楽器・ミュージック・音楽・ウクレレ・アコースティックギター・ギター・ベース・笛・ケーナ・hopi・ドラム・パーカッション・ヴァイオリン・チェロ・シンセサイザー・キーボード・電子ピアノ・ピアニカ・エフェクター・アンプ・ウーファー・初心者・ビギナー 失敗しないウクレレの選び方

失敗しないウクレレの選び方

ビギナーのウクレレ選びは大変!
沢山の種類があってどれにしていいかわからないですし、
はじめて聞く用語はチンプンカンプン・・・

ネットじゃわからないから楽器屋さんに行って選ぼうとしても、
「さ、これを弾いて比べてみてください」
なんて言われてしまう。

弾けないから比べようがないのに~( ;∀;)

チンプンカンプンのまま、
訳もわからず店員さんに言われたままに買ってきて、
さあ練習をはじめてみたら大失敗!
もっとリサーチしてから行けばよかった!

・・・なんて後悔はしたくありません。

ウクレレ選びの参考になるかもしれない
ウクレレの超基本的なことをご紹介します。

ウクレレの値段について


ウクレレを弾いてみたことはありますが、
多くのウクレレを弾いた経験はありませんので
本当のところは私にはお伝えできないのですが、

1万円以上はOK!
1万円以下はおもちゃ。

という意見が多いようです。

確かに、これはおもちゃだ~
というものもありました。

「いやいや、ビギナーだし
別に音にこだわるわけじゃないから~」

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、
おもちゃと言われるところは具体的に、

チューニングがすぐズレる。
音が響かない。

など、演奏する時にかなりストレスを感じる部分です。

演奏する度にストレスを感じたら、
本当は続けられることも
続けられなくなるかもしれません。

なんとなく音がいいから。
手触りがいいから。

そんな感覚で演奏していれば、
いつもそばに置いていて、
無意識にウクレレを手に取って、
なんとなくポロンポロンしているうちに
できるようになった!

と、ウクレレがあなたの練習を助けてくれるかもしれません。

かと言って、
何万、何十万とするウクレレは必要ないかも。

すぐに手に取れる場所に置いておくとなると、
傷をつけてしまうかもしれないし、
何かをこぼしてしまうかもしれないリスクがあります。

いつも身近にウクレレがある。
練習を続けて行くためにはそれが一番ですから、
管理やメンテナンスが必要な高級品は
目指す曲が弾けるようになってから考えてもいいかもしれません。

お値段で選ぶのも1つの手ではないでしょうか。

音・形・大きさ  あなたにぴったりのウクレレを選ぼう!

ボディーの形は2種類。あなたの好みで決めよう!


スタンダードなくびれがあるタイプと、
くびれのないパイナップル型があります。


パイナップル型は面積が広い分響きが大きく音に深みがあると言われていますが、
実際には素材などによってそれほど音に変わりはない場合も多いよう。
響きにこだわるよりも、単純にどっちが好きかで選んだほうがいいみたい。

音、大きさの違うソプラノ・コンサート・テナーの3種類があります

ソプラノ  
よく見る小さいタイプのスタンダードなウクレレ。
抜け感のある音のある聴き馴染のあるハワイアンサウンドです。

余談ですが・・・
抜け感のある音って何?って思いませんか?
「感のある」というだけあって漠然とした感覚ではないでしょうか。

個人的には、

音量を大きくしなくても
ポーン!と耳に届く音。

人とセッションした時に、
調和しながらメロディがしっかり届くような
状態のことだと感じています。
ウクレレって、そんな音ですよね~♪♪
ソプラノウクレレのいいところかもしれません。


木目や音の響きで材料の目星をつけた後、
形も選んでみましょう。


同じソプラノでも違いがある!
ネックの違いで弾きやすさが変わります。


ソプラノウクレレの中でもネック部分に違いがあります。

・・・ロングネック ・・・
フレットの幅はスタンダードのままネックが長い。
手が小さい人でもハイポジションの演奏ができる。

・・・コンサートネック ・・・ 
ソプラノのボディーに少し大きいコンサート(アルト)のネック。
フレット幅が広いので手が大きい人がソプラノで演奏したいときにオススメ。


◆ネックをロングにするメリット

ハイポジションの演奏が可能
(低い部分と高い部分両方を押さえることでより多彩な表現が可能)
ソプラノロングネックなら手が小さくても演奏が楽!
フレット幅が広いコンサートネックなら手が大きくても演奏しやすい!


◆ネックをロングにするデメリット

立ったまま演奏するのでボディとのバランスがとりづらい
(ネック側が重くなってしまう)

デメリットを考えると
手が大きい、またはギター経験のある方が
より安定したポジションで弾くなら、
コンサートウクレレにした方がいいかもしれません。

もちろん、ソプラノの響きがたまらない!
という方はネックを変えてでもソプラノを選んでくださいね。





ボディ素材の違いを参考にしてみる。

ボディの素材で音の響きや見た目の印象が変わります。ネット購入では音で選びづらいので参考までに・・・

ハワイアンコア 
ウクレレで最も使われている素材です。
ハワイアンらしいコロンコロンとした音が特徴。

マホガニー 
ハワイアンコアと同じくらい定番の素材です。
音に伸びがあり丸みのあるやわらかい音が特徴。

ブビンガ 
木目が美しく人気の素材です。
固く重い木材で、低音の響きがよくドラムなどにも使われている素材。
明るい音色です。

ハワイアンカーリーコア 
特徴はハワイアンコアと同じ。木目に特徴があり虎目模様がありとてもキレイ。

ビギナーだって音にこだわりたい。サウンドと弾き心地にこだわった本物のウクレレを!

コンサート(アルト)

実は一番実用的なのはこのタイプです。
ソプラノより一回り大きいのでしっかりした音が出ます。
まろやかな音なので歌いながら伴奏をするのにベスト!
大人が本格的に始めようと思うならこちらがオススメです。


       テナーネック  ソプラノのボディーに少し大きいコンサート(アルト)のネック。
                 フレット幅が広いので手が大きい人がソプラノで演奏したいときにオススメ。

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」
PR
忍者AdMax