夫婦二人のベッドはどのサイズがいいのでしょうか


夫婦のベッドはどのサイズがいい?
サイトの相談コーナーでも多いご質問ですね。

一般的に二人のベッドと言えば、セミダブル、ダブル、クイーン、キングになります。
念のため、各ベッドサイズとご確認ください。
各ベッドの長さは変わりません。ベッド幅(マットレス幅)が20cmずつ変わります。

シングルベッド幅  100cm
セミダブルベッド幅 120cm
ダブルベッド幅   140cm
クイーンベッド幅  160cm
キングベッド幅   180cm

成人の肩幅の平均は55~60cm。二人くっついて寝ても最低120cmは必要です。
でも、ミイラじゃないから、一晩微動だにせず眠るってことはありません。
寝返りする、手も足も動くので120cmに二人は無理ですね。セミダブルは候補から外してください

2人のベッドはダブルから
ウチの場合はダブルです、ウチの場合はセミダブルです、あたしんちはクイーンです と各ご家庭でいろんなパターンがあるようですが、
先に結論をもうしますと、
二人おやすみになるのはダブルベッドからです。

セミダブルは基本的に余裕のシングルとお考えください

あら、ウチはずっとセミダブルベッドに二人寝てますけど、そんなご家庭もあるでしょう。
シングルのお布団で二人でおやすみになっているご夫婦もあるようです。
でも、セミシングルを二人で使うベッドとして販売したらなんでこんなに窮屈なのに!とお叱りお受けるでしょう。

セミダブルベッドという名前が勘違いを招くようでセミダブルはダブルよりちょっと狭いだけの二人用ベッドだと思われがちですがセミダブルで二人おやすみになるのはかなり窮屈です。

セミダブルは120cm、一人分の幅は60cmしかありません。
一人用ベッドで最も狭い幅のセミシングルでも85cmです。

仰向けになったまま寝返りもせずおやすみになるならセミダブルで何とかなるかもしれませんが、通常はだれも、一晩に10回以上の寝返りをします。寝返りは単純に横回転するだけではなく手も脚も腰も動きます。
一人60cmのセミダブルだとそれができない、「身動きとれない」ベッドになります。


一日の疲れをとるための睡眠で寝返りもできないでは熟睡できません。
ダブルベッドさえ十分広いとは言えませんが、二人のベッドは140cm幅のダブルからがおすすめです。

セミダブルはダブルサイズのちょっとだけ狭いベッドではなく「シングルよりちょっと広いワイドシングル」とご理解ください。


ダブルは140cm幅、2人用ベッドです

セミダブルは一人用ベッド、お二人のベッドはダブルからです。
ちなみにダブルサイズベッドの平均的な幅は140cmです。

実物のベッドを見ると大きなベッドと想いがちですが、実はダブルベッドもそんなにゆったりではありません。
ダブルベッドサイズ幅140cmもひとり分では半分の70cm。大人の肩幅は約60cm。ね。そんなに余裕はないです。

ダブルベッドはたっぷり余裕のあるベッドではないけれど2人で使うには必要な幅になっているベッドです。
いわば二人のベッドとして必要最小限の幅ですね。
ですからご夫婦でおやすみになるベッドはダブルベッドからをおすすめしています。

一つ問題なのはマットレスです。
ダブルサイズまでセパレートマットレスがない、ダブルサイズの一枚マットレスです。
ということで、一枚マットレスなのでお互いの寝返りの揺れや振動で目が覚めるってことも多いんです。

揺れや振動を減らすダブルベッドのマットレス選び
ダブルサイズベッドにお使いになるマットレスが硬めのマットレスでしたらこの揺れの影響は大きいです。
そこで、おすすめするマットレスはポケットコイルマットレス。

ポケットコイルマットレスはスプリングが圧のかかった部分だけ縮んでほかのスプリングに影響を与えません。
ほかのベッドマットレスのスプリングの多くはコイルとコイルをワイヤーで連結しています。ですから圧のかかった部分を中心に全体的に伸縮します。
この構造のちがいによってポケットコイルは寝返りで動いた部分だけの伸縮で隣は揺れない、
例えばボンネルコイルはコイルが連結されていますので寝返りした人の動きはベッド全体、お隣に伝わることになります。

上の画像をご覧くださいマットレスの特性がよくわかります。
ボンネルコイルのマットレスは平均的に、マットレス全体で人の体重を支えています。
ポケットコイルは厚のかかった部分だけ伸縮して、肩と腰だけ縮んでいる様子がお分かりいただけると思います。

