• トップ >
  • 「5年、7年保存水 霧島の備蓄水」の商品一覧

ミネラルウォーターをまとめて購入したい。

2000年以降だけでもこんなに頻発、地震列島日本

1995年の阪神淡路大地震で大都市にも強大な地震が来るんだと思い知らされました。
それから 2011年東北沖3.11大地震、2016年熊本大分大地震。
こんな大地震以外に、実はほぼ毎年、こんなに地震が起きています。

ここに抜き出したのは震度4以上の災害をともなう地震だけです。
地震以外に台風、火山爆発、ゲリラ豪雨の被害など加えると
弐本国中どこでも、私が棲んでるとこは大丈夫とは言える地域はありません。
(出典:Wikipedia 地震の年表・日本)

2000年(平成12年)
1月28日 根室半島南東沖で地震 - Mj 7.0(Mw 6.8)、深さ59km、北海道釧路市・厚岸町・中標津町・別海町・根室市で最大震度 4。

3月28日 硫黄島近海で地震 - Mj 7.9(Mw 7.6)、深さ128km、小笠原諸島父島で震度 3。
6月26日?8月 新島・神津島・三宅島近海で群発地震 - 7月8日に三宅島で噴火開始。
7月1日 - 神津島近海、Mj 6.5(Mw 6.2)、神津島で最大震度 6弱。死者1人。
7月9日 - 神津島近海、Mj 6.1、神津島で最大震度 6弱。
7月15日 - 新島近海、Mj 6.3(Mw 6.1)、新島で最大震度 6弱。
7月30日 - 三宅島近海、Mj6.5(Mw 6.5)、三宅島で最大震度 6弱。
8月18日 - 神津島近海、Mj 6.1、式根島で最大震度 6弱。
8月6日 小笠原諸島西方沖で地震 - Mj 7.2(Mw 7.3)、深さ445km、小笠原諸島父島で最大震度 4。
10月6日 鳥取県西部地震 - Mj 7.3(Mw 6.8)、鳥取県境港市・日野町で最大震度 6強

2001年(平成13年)
3月24日 芸予地震 - Mj 6.7(旧Mj 6.4)(Mw 6.8)、広島県河内町・大崎上島町、熊野町で最大震度 6弱

12月18日 与那国島近海で地震 - Mj 7.3(Mw 7.1)、沖縄県与那国島・西表島で最大震度 4

2002年(平成14年)
3月26日 石垣島近海で地震 - Mj 7.0(Mw 6.5)、沖縄県黒島、波照間島で最大震度 1。

2003年(平成15年)
5月26日 宮城県沖で地震(三陸南地震、宮城県北部沖地震、東北地震) - Mj 7.1(Mw 7.0)、岩手県・宮城県で最大震度 6弱

7月26日 宮城県北部地震[注 17] - Mj 6.4(Mw 6.1)、宮城県南郷町・矢本町・鳴瀬町で最大震度 6強。

7月27日 日本海北部で地震 - Mj 7.1(Mw 6.7)、深さ487km。青森県、岩手県、宮城県で最大震度 3。

9月26日4時50分頃 十勝沖地震 - Mj 8.0(Mw 8.0?8.3)、北海道新冠町・静内町・浦河町・鹿追町・幕別町・豊頃町・忠類村・釧路町・厚岸町で最大震度 6弱、
同日6時8分頃、十勝沖で地震 - Mj 7.1(Mw 7.4)。北海道浦河町で最大震度 6弱。十勝沖地震の最大余震。

2004年(平成16年)
9月5日 紀伊半島南東沖地震
19時7分 三重県南東沖で地震[注 18] - Mj 7.1(Mw 7.3)、最大震度5弱。
23時57分 三重県南東沖で地震[注 19] - Mj 7.4(Mw 7.5)、最大震度 5弱。

10月23日17時56分頃 新潟県中越地震(新潟県中越大震災) - Mj 6.8 (Mw 6.7)、新潟県川口町で最大震度 7。
同日18時11分頃 新潟県中越地方で地震 - Mj 6.0、小千谷市で最大震度 6強。新潟県中越地震の余震。
同日18時34分頃 新潟県中越地方で地震 - Mj 6.5(Mw 6.4)、川口町、長岡市、十日町市で最大震度 6強。新潟県中越地震の最大余震。

