっては、汚れてきたり、黒ずみがでてくるので、気をつけたいものです。

☆ 黒ずみやくすみが出てきたら

ゴールド(金)のメンテナンスはとても簡単!
中性洗剤を希釈したぬるま湯で洗うだけ、専門のクリーナーもほとんど中身は中性洗剤と同じようです。


☆ 日常的なお手入れ方法

人はいつも汗をかきます。着けて一日もすれば結構汚れもつきます。
汗や化粧品などの汚れは、ほおっておくと、どんどん黒ずんできます。
使った後は、柔らかい布で拭くようにしましょう。
ゴールド製品のお手入れ用の布も、売っていますので、そういうものを使うのもいいですね!

☆変形・キズに注意!
純金(24K)はとっても柔らかいのですが、18Kや10Kは、銀や銅の素材が、含まれているので、
簡単に変形するような硬さではありません。
といってもチタンやステンレスのような強度があrわけでもありません。
ジュエリー一般に言えることですが貴金属は純度が高いほど柔らかいんです。
とくに、華奢なタイプのリングは、比較的、変形したり割れやすいです。

ですから、生活する中で、例えばスーツケースのような、固い持ち手で重い荷物を持ったり、
思いがけずどこかにぶつけたりはあり得ることですよね。こういった時に、変形したり、割れる危険があります。
華奢なゴールドのリングを身につける時は注意しましょうね。

そして、ピンクゴールドは、含まれている素材の性質のため、他のゴールド製品よりももろくなるので、
さらに注意が必要です。
ピンクゴールドのアクセサリーを使用するときは、引っぱったり、大きな力を加えないように気を付けましょう。
 
☆ゴールドジュエリーの保管方法

ゴールドは変色しにくいので、保管中に黒ずむことは少ないです。
ですから、使い終わった後のお手入れをしっかりして保管しましょう。

ただし、まとめてたくさんのアクセサリーを置いておくと、
取り出すときなどに互いがこすれあって傷がついてしまいます。
1つずつ、仕切りがついたケースなどにしまっておくことが望ましいですね。

「K10」の商品一覧

全24件中 1~20件表示中

全24件中 1~20件表示中

カートに入れる

ジュエリーMnami カテゴリー

ダンシングストーン ダイヤモンド ダイヤモンド ダイヤモンド あこや真珠

ダンシングストーンカテゴリー

当ショップはダンシングストーン正規品取扱店です。
ダンシングストーン ダンシングストーン ダンシングストーン ダンシングストーン

豆知識

人気商品

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」