ポケットコイルマットレスは揺れを伝えにくいだけでなく寝心地も柔らかいマットレスです。

ダブルサイズベッドは一枚ベッドですから、お隣に揺れや振動がつたわりにくいポケットコイルのマットレスがおすすめです。クイーンベッドになりますと2枚セパレートが選べます。
二人のベッドならクイーンベッドかシングル2台か
2人用ベッドとしてダブルサイズベッドはそんなに広くないと申しました。最少限必要な幅のベッドで二人で余裕のベッドでもないんですね。

ちなみに、欧米のベッドでは、日本のダブルサイズ140cm幅に近い137cm幅のベッドがありますがこれは一人用ベッドです。ホテルでツインの部屋は100cm幅のシングル2台ではなく、137cm幅のベッド2台が多いようです。日本のホテルも100cm幅のベッドを使うホテルは減っているようですね。一人で宿泊するベッド一台の部屋でもベッドはダブルサイズが増えています。

それじゃどのベッドなら二人でもゆっくり眠れるかというと、クーンサイズベッドかキングサイズベッド、またはシングルベッドの2台並べです。

クイーンサイズの幅は160cm、一人80cmはゆったりですね。
その上のキングサイズは180cmです。一人90cmはもっとゆったり。
2台並べのシングルベッド1台の幅は100cm、いうことなしにゆっくり眠れます。

お部屋の都合でこんな大きなベッドがおけるかな、という問題があります。それぞれのメリットやデメリットもいくつかありますのでクーンサイズかキングサイズかシングルベッドの2台並べかについて考えましょう。

ここまでのおさらい。

●2人で使うベッドならダブルベッドから。セミダブルベッドは一人用ベッドです。
●ダブルベッドなら十分かというとそうでもない、最小限の幅なんです。
クイーンサイズ

クイーンサイズは二人用ゆったりベッド
クイーンサイズは幅160cmの大きなベッドです。
2人でお使いになるとして一人80cm幅、大人二人がおやすみになるにはこの広さなら申し分ありません。
多くの場合、160cm幅のクイーンサイズのゴージャスな一枚マットレスになります。

ですが、クイーンサイズならではの特徴でメリット、デメリットがあります。

クイーンサイズ、キングサイズベッドのメリット
●まずはゆっくり眠れる
大きなベッドですから二人でも余裕。お隣の寝返りの影響も少なく快眠できます。

熟睡できる・できないは真っ先に男性の能力に影響するようです。
とはいってもあっちではなくこっちの能力、つまり仕事の能力。
自分で認識している以上に寝不足は脳の活性を鈍らせるようですから、しっかり眠れるベッドにするメリットは大きいです。

●ベッドのメンテナンスが1台で済む
大きなベッドですが、シーツの取り換え、マットレスの風通しなどのメンテナンスも一台で済みます。
奥様一人では重くて大変ですから休日にご主人に手伝ってもらえば短時間で済みます。

クイーンサイズ、キングサイズベッドのデメリット
●寝室の半分を占領する
例えば寝室が6畳の場合、160cmのクイーン、180cmのキングベッドは部屋の半分を占領します。
寝室はベッドだけですと問題なしですが、タンスやそのほかの家具がある場合は余裕がなくなる場合があります。

●シーツ・パッドなどが揃えにくい
お近くに寝具店、ホームセンターはございますか? シングルからダブルサイズのシーツや敷パッド、毛布や布団は充分な品揃えでも、クイーンやキングの寝具は少ないですね。急いで買い替える場合にちょっと不便なことがあります。
シングル2台並べがおすすめ!
ご夫婦お二人どうしても同じベッドですぐ横に相方がいなきゃイヤということでしたらクイーンベッドかキングベッドがおすすめです。

大型ベッドで1枚マットレスの場合、マットレスをポケットコイルにする、またはセパレートの二枚マットレスになするとお隣でおやすみの方に寝がえりの揺れや振動は伝わりにくくくなります。

ご夫婦のベッドにもう一つのご提案はシングル2台(またはセミダブルとシングルの2台)です。
シングル2台でくっつけて200cm幅、セミダブルとシングルの2台だと220cm幅です。
セミダブルとセミダブルの2台では240cm幅です。

シングル2台にするメリットは
■くっつけるとキングより大きな200cmワイドキングになり、ツインにもできること。
ベッドが独立していますのでお互いにぐっすり眠れること。
シングルサイズなのでパッドやシーツ、掛布団などの種類も多いこと
好みの柔らかさ・硬さのマットレスがそれぞれ選べること。です。

シングル2台くっつけるならマットレスも同じ高さがいいですよね。
マットレスの高さもスプリングの種類によって異なりますので硬さの異なるマットレスをお選びになるならマットレスの高さもご確認ください。

シングル2台かダブルかでお迷いでしたらシングル2台かクイーンサイズでご検討ください。
クイーンかシングル2台かでお迷いでしたらシングル2台がおすすめです。
キングかシングル2台かでお迷いでしたらやはりシングル2台がおすすめです。

おすすめの最大の理由はお隣の安眠を邪魔せず、邪魔されずゆっくりねむれるから。これです!
また上に書きましたシングル2台にするメリットがあります。

家族に合うベッドの組み合わせができる!