10月27日 新潟県中越地方で地震 - Mj 6.1、魚沼市で最大震度 6弱。新潟県中越地震の余震。

11月29日 釧路沖で地震 - Mj 7.1(Mw 7.0)、北海道弟子屈町、釧路町、別海町で最大震度 5強、深さ48km。最大余震は4分後のMj 6.0。
12月6日にもほぼ同じ海域でMj 6.9の地震が発生。

12月14日 留萌支庁南部で地震 - Mj 6.1(Mw 5.8)、気象庁による観測では北海道苫前町で最大震度 5強[4]。防災科学技術研究所による強震観測網では北海道小平町で震度 6弱を観測[140][141]。

2005年(平成17年)
3月20日 福岡県西方沖地震 - Mj 7.0(Mw 6.7)、福岡県福岡市・糸島市、佐賀県みやき町で最大震度 6弱[

8月16日 宮城県沖で地震 - Mj 7.2(Mw 7.1)、宮城県川崎町で最大震度 6弱。宮城県沖地震の1つとみられる

11月15日 三陸沖で地震 - Mj 7.2(Mw 7.0)、北海道から関東にかけて最大震度 3。大船渡市で最大50cmの津波観測。

2007年(平成19年)
3月25日 能登半島地震 - Mj 6.9(Mw 6.6)、石川県穴水町・輪島市・七尾市で最大震度 6強。死者1人、小さいながら津波も発生した。

7月16日 新潟県中越沖地震 - Mj 6.8(Mw 6.7)、新潟県長岡市・柏崎市・刈羽村、長野県飯綱町で最大震度 6強。柏崎刈羽原子力発電所では震度 7相当との試算がある[142][143]が、計測地震計によるものではない。柏崎市を中心に家屋倒壊や土砂崩れなどの被害。死

2008年(平成20年)
5月8日 茨城県沖で地震 - Mj 7.0(Mw 6.8)、茨城県水戸市と栃木県茂木町で最大震度 5弱。午前1時45分に本震、同日午前1時2分頃にMj 6.4、その14分後にMj 6.3の地震。

6月14日 岩手・宮城内陸地震 - Mj 7.2(Mw 7.0)、岩手県奥州市と宮城県栗原市で最大震度 6強。山崩れや地滑りが多発。

7月24日 岩手県沿岸北部で地震 - Mj 6.8(Mw 6.8)、深さ108km。青森県八戸市・五戸町・階上町、岩手県九戸郡野田村で最大震度 6弱。

9月11日 十勝沖で地震 - Mj 7.1(Mw 6.7)。北海道新冠町、新ひだか町、浦幌町、大樹町で最大震度 5弱。

2009年(平成21年)
8月9日 東海道南方沖で地震 - Mj 6.8(Mw 7.0)、深さ333km、関東から東北地方南部にかけて最大震度 4

8月11日 駿河湾で地震 - Mj 6.5(Mw 6.3)[148]、静岡県御前崎市・牧之原市・焼津市・伊豆市で最大震度 6弱。

2010年(平成22年)
2月27日 沖縄本島近海で地震 - Mj 7.2(Mw 7.0)[150]。沖縄県糸満市で最大震度 5弱。負傷者2名。

11月30日 小笠原諸島西方沖で地震 - Mj 7.1(Mw 6.8)[151]、深さ494km[152]、関東から東北地方南部の広い範囲で最大震度 3[153]。

12月22日 父島近海で地震 - Mj 7.4[154]?Mj 7.8[155](Mw 7.3[155]?Mw 7.4[156])、父島と母島で最大震度 4。
2011年(平成23年)
3月9日 三陸沖で地震 - Mj 7.3(Mw 7.3)[158]。宮城県登米市・美里町・栗原市で最大震度 5弱。最大60cmの津波を観測。東北地方太平洋沖地震の前震とみられる。

