書斎,宇宙の果て,宇宙の外側,死後の世界,空想科学小説,想像力,創造力,論理的思考法 空想物語(5)念ずれば花開く

税込8000円以上のお買い上げで送料無料

念ずれば花開くって本当? 成功の秘訣は自分の努力の積み重ねから

念ずれば花開くってほんとう?

 

「念ずれば花開く」という励ましの言葉がありますが、本当なのでしょうか。よく考えると、頑張ろうと思っているときには浮かぶフレーズだけど、普段はあまり気にしません。
つまり、自分を鼓舞するときに使って自分を納得させる言葉?
といっては身も蓋もありませんが、「念じただけ」で夢がかなうなんてそんな都合の良いことはありません。

 

 

〇子どもの頃の夢を叶える人の多くは優秀なひと?
特に肉体的条件が大きく影響しなければ、普通に夢を叶える人というのは子どもの頃の成績が良かったり、音楽や絵画など特別な才能を持った人といった方がなんとなく全体イメージがつかみやすいのではないでしょうか。
公務員や教師、パイロットなどは学校の成績優秀で、親も公務員や技術者であったりするものです。サッカー選手や野球選手は体を鍛えればなれそうですが、実際には並外れた体格と運動能力、そして自分の立ち位置を客観的に分析する頭脳と実際に動く能力が必要です。つまり、頭でしっかり考えることができて、必要な行動をクリアする能力が夢を叶えるためには必要です。加えて、競争社会ですから、同じ志を持つ人たちとの競争に勝つことも重要な要素です。
ここでは、「念ずれば花開く」ことができる要素について3つ挙げて、思いの強さ(念)というよりも実際に目標を成し遂げていく方法について考えてみます。まず、3つの点を基本にしておきましょう。最初に、子どものときに夢を叶えるプロセスを考えます。


 1.家庭や友だちなど生活環境
 2.思い立つ時期
 3.学力と意欲

上位7~8%に入る決意と不断の努力を客観的に評価してみよう

〇家庭や友だちなど生活環境の影響ははかり知れない
親が公務員や教師なら、特に地方都市では安定した職業である公務員をめざします。稀にパソコンが好きでその道に行く子どももいますが、多くはパソコンゲームに熱中していると「勉強しなさい」と言われて育つため、良い方向にいけば気持ちを入れ替えてまっすぐ進むか、何もしない無気力人間になるか、それでもゲームに熱中してプログラミングの道を進むか、という流れになるはずです。

 

1.家庭や友だちなど生活環境
しかし、これらはいずれも他力本願的な心理が働いて「親が言うから」という消極的なモチベーションを抱きながら、なんとなく進学校に合格して有名大学に行く道だけを妄想するようになります。
ここでも、2つの心理に分けて考えることができます。1つは、目標もなく有名大学をめざすために勉強を開始する場合。もう1つは、有名大学の何学部に入って何になろうと決めて努力する場合です。
つまり、自分の志が大きく将来の道を分けてしまうということです。


ある程度恵まれた環境にあって、さらに自分の意思で将来の道を決めることができれば、「念ずる」までもなく自分で道を切り開いていく自主性を備えた優れた人材だということになります。一般的には小学校高学年から中学校にかけて道を決め、有名進学校に合格して勉強やスポーツに励み、大学合格と同時にある1つの目標に向かって第2ステップを踏み出すという流れになるでしょう。

 

2.思い立つ時期
前述のとおり、小学校高学年から中学生の段階で道を見定めています。「念ずる」というような言葉のひけらかしではなく、もう「なるんだ」と決めて自分自身で夢中になっているのです。メジャーリーグの大谷選手がそうであったように、「念ずる」ことと「信念を持ち続けるモチベーション維持につながる文字化」は一定の努力を重ねた後、第3ステップを踏み出すために行います。
つまり、「念ずる」だけではなく、考えるだけではなく、常に現場で自分が体を動かしながら、勉強でもわからない点を1つひとつクリアしながら、その積み重ねをしたあとで、「何が足らないのか?」を考えることが必要になります。そのときに、少し心のよりどころとなるのが「念ずれば花開く」というフレーズです。
小学生の高学年や中学生の早い段階で進む道を自分の意思で決め、大学に進むために進むべき高校に入り、高校生の段階は勉強とともに「不足する部分」を客観的に見つめ、その不足した能力や学力を埋めるための対策を立てて、1つひとつ埋めていきます。


重要なのは、「念ずること」ではなく、

 1.早い段階で目標達成をイメージして行動を開始すること
 2.不足する部分を客観的に見ながら1つひとつ埋めること
 3.大学入学まで実現しても最終目標をおろそかにしないこと

 

