レジスター,激安,レジ,レジ専門店,専門店,税理士,選び方,キャッシュフロー,飲食店,売れるメニュー,起業 小さな会社と専門店の会計・給与クラウド[編集] - 通販

税込8000円以上のお買い上げで送料無料

更新情報

1日の現金収支と売上高・経費は必ずチェック

小さな専門店の中には税務署への申告時期にまとめて帳簿を整理する話も耳にしますが、店舗やサービス業でも商売を行っている以上、1日の収支は必ず帳簿の残し現金収支をきちんと確認することが重要です。

最近はパソコンで経理処理を行いますが、経費の支出などは帳簿に必ず書きこんでおきます。パソコン入力は数日分をまとめて入力もできますが、購入品目や領収書がきちんと記述・保管されていれば時間のロスが防げます。

また、原価計算は決算上の利益確定に避けて通れません。原価計算はキャッシュフローにもかかわるので、利益は上がっているのにいつも現金が不足して支払に困るといったことも多く出てきます。

銀行借り入れを行う場合も、数期分の決算書とキャッシュフロー計算書は重要になってきます。

売上が低迷したときの突破口を見つける5つのステップ

人通りの多い好立地に店舗を構えたから必ず来店者があふれるわけではありません。また、どうしても売上が伸び悩む時期もあります。店舗改装をしようにも資金はない、そんなときに流れを変える効果的な方法があります。

経営指導員やコンサルタントは「強みを明確にしなさい」と言うでしょう。

では、その「強み」とはいったい何なのでしょうか。どの商品が売れている?、お客様の属性傾向は?

過去のデータから導き出す方法もありますが、実はこのデータ、1つのエビデンスに過ぎないということも考えておきましょう。何が要因となって、この数値が実績として出てきたのでしょうか?

 

答えは単純です。仕入れた商品(あるいは提供するサービス)と購入されたお客様のニーズがマッチしたということにすぎません。ということは、同じお客様に同じような商品を提案すれば売上は改善するはずです。

ところが、現実はそうなっていないから悩み始めているはずです。そもそも、次に売れる商品は何?

過去の売上の裏付けがデータであって、傾向は見えるかもしれませんが次に売れる商品ではないのです。

づづきはこちらのページで

カートに入れる

利益の源泉は原価管理にあり!

小さな専門店や飲食店経営者に多く見られるのが、経理や人事管理の知識や経験が浅いこと。簿記会計はもちろん、原価計算もしっかりと行うことが利益を生み出す1つの近道です。

○商品戦略○販売戦略○財務・総務管理、この3つを極めて繁盛店への道を歩みましょう。

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」