3月11日14時46分頃 東北地方太平洋沖地震(東日本大震災) - Mw9.0(Mj 8.4、日本の地震観測史上最大)。宮城県栗原市で最大震度 7。他に東日本の7県で震度 6弱以上を観測。戦後最悪の震災。
北海道から関東地方にかけて太平洋沿岸部への巨大津波で甚大な被害。
3月11日以降の数日間に震源域から離れた場所で発生した地震も、誘発させた可能性が指摘されている[160]。
同日15時8分頃 岩手県沖で地震 - Mj 7.4(Mw 6.7[161]?7.4)[162]。
青森県と岩手県で最大震度 5弱。東北地方太平洋沖地震の余震。

同日15時15分頃 茨城県沖で地震 - Mj 7.6(Mw 7.7?7.9[163])。茨城県鉾田市で最大震度 6強。東北地方太平洋沖地震の最大余震。
同日15時25分頃 三陸沖で地震 - Mj 7.5(Mw 7.5?7.7[165])。北海道、東北地方、関東地方の広い範囲で最大震度 4。東北地方太平洋沖地震の余震。アウターライズ地震。

3月12日 長野県北部で地震 - Mj 6.7(Mw 6.3[167]?Mw 6.4[168])。長野県栄村で最大震度 6強、死者3人[169]。東北地方太平洋沖地震の誘発地震[170]。

3月15日 静岡県東部で地震 - Mj 6.4(Mw 6.0)。静岡県富士宮市で最大震度 6強。東北地方太平洋沖地震の誘発地震[160]。

4月7日 宮城県沖で地震 - Mj 7.2(Mw 7.1)。宮城県栗原市、仙台市宮城野区で最大震度 6強。死者4人。

4月11日 福島県浜通りで地震 - Mj 7.0(Mw 6.6[173]?Mw 6.7[174]?Mw 6.8[175])[172]。福島県いわき市・古殿町・中島村、茨城県鉾田市で最大震度 6弱。東北地方太平洋沖地震の余震。

4月12日 福島県中通りで地震 - Mj 6.4(Mw 5.9[176]?Mw 6.0[177])。福島県いわき市、茨城県北茨城市で最大震度 6弱。東北地方太平洋沖地震の余震。

6月30日 長野県中部で地震 - Mj 5.4(Mw 5.0)、長野県松本市で最大震度 5強。死者1人[179]。東北地方太平洋沖地震の誘発地震[180]。

7月10日 三陸沖で地震 - Mj 7.3(Mw 7.0)。岩手県、宮城県、福島県で最大震度 4。

10月3日?10月12日 富山県東部の長野県との県境近くで群発地震。10月5日にMj 5.4(Mw 5.3)(最大震度 3)、Mj 5.2(最大震度 4)などの地震が相次ぐ[182]。10月7日のMj 2.4(最大震度1)

11月8日 沖縄本島北西沖で地震 - Mj 7.0(Mw 6.8[184]?Mw 6.9)、深さ217km。沖縄本島地方で最大震度 4[186]。

2012年(平成24年)
1月1日 鳥島近海で地震 - Mj 7.0(Mw 6.8[187]?Mw 6.9[188])、深さ約370km。東北から関東の広い範囲で最大震度 4[189]。

3月14日18時8分頃 三陸沖で地震 - Mj 6.9(Mw 6.9[190]?Mw 7.0[191])。北海道、青森県、岩手県で最大震度 4。
同日21時5分頃 千葉県東方沖で地震 - Mj 6.1(Mw 5.9)[193]。千葉県と茨城県で震度 5強。東北地方太平洋沖地震の余震。

12月7日 三陸沖で地震- Mj 7.3(Mw 7.3[195]?Mw 7.4[196])、深さ49km。青森県、岩手県、宮城県、茨城県、栃木県で最大震度 5弱。死者2人。この地震の8秒前にM 7クラス(Mw7.2[196])と推定される地震が発生している[197]。東北地方太平洋沖地震の余震。

2013年(平成25年)
2月2日 北海道十勝地方南部で地震 - Mj 6.5(Mw 6.9[198]?Mw 7.0[199])、深さ102km。北海道浦幌町・釧路市・根室市で最大震度 5強[注 22]。

4月13日 淡路島付近で地震 - Mj 6.3(Mw 5.8)[200]、深さ15km。淡路市で最大震度 6弱[201][202]。

4月17日?4月18日 三宅島近海で群発地震 - 4月17日?4月18日にかけて震度1?3の地震が相次ぐ。4月17日17時57分頃の地震で三宅島で最大震度 5強を観測[203]。

