税込8000円以上のお買い上げで送料無料

やさしいジョイントマット商品のメリット・デメリットについて

やさしいジョイントマット商品、特に大判サイズは大変人気がありますが、
お部屋の床に敷く敷物はカーペットやラグなど数多くの種類のものが出ております。
そんなたくさんの敷物の中からジョイントマット商品を選択するのにはきっと理由があるはず。

ジョイントマット商品を敷く理由の多くに、赤ちゃんやペットのいるご家庭での防音対策や安全対策、防汚対策が挙げられ、これから購入を考えていらっしゃる方も多いかと思います。
しかし、フローリング床のままじゃダメなの?カーペットで十分じゃないと言った意見も実際に聞かれたりします。

そこで、ジョイントマットを敷く意義って何?ジョイントマット商品を敷くと他の敷物と比べてどんなメリットがあるのか?
又、反対にどんなデメリットが生じるの?と気になったりますよね?

今回は、そんな気になるたくさんの敷物とジョイントマット商品を比べ、やさしいジョイントマット商品のメリット・デメリットについてご紹介していきます。
予め知っておくだけで、ジョイントマット商品のメリットを十分に生かすことができ、使い勝手も変わってきますのでぜひ参考にしてください。

ジョイントマットを敷いた時のメリット
その1、防水・耐水性が高いジョイントマットはお手入れが楽ちんで衛生的。
最初にまず思いつくメリットがこれ!
床の上で赤ちゃんやペットがお漏らしたり嘔吐することもあります。
そんな丸洗い確定の時、カーペットだと本当に掃除が大変です!
しかし防水・耐水性に優れたジョイントマットなら、まず濡れ汚れもサッと拭くことができます。
そして汚れた部分を取り外して簡単に丸洗いができ汚れを落とすことができる!これが実感する最も大きなメリットなんです。
もし落ちない汚れや匂いがついたらその部分だけ捨てて交換することができ、とっても経済的でもあります。
又、素材がEVAのやさしいジョイントマットはカーペットやラグと違い毛足や縫い目・織り目がありません。
だからアレルギーの原因となるダニやハウスダストが毛足に絡まることもなく、
普段のお掃除で取り除きやすく清潔にご利用でき衛生的なんです。

その2、交換が楽ちん。
上記でも述べたように、カーペットや絨毯、ラグなどの上で赤ちゃんが涎を垂らしたりもどしたりすると洗うのが大変で、結局汚れや臭いが落ちなくて処分することに。
そんなときジョイントマットなら汚れた部分だけ簡単に取り外して洗うことができ、どうしても汚れや臭いが落ちない場合は、「汚れた部分だけ」捨てることが出来てとても簡単です。
普段歩くことが多い場所や汚れる場所などはどうしても劣化がはやくなりがち、
1畳用など少数から購入することもできますので、傷んだときの交換用に少し多めに買っておくのもいいですね。

その3、厚みがあるジョイントマットは安心。
フローリングなどの硬くて冷たい床は、転がったりこけたりした時に怪我をしないか?痛くないか?などとても不安です。
そんな時、赤ちゃんのプレイマットとしてもご利用できる厚みのある極厚ジョイントマットなら安心。
クッション性と共に吸音性にも優れているのでマンションなど階下への防音対策にもなります。

しかし、厚みがあるという事は床との段差が生まれることでもありデメリットにもつながることがあります。
大人にはなんでもない段差でも、走り回る小さなお子様が段差につまずいたりすることもあります。
その他にも厚みのあるジョイントマットを敷いた時に気をつけたいのがお部屋や家具の扉。
厚みのあるものを敷いてしまったばかりに開閉できなくなったり開け閉めがしにくくなることもありますので、
購入前には必ず床と扉の段差を測っておきましょう。

その4、狭い場所や変わった間取りでも敷ける利便性。
ジョイントマットの素材であるEVA樹脂は柔らかい素材なのでカッターやハサミで簡単にカットすることができます。
その為、カーペットが敷けないような狭い場所や変わった間取り、柱や家具に出っ張りに合わせお好みにカットして敷くことがでたりとても使いやすく自由にレイアウトできる利便性も大きなメリットになります。



ジョイントマットを敷いた時のデメリット
その1、EVA素材の臭い。
新品を開封した時に人体に悪影響はありませんが、ビニールの独特の臭いがすることがあります。
時間が経てば臭いは消えますので、換気したり2,3日風通しの良い場所で陰干したりして臭いが消えてから敷いてください。

その2、ギザギザの連結部分にゴミが溜まりやすい。
ジョイント部分にゴミや埃が溜まり、隙間から裏側に髪の毛や細かいゴミが入り込んでしまい面倒です。
特にお子様がジュースなどをこぼしてしまったら、面倒ですがちゃんとめくって裏側と床の上も綺麗に掃除しましょう。
放っておくとカビが発生し、ダニの繁殖につながることになります。

その3、ジョイントマットは消耗品である。
長い期間使っていると気温や湿度、家具の重みなど変形したり凹んできゆがみや隙間ができたりします。
凹みや歪みがひどくなってきたら交換のタイミングです。

その4、子供がめくってしまう。
赤ちゃんや小さな子供がジョイントマットの端っこのサイドパーツをめくったりして遊んでしまう。
お子様がやんちゃなら、サイドパーツを使わずギザギザの端っこの部分は切り落としてしまうのも方法です。


まとめ
やさしいジョイントマットと他の敷物と比べてのメリット・デメリットをご紹介いたしましたが、いかがでしたか?
カーペットなど他の敷物と比べて利便性や衛生面、安全性などを考えると赤ちゃんやまだ目が離せない小さいお子様はジョイントマットをご利用したほうが良くない?という口コミが多いのがうなずけます。
その後、防音や防傷対策などであれば他のカーペットやラグなどの敷物で、より対応できる物もあるのではないでしょうか。


当店の販売価格表示は全て税込み表示となっております。

カートに入れる

支払い方法
領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」

配送
配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。
ご注文合計金額が税込8,000円以上の場合および送料無料商品を含む場合は、送料無料でお届けいたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。
その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
>> 詳しくは「配送について」

支払い方法について

領収書について

お支払い方法により異なります。

詳しくは「支払い方法について」をご覧ください。

配送について

配送料について
配送料は一回のご注文につき、一律540円となっております。ご注文商品代金8,000円以上、および送料無料商品を含む場合は、株式会社もしもが送料を負担いたします。
ただし、沖縄、離島など一部の地域は別途送料が必要となる場合があります。その際は、ご注文確認画面に注意書きが表示されます。
※一部直送商品はご注文後にメールで連絡させていただく場合がございます。
配送業者について
商品の配送は、佐川急便に委託しております。一部の直送商品につきましてはヤマト運輸等、他の配送業者がお届けする場合がございます。
商品は「株式会社もしも」名義でのお届けとなります。一部の直送商品につきましては、「株式会社もしも」名義ではなく、卸業者名、メーカー名になっている場合がございます。あらかじめご了承ください。
配送業者の都合上、お届けができない地域がございます。その際はご注文をキャンセルさせていただきますのでご了承ください。
※ただいま海外への出荷は承っておりません。
出荷目安について
出荷目安はご注文から出荷手配が完了するまでの期間となります。こちらは、土日祝日や年末年始、お盆休みを含まない営業日で計算しております。
※出荷目安が「即日出荷」の商品は、平日・土曜日の15:00まで(一部商品は平日14時、又は平日15時まで)の注文分を当日中に出荷いたします。日曜・祝日・年末年始・お盆の場合は翌営業日に出荷いたします。