小学生からずっと、自主的に自分の目標達成をイメージして努力を怠らないことこそが重要なのであって、「念ずれば花開く」という評論家の言葉だけを頼りにする他力本願では何も達成できないことがわかります。
しかし、「念ずれば花開く」というフレーズが無意味であるということではありません。努力する人間にとっては、やはり心強い味方です。努力しないで「頑張ればなんとかなる」という「弱い念じ方」「他力本願的な念じ方」しかできない普通の人にとっては、あってもなくても良いフレーズなのです。やはり、こうした言葉を発する作家など優れた人たちが言いたかった本当の思いが受け止められる思慮の深さがあって初めて、念じたことが現実のものとして自分を祝福してくれるということになります。

 

3.学力と意欲
人間は働かなければ生きていけません。スポーツ選手も、頭脳と体を使って多くの報酬を得ています。報酬はあとからついてくるものですが、一流になろうとするとやはり厳しすぎるほどの能力と、また同じ志を持つ人たちとの競争に勝つ必要があります。


まず、狭き門を突破するためにはどうしても「学力」が必要なのです。「意欲」があってもダメ、まず学力もしくはスポーツ選手であれば若い頃から積み上げた成績(目に見える実績)が必要です。
念じていても学力もスポーツ大会の優勝もありません。とにかく、体を動かし、目の前の目標をクリアする対策を講じながら積み上げなければいけないのです。でも、小学生から大学4年間を入れても約10年です。この10年間に、のほほんと過ごすか、自分の能力不足に対するいらだちから他人を批判することなく自分自身の道を歩み続けるのかによって、結果は大きく違ってきます。


学力と意欲とは、常に自分自身の主体性によって支えられています。子どもの頃はそのサポートを親がしてくれます。また、実力を備えた人には周囲のサポートやアドバイスも受けることができるようになります。これが特待生であったり、競争率10倍の狭き門でも自力で突破していく人の底力でしょう。
しかも、そのときには上位ランクのライバルしか眼中に入らなくなっています。競争率10倍でも、統計的な傾向で見れば75%は気にする必要はありません。上位25%、もっと言えば7~8%程度のレベルの人たちとの競争に勝つことだけイメージすれば良いのです。自分の立ち位置がそこにいるのに、下位レベルの「思い」だけ持った人たちを競争相手とする必要はないのです。

自分を褒めながら行動を開始して積み上げること

〇最後に
これらは私の経験上、社会的評価を受ける職業に就いた同級生を簡単に評価してみて感じたことを紹介しました。学力で言えば、概ね上位10%、しかも中学生のときに進路を決め進学校に入り、有名大学を出てその社会的地位を獲得しています。


でも、だからといって私のように上位に入れない人たちが「愚か者で役立たず」だということはありません。インテリぶっても所詮、仕事は肉体労働です。また、工事現場で壁のひとつも塗れません。やはり、プロの職人のチカラを借りなければならないのです。
どんな仕事も人の役に立っているということです。全てのチカラが結集して社会は動きます。また、仕事は不安定な派遣労働者かもしれませんが、趣味の分野で優れた能力を発揮する人もいます。
自分がいる今の環境のなかで、仕事を一生懸命して、笑い、趣味にも少し目を向けると違う世界観が広がってきます。


「念ずれば花開く」は、特に意識する必要はないでしょう。

そんなことを気にするよりも、目の前の目標を立て、達成日時とスケジュールを立て、具体的な行動プラン(無理のない)を立てて、明日から行動すること。仕事でも趣味でも、「実力」「意欲」「達成感」の繰り返しです。自分を褒めながら、行動を開始することにしましょう。

 

情報編集力の鍛え方

セルフコーチングメソッド

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

ご自身の得意を求める人がいる

支払い方法について

領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」をご覧ください。

配送について

配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。ご注文商品代金8,000円以上、および送料無料商品を含む場合は、株式会社もしもが送料を負担いたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
配送業者について
商品の配送は、佐川急便に委託しております。一部の直送商品につきましてはヤマト運輸等、他の配送業者がお届けする場合がございます。
商品は「株式会社もしも」名義でのお届けとなります。一部の直送商品につきましては、「株式会社もしも」名義ではなく、卸業者名、メーカー名になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。
配送業者の都合上、お届けができない地域がございます。その際はご注文をキャンセルさせていただきますのでご了承ください。
※ただいま海外への出荷は承っておりません。
出荷目安について
出荷目安はご注文から出荷手配が完了するまでの期間となります。こちらは、土日祝日や年末年始、お盆休みを含まない営業日で計算しております。
※出荷目安が「即日出荷」の商品は、平日・土曜日の15:00まで(一部商品は平日14時、又は平日15時まで)の注文分を当日中に出荷いたします。日曜・祝日・年末年始・お盆の場合は翌営業日に出荷いたします。