10月26日 福島県沖で地震 - Mj 7.1(Mw 7.1[204]?Mw 7.2[205])、深さ56km[206]。宮城県、福島県、茨城県、栃木県で最大震度 4[207]。
2014年(平成26年)
7月12日 福島県沖で地震 - Mj 7.0[208](Mw 6.5[209])、深さ33km。宮城県、福島県、茨城県、栃木県で最大震度 4。

11月22日 長野県北部で地震(長野県神城断層地震) - Mj 6.7[211](Mw 6.2)、深さ5km。長野県長野市、小谷村、小川村で最大震度 6弱。

2015年(平成27年)
5月30日 小笠原諸島西方沖で地震 - Mj 8.1 (Mw 7.8)、深さ682km。小笠原母島と神奈川県二宮町で震度5強。

11月14日 薩摩半島西方沖で地震 - Mj 7.1(Mw 6.7)、深さ17km。鹿児島県、佐賀県で最大震度 4。

2016年(平成28年)
4月14日 熊本地震の前震[注 23] - Mj 6.5[216](Mw 6.2[217])、深さ11km[216]。熊本県益城町で最大震度 7[218]。

4月15日 熊本県熊本地方で地震 - Mj 6.4 (Mw 6.0)[220]、深さ7km。熊本県宇城市で最大震度 6強。

4月16日 熊本地震の本震 - Mj 7.3 (Mw 7.0)[221]、深さ12km。熊本県益城町、西原村で最大震度 7[222]。
この地震の後、熊本県阿蘇地方と大分県でも地震活動が活発化した。
本震の約32秒後に大分県中部でM5.7の地震が発生し大分県別府市と由布市で震度6弱を観測

10月21日 鳥取県中部で地震 - Mj 6.6 (Mw 6.2)[224]、深さ11km[225]。鳥取県倉吉市、湯梨浜町、北栄町で最大震度 6弱。

11月22日 福島県沖で地震 - Mj 7.4 (Mw 6.9)[226]、深さ25km[227]。福島県、茨城県、栃木県で最大震度 5弱。
12月28日 茨城県北部で地震 - Mj 6.3 (Mw 5.9)[229]、深さ11km[230]。茨城県高萩市で最大震度 6弱。

2018年(平成30年)
6月18日 大阪府北部で地震 - Mj 6.1 (Mw 5.6)[231]、深さ13km[232]。大阪府大阪市北区、高槻市、枚方市、茨木市、箕面市で最大震度 6弱。 
保存可能期間5年から12年の備蓄保存水ラインナップ

学校、会社、自衛隊、事業所などにもお届けしています。
自治会、事業所様、お備えください長期保存水。
まとめて30ケース以上、または合計10万円からご相談ください!
ショップで見つけたあの商品をまとめて大量に購入したい。


  • 高知沖海洋深層水12年備蓄保存水 2L×6本
  • 高知沖海洋深層水12年備蓄保存水 500ml×24本
  • 高知県室戸岬沖の海洋深層水を保存備蓄水にしました。ミネラルはそのまま塩分・雑菌を除去しています。通常の保存備蓄水は70℃殺菌ですがこちらは130℃の超高温殺菌。それで12年保存を可能にしました。2L×6本1ケースは1日最低限2Lとして二人3日分になります。

  • 霧島連山の備蓄5年保存水 2L×6本、2L×12本、2L×60本 ほか500mlも多数
  • 霧島連山の備蓄7保存水 2L×6本、2L×12本、2L×60本 ほか500mlも多数
  • 鹿児島と宮崎の県境にそそり立つ霧島連山の湧水を保存備蓄水にしました。霧島連山の雨がシラス台地に浸み込み濾過され、再び地上に湧き出たミネラル豊富な水を高温殺菌しています。500ml、2Lボトルがありますが備蓄水で保存される場合は2リットルボトルが管理しやすいです。