わかりやすくシングル2台ベッド、としていますが、2台ベッドはシングル2台の限定ではありません。
ご家族に合うベッドの組み合わせでの2台ベッドもできます。

シングル2台の200cm、シングルとセミダブル
の220cm、シングルとダブルの240cm
セミダブルとセミダブルの240cm、ダブルとダブルの280cmなどです。

大まかには、夫婦のベッド、3人家族のベッドに200cm
4人家族には240cm、5人家族には280cmをおすすめしています。

新婚さんが2台ベッドにするメリットは赤ちゃんが生まれてもそのまま使えること。
シングル2台の200cmでも親子3人は余裕です。もう一人の予定があるなら240cm幅で。
240cm幅の2台ベッドはダブルとシングルのベッド2台、またはセミダブルベッド2台の組み合わせができます。

連結・分離とも簡単な連結ベッド!

将来お子様が一人寝できる年齢になったらいつも寝ているベッドをそのままお子様のベッドにできるという点で一つのベッドはシングルにしておくのがおすすめです。

部屋数や広さ、お子様の人数、ご夫婦の体格、勤務時間帯など、各ご家庭の状況でベッド選びも変わると思います。
いずれにしてもベッドの広さ、組み合わせで都合のいいサイズが選べてぐっすり眠れる2台ベッドがよろしいかと思います。
シングルベッド2台連結
シングルベッド2台連結
ご案内していますベッドを2台選ぶ場合、単品ベッド2台を選ぶケースと、あらかじめ2台連結になったベッドを選ぶケースになります。

ピッタリくっつけてもう離れない!決意の固いベッドは連結ベッドからお選びください。
ツインにするベッド、連結でなくていい場合は単品でお選びください。

連結ベッドも個別にツインでお使いいただけます。
連結ベッドをベッドタイプ別にご案内します!

連結ベッドをベッドタイプ別にまとめております。
ご希望のベッドタイプはこちらからご覧ください。

収納付き連結ベッド
ベッド下に引き出しとフリー収納の収納スペースがあるベッドです。簡易引き出しタイプの収納付き連結ベッドとBOX構造のローチェスト組み込みタイプのチェストベッドがあります。

4脚ステーションベッドの連結ベッド
ベッド下は空間で基本形の4脚の付いたベッドです。デザインにより4脚でないものもありますが、ベッド下の空気の移動を妨げず、湿気拡散に優れたベッドの連結タイプです。

ベッドの高さが低いフロアベッドと似たデザインですが、マットレスを載せる床板がフロアに密着せず、多くの場合スノコ床板でマットレスに湿気を溜めない造りになっています。

ベッドの構造が簡単で同じサイズ、同じマットレスならフロアベッドタイプが最も低価格になります。マットレスは床板一枚の直置き。湿気拡散しにくい弱点があります。

※上の3点のベッドはおやすみになる方の体重をベッドが支える構造ですが、フロアベッドはフレームを頑丈に造る必要がないのでベッドの造りが異なります。丈夫なベッドを優先なさりたい場合は上の3タイプからお選びください。

    ベッドの総合通販CELLENAの連結ベッドショップです

連結ファミリーベッド、ジョイントベッド専門ショップ

ベッドの総合通販のCELLENA.
このショップは常時はSSL化により通信内容は保護されています。httpsになっていないときは↓↓
CELLENA BED SHOPS

夫婦と家族のための2台連結ベッド

連結ベッド フロアベッドタイプの連結

連結ベッド 収納付きファミリーベッド

連結ベッド 4脚ベッド、ステーションタイプ

連結ベッド ローベッドタイプ

サイズ別連結ベッド・ファミリーベッド!

BACKYARD

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

お問い合わせ

ご来店ありがとうございます。長くご愛用いただくためご不明な点はご質問ください。
各商品については商品ページ、カートの下「◎この商品について質問する」から、 それ以外のご質問は対象商品掲載ページのURLをコピペしてご質問を送信してください。

ご質問内容・商品詳細を確認して原則、翌日までにはご返事するようにしています。
電話対応はございません。ご了承のほどお願いいたします。

お問い合わせサポートセンター メールフォームでの対応になります。