  • 山梨県大菩薩嶺水源の水 5年保存水 500ml ×24本
  • 山梨県大菩薩嶺水源の水 5年保存水 500ml ×48本
  • 防衛省備蓄用飲料水として、仙台駐屯地、福島郡山駐屯地、大村駐屯地への納入実績が有る「信頼」の長期保存水です。 天然水使用のミネラルウォーターの備蓄水は硬度23mg/Lとまさに超軟水です。山梨県大菩薩嶺水源の天然水。500ml、2Lボトルがあります
  • 山梨甲府の地下水 備蓄5年保存水 2L×12本
  • 山梨甲府の地下水 備蓄5年保存水 2L×24本
  • 市役所、学校法人、福祉介護施設、自治体、大手事業会社など、多くの公共機関や会社から選ばれている実績があります。保存期間表記の適正性について、「山梨県食品衛生協会」による水質検査を実施しております。長期保存に備えた強化段ボール入り、虫も侵入できません。
  • 新潟胎内側地下水 備蓄5年保存水 500ml ×48本 500ml ×240本
  • 新潟胎内側地下水 備蓄5年保存水 1.5L×80本 2L×60本ほかまとめ買いに最適
  • 磐梯朝日国立公園の飯豊(いいで)連峰の雪解け水を集め日本海に注ぐ“胎内川"の地下水を原水としてます。胎内川地域は良質の水の恩恵を受けてビールやワインの生産地にもなっているほどの水の名所です。500m、1.5L、2Lがあります。長期保存向け梱包をしています。
  • 山梨県山麓天然水 5年備蓄保存水 2L×6本、2L×24本、2L×60本、
  • 高知沖海洋深層水12年備蓄保存水 500ml×24本。500ml×240本 まとめ買いに最適
  • 甲州山梨山麓の天然水を高温殺菌にて無菌充填して賞味期限5年6か月の保存が可能な備蓄水にしています。食品安全システム認証規格のFSSC22000を認証取得し、毎月1度、定期的に放射能検査と水質検査を厚生労働大臣登録機関にて検査していますので安心です。
  •  
  • 霧島連山の備蓄 7年保存水 500ml×24本、500ml×48本、500ml×240本 
  • 霧島連山の備蓄 7保存水 2L×12本、2L×60本、ほかまとめ買いに最適
  • 鹿児島と宮崎の県境の霧島連山の湧水を保存備蓄水にしました。志布志市によって徹底管理され、高い基準をクリアしている水源の湧水を高温殺菌しています。500ml、2Lボトルがありますが備蓄水で保存される場合は2リットルボトルが管理しやすいです。
  • 高知県室戸岬沖370Mの海洋深層水を汲み上げて保存備蓄水にしました。ミネラルはそのまま塩分・雑菌を除去しています。通常の保存備蓄水は70℃殺菌ですがこちらは130℃の超高温殺菌。それで12年保存を可能にしました。2L×6本入り、500ml×24本入りがあります。

長期保存水にするか、短期保存水にするか

ミネラルウォーターを適量補充ストックして備蓄水にできます。 

5年保存、10年保存水を緊急用に備蓄しておくに越したことはありませんが、使わないまま飲めなくなったらもったいないとお思いの方もおいでになるかも知れません。

そこでご提案。日ごろ愛飲されているミネラルウォータを備蓄に必要な量ストックして、毎日飲みながら補充しておく、というのはどうでしょう、

ミネラルウォーターの未開封での保存期間は1年~3年。1年の保存可能期間だとしても毎日飲む水として使えば1年では使いきれないことはありません。むしろ足りないくらいです。

3人家族で緊急時に備えて必要な水はおよそ20リットルです。
1リットルボトル24本、2リットルボトル1ダースの備蓄が必要です。

初めに必要量の倍、1リットルボトルなら48本用意して、通常の飲料にしながら、半分近くになったら1リットルボトル24本を補充する。こうしておけば常に備蓄必要量は確保しながら日ごろの飲料にもなりますので無駄にはなりません。製造年月日の新しい水が備蓄されることになります。

国産ミネラルウォーター 短期大量に必要でしたらここから!

殿堂入り安心MIMOZAご家庭・ご家族の安全と安心に備える良品をMIMOZAから
このショップは常時SSL化により通信内容は保護されています。
httpsになっていないときは↓↓
CELLENA  SHOPS  2018

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」